calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

安芸元 「あなご飯」

0

    安芸元の「あなご飯」は、お勧めの一品である。

    アナゴは豊島さんのアナゴを使っている。

     

    この店の「あなご飯」は焼きアナゴ。

    タレが何とも言えず、私にとって絶品の味である。

    また焼いた後、炙ってあるので香ばしく美味しい。

     

    これで、1,080円。

     

     

    某著名店のアナゴ飯と比較して、価格面では勝り、味も決して負けておらず、どう考えてもコスパは抜群。

     

    某著名店は、並ぶことを覚悟しなければならないが、安芸元は並ぶ必要もない。

    ただし、店では食べられず、持ち帰りだけである。

     

    いきなり行くと、売り切れになっていることもよくあるので、電話で確認し、予約して行く方が確実である。

     

    「あなご飯」には大満足しているので、毎回、「あなご飯」を食べているが、アナゴ寿司もあるので、いつか、アナゴ寿司に挑戦するつもりだ。

     

    時々通る道沿いの店であるが、友人から教えてもらうまで、存在すら知らなかった。

    口コミも大事な情報源である
     


    お帰りなさい、一太郎

    0

       

      一太郎と言っても、ピンと来ない人が多いかもしれないが老舗のワープロソフトである。

       

      パソコンが出始めた当初は、「松茸」というワープロソフトが市場を占めていたが、一太郎が販売されると、まもなく、首位の座を一太郎に譲った。

      それ以来、一太郎はワープロソフトとして、不動の地位を確立して行った。

       

      私も一太郎ファンで、Windows XPまでは一太郎を使っていた。

      然し、世の中はMSのwordが市場の大半を占めるようになり、みんながwordを使うので、一太郎文書は流通しなくなった。

       

      私もやむなくwordに切り替えたが、MSの日本語変換ソフトであるIMEが利口ではなかったので、日本語変換ソフトは一太郎のATOKを使っていた。

      そうすれば、ストレスは余りないからである。

       

      Windows8マシンに切り替えてからは、日本語変換ソフトもMSのIMEを使い始めた。

      MS Officeと一太郎の両方を買うとかなり高額になるため、一太郎を断念したからである。

       

      然し、MS IMEは物足りないどころか、思うような変換をしてくれないので、入力するたびにイラっとする。

      とんでもない誤変換をすることも多々あったので、「このバカ」と独り言を言いながら、文章を作成していたものだ。

      イライラしながらも、お金がかかることなので、耐えていた。(ちょっと大げさ)

       

      Windows10マシンを購入した頃、ちょうどAmazonで一太郎のセールをやっていた。

      CD-ROM版であるが、安かったので購入。

       

      早速、インストールして使う。

      文章を作成していると、昔の感触がよみがえる。

      思わず、「お帰りなさい、一太郎」という言いたくなるような懐かしさだ。

      やはり、一太郎のATOKに勝る物なし。

       

      今の一太郎は、1ライセンスで、3台までインストールできることを知った。

      我が家には、3台のパソコンがあるので、good!good! 


      コストコグローバルカードが届く

      0

        コストコのグローバルカードが届いた。

         

        実質、今までのコストコカードからの切り替えなので簡単にできると思ったが大間違い。

        紆余曲折の末、やっと届いた。

         

        届くまでの経緯を示す。

         

        11/7、コストコ店で事前登録手続き完了。

        担当者から登録手続き完了したので、自宅のパソコンに登録完了メールが届いていますと言う。

         

        帰宅して、メール確認しても登録完了メールが来ていない。
        普通は、この類のメールは直ぐ届くはず。

         

        翌日、コストコに、登録完了メールが届いていない旨知らせ、二重登録にならないことを確認して、自分で再度事前登録手続きをする。

         

        11/8、事前登録登録完了。

         

        メールでは、12月中に本登録の案内メールが届くと書いてある。

        然し、12月後半になっても案内メールは届かず、再びコストコに電話。

         

        処理が立て込んでいるので、来ない場合は、コストコのサイトからエントリして下さいと手順を教えてくれる。

         

        コストコサイトから手続きをしたが、途中でオリコのサイトに飛ぶ。
        コストコからオリコにリンクされているわけだが、何かシステムがスマートでない。

         

        12/28、本登録登録完了。

        登録完了メールはオリコから。

         

        1月に入りオリコから、口座手続きの案内が葉書で届く。

        葉書での登録以外にオンラインで口座登録出来ると書いてあり、その手順が載っていた。

         

        葉書を出すのも面倒なので、オンライン登録しようとしたが、葉書の説明が不十分で、手順がよくわからない。

        オリコに電話し、オペレーターに手続きの確認をする。

         

        1/11、口座登録完了。

         

        気づくと、同時期にメールでオンライン口座登録案内が来ていた。
        その内容を読んでいれば、オンライン登録は簡単にできていた。

         

        1/16、カードが届く。

         

        事前登録して、カードが届くまで、随分と無駄が多かった。
        こんなこと初めてだ。

         

