今月のお題 「丸と長野さん」

0

     

    広島ブログД僖僂気鵑虜7遒里題に初参加させて頂く。

     


    大企業に引き抜かれた中小企業の優秀な中堅サラリーマン。

     

    長野
    優秀な中堅サラリーマンが入社したことで、実績がありながらもポストがなくなり、中小企業に出向させられたサラリーマン。

     

    私が丸と長野に関して、持っているイメージはこんな感じである。

     

    丸を引き抜いた大企業には、引き抜かれた優秀な社員がひしめき合っている。

     

    この企業は売り上げ・利益値重視の経営。

     

    社員も優秀ではあるが、それぞれ自己主張が強く、会社のことより個人重視。

     

    下手をしたら、出る杭は打たれてしまう。

     

    一方、中小企業は、売り上げ・利益を追求しながらも、家族的な和を重んじた経営。

     

    即戦力のトップクラスの新入社員を採りにくく、二番手の社員を入社させ、社内で教育し育てる。

     

    両社の企業風土は両極端と言える程、異なっている。

     

    個人重視の企業に引き抜かれた丸を快く思っていない社員は多いのではないだろうか。

     

    実績を出せば出すほど、足を引っ張ろうとする社員は多いのではないだろうか。

     

    丸は十分な実績を出しているが、その陰には不振の時期に、彼を支えてくれた社員もいたはずだ。

     

    いくら実力の世界とは言え、そのようなフォローもない、今までと全く異なる環境の中で、丸らしさを出し続けることが出来るだろうのかと、個人的には心配している。

     

    一方、長野の方は、出向したことにより、いきなり会社の中で2番目の高給取りになった。


    貧乏会社で育った社員の平均賃金は低く、最近の実績では長野を上回りながらも、給料は長野より安い社員もいる。

     

    それらの社員が、何故?と思い、それが不満につながることはないだろうか。

     

    その心配を裏付けるような記事を目にした。

          

    https://npn.co.jp/article/detail/74689275/

     

    長野は、会社で2番目の高給取りであることを自他共に認めさせるだけの実績を出さなければ、不満は更に募るであろう。

     

    私は今回の丸・長野の交換は、本当に良かったのだろうかと、未だに疑問に思い、心配している。

     

    それも今シーズンの二人の成績と、いかに今までと異なった企業風土に溶け込めるかにかかっている。

     

    丸・長野には頑張って欲しい。


    腰痛緩和にチャレンジ

    0

       

      先日、フィットネスクラブで、ボディチェックを行った。

       

      3ヶ月前の10月と比較し、体重1kg減、体脂肪率が減り、筋肉量が増えた。

       

      10月に計測した時は、3ヶ月間で、体重1kg減、体脂肪率が増え、筋肉量が減った。

       

      前回計測では、体重は減ったがそれだけ筋肉量が減るという悲惨な結果であったが、今回は体脂肪が減り、筋肉量が増え、且つ体重が減るという理想の結果であった。

       

      更にこの期間、東京旅行から戻って来たとき、体重が2kg増えたことも考慮すると、大きな成果が出ていると言えよう。

       

      この成果は、インストラクターのトレーニングを受け、そのメニューをこなした結果だと思う。

       

      早速、次のパーソナルトレーニングを受けた。

       

      前回、様子見の大雑把なメニューであったが、今回、追加して、きめ細かいメニューを組んでくれた。

       

      今回のメニュー内容の趣旨は、脊柱管狭窄症の腰痛対策で、腰近辺のインナーマッスルを鍛えることで、腰全体を安定させると同時に、身体全体のバランスを取ることにある。

       

      整形外科医は加齢によるものなので、痛みを取るには痛み止めを飲むか、我慢できなくなったら、手術するしかないと言うだけで、具体的にどうして良いかわからず、途方にくれるばかりである。

       

      然し、インストラクターの説明を聞いていると非常に理にかなっていて説得力がある。


      どうせ放っておいても少しも良くならないので、脊柱管狭窄症は直せなくても、腰痛が少しでも軽くなればと思う。

       

      新しいメニューを加え、従来のメニューをこなすことで、腰痛緩和、体重減、脂肪減、筋肉量増になれば、この上ない。

       

      効果が出たことで、更に筋肉量を増加させることが出来るか試してみたいと思い、コストコでプロテインを買って来た。

       

       

      医者よりフィットネスクラブのインストラクターの言うことを信じるのは、何と無謀なことかと思われるかも知れないが、腰痛緩和を目指す私のチャレンジである。

       

      3ヶ月後の結果がどうなるかわからないが、自分で決めたことなので、どのような結果か出ようと後悔することはない。


      帝国ホテル 「タオルサロンカラカラ」

      0

         

