築地和光 神戸元町店 「貝のお任せ」

0

     

    神戸に住んでいた友人が勧めるもう一軒の店が、「築地和光 神戸元町店」である。

     

    貝が美味しい専門店だと友人が連れて行ってくれた。

     

    この店、とにかく変わっている。

     

    店の入り口に看板がないどころか、普通の家に入るようなアルミサッシのドアがあるだけ。

     

    料理屋の入り口とはかけ離れていて、知らない人は間違いなく店があるとは思わない。

     

    店の中に入って更にビックリ。

     

    ビール箱の上に板を乗せたテーブルとビール箱の椅子。

     

     

    同じくビール箱を積み上げた調理台

     

     

    友人から、一人1万はすると聞いていたので、それなりの店構えだと思っていたが、とんでもない。

     

    これじゃ、屋台と変わらない。

     

    友人が予約していた料理が次々と出て来る。

     

    調理は、貝の殻を開き、焼くだけ。

    味付けは塩水のみ。

    美味しい!

    素材だけでこれだけ深みのある味が出るのか。

    今まで食べていた貝は何だったのか。

    まさに絶賛に値する。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    3番目の貝は広島産のムール貝である。
    今まで食べていたムール貝は干からびたような味のムール貝。
    ふわっと柔らかく味のあるムール貝は食べたことがなく、初めて本物ムール貝を食べた気分である。
    然も広島産とは。

     

    大将が美味しいものはほとんど東京に来るので、地元では食べられないと言っていたが、その意味が何となくわかる。

    同じ○○産と言っても、A級品もあればB級品もあるからだ。

     

    6番目の貝は三陸産の天然真牡蠣。
    牡蠣が大嫌いな私であるが、この牡蠣は美味しい。
    私に言わせれば、牡蠣独特の臭みとぶよっとした食感が嫌いである。
    然し、それが全くなく牡蠣の美味しさだけが引き立っている。

    この牡蠣を食べて、世の中広いと思った。

     

    最後の3つの貝は、何れも白ミル貝であるが部位が違う。
    2番目は内臓であるが、口の中に入れると本当にとろけてしまう。

     

    シャラン鴨のロースト。

     

     

    これも味付けは塩だけ。

    名前には聞いたことがあるが食べたのは初めてであるが、こんなに肉に味があるものが世の中にあったのかという思いである。

    合鴨より鴨の方が美味しいと言うが、まさにそれを実感する味であった。

     

    シメの貝出汁だけのうどん。

     

     

    客は我々3人だけだったので、大将と色々と会話したが、この店のルーツは、和光という料亭だったそうだ。

     

    その料亭は廃業したが、山本五十六に愛された料亭のようで、かなり格の高い料亭だったのだろう。

     

    山本五十六が店のために書いてくれた色紙が掲げてあった。

     

     

    和光という料亭は東京にあったのだろう。

     

    店の大将は、その一族で、神戸に店を構えながら、築地和光という看板を掲げているのだろう。

     

    食材は全て築地(豊洲)から仕入れているという。

     

    昔からのしっかりした仕入れルートを持っているのだろう。

     

    全て一級品だと言っていることがわかる味であった。

     

    素材だけで、これだけ美味しいものを食べられるは初めてである。

     

    やる気があるのかと思わせる店作りに、大将は道楽でやっているのだろうと思った。

     

    その代わり、絶対美味しいものしか出さないという誇りと自信を持っている。

     

    お酒を飲んで、一人1万は安いと感じる料理であった。

     

    ちなみに勧めてくれたお酒は、確か鍋島大吟醸35%という名前で、最近はほとんどお酒を飲まなくった私であるが、切れよくまろやかな味に久しぶりに美味しいお酒に巡り会え、またお酒をたしなんでも良いと思わせるほどであった。

     

    私に取って、味について考えさせられる衝撃的な店であった。

     

    食通の友人は良い店を教えてくれたものだ。

     

    次回は必ず妻を連れて来てやろう。


    神戸 北野坂 モゴット

    0

       