        これは、コストコとオリコとシステム連携が不十分で、なおかつ両社のシステムが洗練されていないせいだと思う。

        オリコが口座登録で、葉書とメールの両方が来たことが一つの良い例である。

         

        今回も、コストコ、オリコに何度か電話したお陰で、ことがスムーズに運んだ気がする。

         

        ネット社会ではあるが、やはり電話は欠かせない有効な手段である。

         

        コストコグローバルカードのメリットは、コストコで使うと、1.5%のポイントが付くこと。

        その他は、1%。

        但し、年一回はカード支払いをしないとカード年会費がいるそうだ。

        コストコカード更新時期に、是非、カード自動引き落としをと言ってくるのが目に見えている。
         


        Windows7マシンの使い方

        0

          Windows 10マシンを購入したことで、私のパソコンは、Windows7、Windows8.1、windows10の三つのパソコンがそろった。

           

          プロバイダを契約期間延長したインセンティブで頂いたWindows7マシンは、スペックも貧弱でOSも賞味期限間近。

           

          これと言った使い道も思い当たらず、どうしようかと考えあぐねた結果、Amazonプライム・ビデオ専用マシンとすることにした。

           

          パソコンをテレビの前に置き、HDMIケーブルと接続。

          パソコンを手元で遠隔操作できるよう、無線対応マウスをセット。

           

          これでプライム・ビデオをテレビ画面で自由に見ることが出来る。

           

          私は、テレビよりインターネット番組の方をよく見るので、Windows7マシンの有効な使い方が見つかったと、密かにほくそ笑んでいる。

           

          私のもくろみでは、Widows7の延長サポート終了に伴い、Windows8.1マシンをプライム・ビデオ専用パソコンにするつもりである。
           


          Windows10マシン購入

          0

            昨年の秋のことであるが、Windows10マシンを購入した。

             

            Windows8.1を使い始めて、5年。

            購入当初に比べ、動きがやたら遅くなった。

             

            ・マシンを立ち上げるために、かなりの時間がかかる
            ・office系ソフトを起動するのに時間がかかる
            ・IEが直ぐだんまり状態になり、事実上使えない
            ・スリープ状態後のマシンの動きがおかしい(のろのろ運転)
            ・理由もわからず、だんまりとなる(ネットワークのせいではない)

             

            HDDの健康状態は良好なので、マシンが直ぐダメになることはなさそうであるが、感覚的にちょっとまずい気がして来た。

             

            最近のパソコンは、5年を目処として買い換えた方が良さそうである。

            ずっと、Windows8.1を引っ張ってきたが、新しくWindows10マシンを購入することとした。

             

            office系のソフトが使え、メールが読め、ネット検索が出来、適当なソフトで遊ぶことができれば十分である。

             

            一時期、Dellを使っていたが、品質が悪く、Windows8.1は富士通にしたが、今回、Amazonで安いHP社のパソコンを見つけ購入。

            officeも半額という特典付きである。

             

            更に製品について聞きたくて、HP社のヘルプデスクに電話して情報を仕入れたが、「これ以上安くならないか」と訊いただけで、5千円、ディスカウントしてくれた。

             

            ネットは便利であるが、電話等で直接コミュニケ−ションを取ることは、現在の世の中でも有効であることを痛感した。
             


            今年から新聞購読を止めた

            0

              私にとって、最近の新聞は面白くない。

              魅力のある記事がなくなったので、読むところがないからである。

               

              ニュースや出来事、ほとんどの情報はテレビとネットで瞬時に十分すぎるくらい入ってくる。

               

              以前はニュースや出来事に対する新聞の解説内容は読み応えのある記事が多かったように思う。

              然し、最近の記事の内容は浅く、偏見も含まれている場合も多々あり、読む気がしなくなった。

               

              昔は、朝起きて新聞をポストに取りに行き、まず新聞を広げることが日常だった。

               

              それが、いつからか、新聞を取りに行っても、直ぐ読むことはしなくなり、そのうち取りに行くだけで、そのまま放り投げて見ない日も多くなった。

               

              惰性で新聞を取っているようなものだ。

               

              むしろ、新聞は紙なので、束ねると重く、年寄りにはゴミ出しの時に出す行為は、結構負担がかかる。

               

              読む魅力の無い新聞を本当に取る必要があるだろうか?

               

              中身のない膨大な量の新聞+アルファが来る元旦を契機に、新聞を止めてみることにした。

               

              これで、何の不都合もなければ、私には新聞は不要ということである。
               


              実験 珈琲に塩を入れると味はまろやかになるか

              0

                 

                sweet+さんのブログ記事

                塩珈琲

                を読んで、コーヒーに塩を入れると、味が変わるのか、変わらないのか?