        東京に行くと必ず立ち寄る「タオルサロンカラカラ」。

         

        妻のお気に入りの店である。

         

        複数店舗があるが、ホテルからもっとも近い帝国ホテルアーケード店に行く。

         

         

        店内に入ると、妻にとっては魅力的な商品ばかりで、一通り見るだけでも随分時間がかかりそうなので、退屈な私はすることもなく、店の外に出た。

         

        外では、甘〜いむせるような香りが漂っている。

         

        何かと思ったら、スィーツで作った飾り付け。

         

        周りで写真を撮っている若い娘達につられ、つい私もパチリ。

         

         

        飾り終わった後は、誰かが食べるのだろうか。

         

        しばらく経って店に戻ると、妻の商品探索も一段落したようすである。

         

        今回は見るだけの予定だったが、結局、持って帰れないくらいのボリュームの買い物をし、宅急便で送ってもらった。

         

        孫や息子達への土産に紛れて妻のもの等々。

         

        私のものは一つ。

         

        妻が、殺風景な私の車に置いたらいいと選んでくれたものだ。

         

        とりあえず車の座席にかけたが、使い道は決まっていない。

         

         

        そう言えば、帝国ホテルのロビーを黒柳徹子が歩いていた。

         

        と言うより、マネージャーらしき人が、抱きかかえて歩いているようだった。

         

         

        黒柳徹子には失礼だと思うが、黒ずくめの服を着て歩いている姿を見ると、魔女を思い出してしまった。


        居酒屋「江の川」 刺身と握り寿司コース

        0

           

          マツダスタジアムの近くの閑静な住宅街の中に穴場の居酒屋がある。

           

          安くて美味しいコスパ抜群の江の川という居酒屋である。

           

          ちょっと変わった居酒屋で和洋中、何でもOKである。

           

          気のあった高校の同期と月一回定例で飲み会をしているが、幹事のメンバがセッティングしてくれた店で、安くて美味しかったので、妻を連れて行った。

           

          今回、刺身と握り寿司のコースを注文。

           

          お通し

           

           

          メバルの煮付け

           

           

          刺身盛り合わせ

           

           

          ナマコ

           

           

          キスの天ぷら

           

           

          鳥の唐揚げ

           

           

          握り寿司

           

           

           

          マスターが釣り(一本釣り認定者?)をするので、メバルはマスターが釣ったメバルで、身がバリバリで新鮮そのもの。

           

          キスは朝捕れのキスで、よく脂がのって味があり、塩をつけなくても天ぷらだけで食べたほうが美味しいとさえ感じる。

           

          活きのよいネタを使った刺身が、これまたいけるので、当然、握り寿司も美味しい。

           

          ナマコはマスターが獲ったナマコで、新鮮でコリコリした食感は新鮮なナマコでなければ味わえない。

           

          残念だったのは鳥の唐揚げ。

           

          私はニンニクが嫌いで、ニンニクたっぷりの唐揚げには、少々お手上げ。

           

          面倒なので、細かく料理の味については書かないが、私の評価は文句なく二重丸の居酒屋。

           

          これだけの料理内容で、¥3,000は余りに安い。

           

          予約するとき、好みを言っておけば、コースと言ってもワンパターンではなく、客の好みを取り入れて、内容をアレンジしてくれる。

           

          今回、予約時、魚主体の和食をとお願いしたが、中華も美味しそうである。

           

          サーモンが嫌いな私は、お勘定をするとき、次回からサーモン抜きでお願いしたいと頼んで帰った。

           

          次回は、¥4,000でお任せにしてみよう。

           

          どのような料理が出るか楽しみである。

           

          オシャレでもないし、高級感もないが、ママさんはとても感じの良い人で、at homeな雰囲気がとても良い。

           

          家の近くにある店であったら、どんなにいいことかと思いながら店を出た。

           


          幸軒 テリー伊藤お勧めのシュウマイ

          0

             

            築地場外市場を当てもブラブラしているとき、シュウマイを売っている幸軒の出店?を見つけた。

             

             

            テリー伊藤がテレビ番組で紹介していたお薦めの幸軒である。

             

            ラーメンの店であるが、一押しと言っていたシュウマイを売っていた。

             

            話のネタに一個買った。

             

            寒い中、肉がたっぷり入ったあつあつの大きなシュウマイが美味しそう。

             

             

            テリー伊藤の教え通り、ソースをかけて食べたが、実に美味しい。

             

            シュウマイにソースをかけるという発想が意外であったが、さすがに食べ方までよく知っている。

             

            ラーメンは路地の奥にあるディープな場所に行く必要がある。

             

             

            通常だと見つけることが難しい場所であるが、幸運にも見つけることができ、次回は、絶対にラーメンとシュウマイを食べよう。


            日本橋 ジョージジェンセン東京本店

            0

               