      北野坂の上り口にあるモゴットに行くのは2回目である。

       

      神戸に長く住んでいた友人一押しの店である。

       

      今回のコース料理。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      この店の味について多くを語る必要はない。

       

      全てが美味しいからである。

       

      この店の神戸牛は、雌の赤みしか使わない。

       

      塩だけで調理する。

       

      食べるとわかるが、肉の旨みが塩と合う。

       

      逆に他の調味料を使うと味の美味しさを失ってしまう。

       

      これが肉本来の美味しさだと思う。

       

      モゴットの赤身肉を食べて以来、赤身肉の美味しさがわかってきた気がする。

       

      サシの入った肉は、口当たりが良すぎて肉本来の旨みがわからないのではないかと思う。

       

      食べたい食べたいと思いながらも食べられなかったせいか、今回は前回より美味しく感じた。

       

      嫌いなはずのシイタケが美味しい。

       

      自家製のハムは相変わらず美味しく、神戸牛のしゃぶしゃぶと言って出された料理のスープの美味しさは絶品であった。

       

      鶏肉(鶏の名前を忘れた)のスパゲティのホワイトソースも絶品であった。

       

      男3人がワイワイ騒ぎながら食べるにはもったいない。

       

      女性とじっくり料理を味わう店である。

       

      この店には定期的に来たいと思いながら、会計を済ませ、外に出ようとするとマスターが今年いっぱいで店を閉めると言う。

       

      訊いた瞬間、ガックリ来たが、来年いつか、同じ北野坂近辺で新しい店をオープンすると聞き、一安心。

       

      然し、気まぐれで商売っ気のないマスターは、新規オープン時には案内状を出すなんてことは一切言わない。

       

      来たい人が来てくれれば良いと思っているのだろう。

       

      友人が新しい店の情報を入手してくれることを期待して次の店に向かった。


      インド料理サーガル ランチセット

      0

         

        久しぶりにサーガルにカレーを食べに行った。

         

        この店のカレーは美味しいと思う。

        恐らく人気店で行ったときはいつも満席に近い状態である。

         

        同じ料理を頼む場合、ランチセットの方がお得である。

         

        オーナーは恐らくインド人だろう。

         

        流ちょうな日本語である。

         

        私がオーダーするランチセットは、シーフードカレーのお子様マイルド。

         

         

        それにナン、サラダ、ドリンクがつく。

         

        ナンは馬鹿でかくて美味しい。

         

         

         

         

        ドリンクは選べるが、私は必ずジンジャーエールにする。

         

         

        お子様マイルドは辛さを表しており、もっとも辛くないカレー。

         

        かつてインド人が経営するカレー店で激辛カレーを食べ、下痢をして以来、激辛カレーが食べられなくなったからである。

         

        然し、食べきれないほど大きいので、いつも残りを持ち帰るようになる。

         

        今回は半分も食べられなかった。

         

        歳を重ねる毎に、持ち帰るナンの量が増えて来るのだろうか。


        マルティネリ スパークリング アップルクランベリー

        0

           

          コストコで買いだめし、何かに付け、食事時に飲んでいるマルティネリ スパークリング アップルクランベリー。


           

          ノンアルコール飲料にはまっている私が好きなジュースである。

           

          リンゴの甘みとクランベリーの甘酸っぱさのバランスが絶妙。

           

          それに炭酸が加わり、ジュースと言っても、ちょとしたスパークリングワインの風合いがある。

           

          柔らかい飲み口は、食事によく合う。

           

          価格も安く、ちょっとした手土産に持って行っても喜ばれる。

           

          初めてのアメリカ出張で飲んだクランベリージュースは、それまで味わったことのない美味しさに強烈な印象を受けた。

           

          日本に戻り、クランベリージュースを探したが、当時の日本ではまだ売っておらず、アメリカに行く度に毎日のようにクランベリージュースを飲んでいた。

           

          その思い出がこのジュースに重なるので余計美味しく感じるのだろう。


          江の川 アジフライ

          0

            月に一回の高校同期との定例飲み会は、ほとんど江の川。

             