                変わるとしたら、どのような味になるのか、試してみたくなった。

                 

                ブログからリンクされているサイトを見ると、評判が良いが、サイトの情報を鵜呑みにするのは危険である。

                自分の口で確かめることが一番である。

                 

                以下の手順で実行。

                 

                今、飲んでいるコーヒー豆をいつもと同じ量にして挽く。

                 

                私は浅めのコーヒーが好きなので、通常豆は粗く挽くが、今回、塩を入れて味を試すには、もっと細かく挽いた方が、よりコーヒーのコクが出るので、効果を確認しやすいと思い、いつもより細かく挽く。

                 

                コーヒーの入れ方は通常通り。

                 

                コーヒーの面白いところは、同じように入れても、毎回微妙に味が違う。

                 

                そのため、塩を入れる前、当日入れたコーヒーの味を事前に確認し、味がどう変わるか確かめるための基準とする。

                 

                入れたコーヒーは当然のことながら、いつもより濃く入っているが、基本的な味は同じである。

                 

                さて、肝心の塩を何にするか?
                普通の塩だと、塩の一種のえぐみの方が強く出てくる可能性もある。
                ここは、まろやかな味の蒲刈の藻塩を入れることに決定。

                 

                 

                 

                藻塩を、ほんの少々、入れる。

                 

                期待に胸を膨らませ、コーヒーを口にする。

                 

                おっ、これはいけるではないか。

                 

                ナント!

                味が本当にまろやかになった!

                 

                味の基本は同じであるが、まろやかさが違うので、感覚的に別のコーヒーの味と言ってもいいくらいだ。

                 

                好奇心いっぱいで、チャレンジした塩入コーヒーは結構いける味。

                塩の量は、微量で良いようだ。(多めの量はチャレンジしていない)

                 

                コーヒーは大好きであるが、コーヒーと塩の組み合わせは考えたこともなかった。

                何事も試してみるものだ。
                 


                日常的に使うのは、和暦?西暦?

                0

                   

                  2019年の5月1日より、和暦は平成から新元号に変わる。

                   

                  日本では、和暦と西暦が混在している。

                   

                  昭和生まれの私は、西暦に換算するときは、25を足していた。

                  25というキリの良い数字で、慣れもあって便利に使っていた。

                   

                  ところが、平成になって、その計算は成り立たなくなったので、元号が平成になっても当分は、昭和で年数換算をしていた。

                  即ち、平成2年は昭和65年だから、25を足して西暦は1990年という具合に。

                   

                  然し、西暦が2000年となり、25を足す計算式が成り立たなくなり、おまけに平成も二桁台となり、昭和換算のルールは複雑となって、昭和年数換算を断念。

                   

                  21世紀を境目に、西暦をメインに使うようになったが、平成で記述しなければならない局面も多く、うっかり年数を間違えたことも多々ある。

                   

                  新元号になると、昭和換算することなど論外である。

                  物忘れも激しく、今が和暦何年で、西暦何年か、頭がついて行きそうにない。

                   

                  高齢者のために、和暦、西暦の表記を統一して頂けるとありがたいものである。


                  花野 「週替わり膳」

                  0

                     

                    最近、ランチは「ありた」にばかり行っていたが、久しぶりに花野に行った。

                     

                    この店の「週替わり膳」はお得感満載。

                     

                    今週のメニュー。

                     

                    小鉢 小鯵南蛮漬 レモン
                    造り おまかせ二種
                    温物 ブリかまオランダ煮
                    焼物 鶏玉子サラダ焼
                    揚物 チーズエビかき揚げ
                    食事 十六穀米 香物 赤出汁
                    デザート パイナップル

                     

                     

                    美味しい!

                     

                    花野の「週替わり膳」は、なかなかチャレンジャブルだ。

                    これで、1,080円なので、納得感と言うより、満足感でいっぱいである。

                     

                    好き嫌いの多い私は、メニューにチーズとか十六穀米と書いてあるだけで、通常、注文しない内容のランチであるが、この店は迷わず注文する。

                     

                    人と店とは相性があり、私と花野は相性が良い。

                    相性はそのうち、この店なら間違いないという信頼感につながる。

                    花野は、そういう貴重な店の一軒である。

                     

                     

                    今年、1〜3月、水曜が休みとのこと。

                     

                    場所が、少し不便なので、そのあおりを食わなければ良いがと、ちょっと心配である。
                     


                    ありた 「味自慢ありた定食」

                    0

                       

                      現在、お気に入りの「ありた」のランチ。

                      今回は、日替わりが肉系だったので、ちょっと外れ。

                       

                      日替わりが外れの場合、デフォルトで注文するのが、「味自慢ありた定食」。

                       

                       

                      「味自慢定食」は、メインの魚は鯛のアラで、煮付けか焼くか指定できる。

                      当然、私は味付けがわかる煮付けを指定。

                       

                      それに、刺身、小鉢、茶碗蒸し、水菓子(今回はオレンジ)、香物、味噌汁が付き、これで、1,200円は納得価格である。

                       

                      日替わりがだめな場合、「味自慢ありた定食」意外に、焼き魚定食があり、何の魚か訊いて、好みの魚であれば、注文する。

                       

                      その他、天ぷら、海鮮丼系等々、私が食べられるメニューが多くあるので、つい足がむくのである。

                       

                      道を挟んだ斜め前に、「すし健」というコスパの良い寿司屋があり、こちらもお勧めの店であるが、今のところ、「ありた」が私のベストセレクションになっている。
                       


                      << | 3/5PAGES | >>