              メザニーンで夕食した日、早めに出かけて日本橋三越へ行った。

               

              改装されてかなり変わったと聞いていたので、どのように変わったか見たかったからである。

               

              一通り見た後、三越の近くにあるメザニーンの場所を確認し、YUITOの地下一階にあるタリーズで一休憩。

               

              客のほとんどがパソコンを前に、商談をしている。

               

              かつては、同じようにあくせくしてしていたが、今の生活は何と優雅なことか。

               

              タリーズを出て、妻がジョージジェンセンの店内を見ようと言う。

               

              気がつかなかったが、確かに同じYUITOの一階にジョージジェンセン東京本店がある。

               

               

              女性は、こういうことには、異常に鼻がきく。

               

              食事までの時間つぶしに目の保養をして来ようと、店内に入る。

               

              たまたま、その日の妻がつけていたアクセサリーが、ジョージジェンセンのネックレスとイヤリングだったので、入ってみようという気になったのだろう。

               

              陳列されている商品を楽しんで見ていたが、ブレスレットに目がとまった。

               

               

              旅行するとき、妻はオシャレと実用を兼ねて、ブレスレット代わりになる腕時計をつけるが、今回は普通にブレスレットをしている。

               

              旅行前、オーバーホールに出したところ、一部部品(裏蓋を止める小さなネジだけなのであるが)が、壊れており、製造元のスイスに直接修理に出す必要があるので、直って来るまで、少なくとも半年以上の時間を下さいと言われ、まだ戻って来ていなかったからである。

               

              そのことが私の頭の中にあったこともあり、ブレスレットが目にとまったのだろう。

               

              今回つけているブレスレットと一緒につけるととてもよく似合い、全体が引き立つ。

               

              なかなか良いじゃないかと思い、つい買ってしまった。

               

              衝動買いではあるが、妻がその日ジョージジェンセンのアクセサリーをつけておらず、腕時計をしていたら、恐らく買ってはいなかっただろう。

               

              衝動買いは、偶然に偶然が重なったことで、招いた結果ということもあるのだろうと思った。

               

              いずれにしても、妻は大喜びであったが、私にも収穫があった。

               

              将来、杖が必要となった時の杖代わりになるステッキをみつけたのである。

               

              サラマンダーのデザインのシルバーの取っ手、目にグリーアゲートを埋め込み、本体はクルミの木。

               

              ジョージジェンセンならではの商品である。(写真はジョージジェンセンのHPより借用)

               

               

              女性の杖は、オシャレかつ豪華なものが豊富にあるが、男の杖は種類も少なくオシャレなものがないと日頃から不満に思っていた。

               

              私が、今自分には杖が必要な状態だと思っていたら、きっと、このステッキを衝動買いしていただろう。

               

              ちょっと大げさかも知れないが、衝動買いと人間の深層心理とは何らかの関係がありそうだ。


              吉野杉の箸

              0

                 

                私の料理屋のチェックポイントの一つは、出された箸をみることである。

                 

                きちんとした料理屋は、きちんとした箸を出すという経験則に基づいている。

                 

                そして気に入った箸であれば、食べた後、もらって帰ることにしている。

                 

                店は気付いていないと思うが、箸をもらうという行為は、その店に対する賛辞である。

                 

                築地場外市場内をブラブラしていて、吉野杉の箸を見つけた。

                 

                正確に言えば、その箸が私を呼んでいた。

                 

                店の中に入り、複数の箸をみたが、最初に私を呼んだ箸が一番。

                 

                作りがきれいなことに加え、ほんのりピンク色に染まった箸にわけもなく惹かれた。

                 

                 

                他にもっと立派な箸があり、ものとしては、そんなによいものではないだろうが、今までお目にかかったことのない風合いの箸である。

                 

                築地場外にある店の多くは値切れば、安くするケースが多い。

                 

                もちろん、私はいくら安くなるの?と値切り交渉に入った。

                 

                店主は、私の店は一切、安くしませんときっぱり答えた。

                 

                私は、その態度が気に入り、即、私を呼んだ箸を買った。

                 

                50膳入っているので、業務用の箸だろう。

                 

                この箸を出す店に行ってみたいと思う。

                 

                きっと私と同じ感性の店であろう。

                 

                出会えたら、嬉しいだろうと想像しながら楽しんでいる。


                迎賓館赤坂離宮

                0

                   

                  私は迎賓館赤坂離宮に一度も行ったことがない。

                   

                  はとバスツアーを使って、行って来た。

                   

                  さすがに立派な建築物である。

                   

                   

                  凄いなと思いながら、立っている説明員の方に訊くと、色々と深く教えてくれる。

                   

                  建築の専門ではないので、本当の良さは理解できていないと思うが、単なる西洋建築の模倣ではなく、随所に日本建築の巧みの技を盛り込んだ、和洋折衷の世界でも代表的な建築物だと思った。

                   

                  その中でも私が素晴らしいと思ったのは、床である。

                   

                  ケヤキ(と言っていたと思う)を使った寄せ木細工のような床は、見た目の美しさだけでなく、ビクともしない堅牢な造りで、歩いているだけでも重々しく感じる。

                   

                  各国の要人が来ると、テレビで部屋の装飾などは垣間見ることは出来るが、一度は訪れてじっくりと見ておきたい日本が誇る建築物である。

                   

                  この写真のこんもりした木の奥に皇太子の住まいがあると聞いた。

                   

                   

                  木を植えて見えなくしているそうだ。

                   

                  各国の要人が宿泊するという部屋の前を通ったが、部屋の中は見せてくれない。

                   

                  要人がどんな部屋に泊まるのか見てみたかったが、ダメだった。

                   

                  迎賓館内は、どこも厳重に写真お断り。

                   

                  もっとオープンにしても良いのではないだろうか。

                   

                  赤プリがなくなってから初めての東京。

                   

                  帰り道、赤プリが見られず、改めて赤プリがなくなったことを感じた。

                   

                  団塊世代にとって寂しいことである。


                  外国人労働者が逃げたくなる居酒屋

                  0

                     

                    ブログを余り書かないため、またしばらく昨年の東京の話題を書くことをご容赦願う。

                     

                    広島に帰る前の日は、荷物の帰り支度などがあるため、夕食はホテルの近くで済ませることにした。

                     

                    高知の郷土料理を出す居酒屋が面白そうで、そこで夕食を取ることにした。

                     

                    売りのわら焼きの大きな炎が上がる。

                     

                     

                    あん肝

                     

                     

                    どろめ

                     

                     

                    かつをの塩たたき

                     

                     

                    イモ天

                     

                     

                    地魚のじゃこ天

                     

                     

                    きびなごケンピ

                     

                     

                    牛タンの藁焼き

                     

                     

                    アイスクリン

                     

                     

                    居酒屋チェーン店にしては、珍しいメニューが多く、味も良かったが、途中で気分を害し食欲を無くしてしまった。

                     

                    厨房にいる数人のベトナム人の従業員がおしゃべりひとつせず黙々と働いている。

                     

                    外国人労働者のことが色々取り沙汰されているなか、すごくよく働くベトナム人だと感心して見ていた。

                     

                    ところが、奥にいる唯一の日本人男性だけ、椅子に座ってスマホで遊んでいる。

                     

                    流行っているのか店の中は混んでいる。

                     

                    忙しく料理を運んでいる女性に、スマホで遊んでいる男性は店長かと訊くと、料理長ですという返事。

                     

                    居酒屋チェーンなので、味付けした料理の冷凍を各店に配り、店では焼く、煮るくらいのことしかしていないはずなので、通常の飲食店の料理長がするような作業は無いと思う。

                     

                    恐らく、厨房内の管理者という位置付けだろう。

                     

                    その管理者が一番さぼっているとは信じがたいことである。

                     

                    これでは、一生懸命、真面目に働いているベトナム人が可愛そうでたまらない。

                     

                    まだ食べてみたい料理があったが、この光景を目の当たりにして、食べる気がしなくなり、大好きなアイスクリンを食べ、店を後にした。

                     

                    支払いをするとき、店長に、「あの料理長を鍛え直さないと、真面目なベトナム人に逃げられてしまうよ」と、つい、余計な一言を言ってしまう。

                     

                    外国人の雇用を積極的に進めようとしている現在、雇用側も実態を正確に把握し、金銭面だけではなく、環境や体制を整備して対応しないと、まともな外国人の雇用は思うようには進まないだろうと痛切に感じさせられた居酒屋であった。

                     

                    面白い料理、味も良し、価格もリーズナブル、そんな店だけに残念である。

                     

                     


                    今月のコーヒーカップ ウエッジウッド「キャベンディッシュ」

                    0

                      コーヒーカップを毎月変えるメリットとして、忘れていたカップを思い出すことにある。

                       

                      このキャベンディッシュがそうである。

                       

                       

                      恐らく年単位で使っていない

                       

                      昔、カフェで出され一目で気に入り、キャベンディッシュという名前を教えてもらい、その足で買いに行った記憶がある。

                       

                      シンプルなデザインが好きで、コーヒーを入れると良く合う。

                       

                      自分のものだが、こんないいカップがあったのかと、掘り出し物を見つけた気分である。

                       

                      今年は、キャベンディッシュのようにシンプルでスッキリと過ごしたいものである。


                      << | 3/26PAGES | >>