            江の川の良いところは安くて美味しいところである。

             

            おまけに色々とわがままがきく。

             

            前回の定例会では、釣りたてのアジがあるというのでフライにしてもらったが、これがとても美味しくい。

             

            帰宅してアジのフライが美味しかったと妻に言うと、アジのフライが大好きな妻が食べてみたいと言うので、江の川に連れて行った。

             

            店を予約するとき、釣れたてのアジフライ必須で予約した。

             

            当日、希望通りアジのフライが出て来た。

             

             

            身もふっくらと美味しいアジのフライに妻は大喜び。

             

            前の晩、夜釣りに出かけ、釣って来てくれたようだ。

             

            今回のコースは刺身と握り寿司のコース。

             

            コースと言っても刺身と握り寿司は決まっているが、他のメニューは客の好みを取り入れてくれる。

             

            今回はアジ尽くしの料理と言っても良い。

             

            つきだし(アジ有り)とアジの塩焼き

             

             

            刺身(アジ有り)

             

             

            握り寿司と魚のアラの味噌汁

             

             

            この店は、客の希望にかなうよう努力する。

             

            6月には、鮎の背ごしが食べたいと予約したところ、当日朝、天気が悪かったにもかかわらず、鮎を釣って来てくれ、美味しい鮎の背ごしにありつけた。

             

            飾りっ気も何もない無骨な店であるが、ハートはたっぷりあるこの店は私に取って大切な店である。


            大三島 レストランよし川 「鯛の骨蒸し定食」

            0

              大山祇神社に参拝し、美味しい魚を食べさせる店を探した。

               

              この辺りの情報は全く持っていないので、食べログを頼るしかない。

               

              目星をつけたレストランがよし川である。

               

              ジャンルにファミレスというキーワードが入っていたので、大きな期待をせず行った。

               

              店に着くと、駐車場が一杯で、かろうじて1台分空いていた。

               

              店の構えもファミレスの構えではない。

               

              これは期待できるかも知れないと店内に入る。

               

              店内の雰囲気は活気に溢れている。

               

              思ったより、もっと期待できそうだ。

               

              店は古くから営業している、大規模のレストランといった感じだろうか。

               

              地元の人達も会食で利用しているようだ。

               

              そのためかメニューが豊富で、逆に何にするか迷う。

               

              こういうところの旅行客の定番は海鮮どんぶり。

               

              然し、「鯛の骨蒸し定食」が目にとまった。

               

              こういうところでと言っては失礼だろうが、メニューに骨蒸しがあるとは思わなかった。

               

              魚が美味しいことを期待して、鯛の骨蒸し定食を注文する。

               

               

              この料理にして大正解。

               

              新鮮な天然鯛で、美味しい。

               

              もちろん目玉も美味しく食べた。

               

              魚のアラのすましも美味しく、源平なますの酢の味も柔らかい味でなかなかいける味。

               

              大満足の鯛の骨蒸し定食であった。

               

              余り期待しないで行って美味しい食事にありつけると、とても得をした気分である。


              休暇村瀬戸内東予 「瀬戸内魚介の夏会席」

              0

                吹揚神社お礼参り旅行では、気軽に行け然もお気に入りの休暇村瀬戸内東予で一泊。

                 

                小高い丘の上に建ち、部屋から見下ろす瀬戸内の光景は素晴らしい。

                 

                 

                然も料理が安くて美味しい。

                 

                下手な旅館よりはるかに良い。

                 

                料理のスタンダードプランはバイキングであるが、こちらはそれなりの味なので、「瀬戸内魚介の夏会席」プランにした。

                 

                このプランの売りは、アコウとシマダイ。

                 

                トマトとシマアジのカルパッチョ&ナスの揚げ浸し

                 

                 

                刺身(アコウ、シマアジ、活きタコ、キス、カンパチ、サザエ)

                 

                 

                アコウ煮付け

                 

                 

                伊予牛鉄板焼き

                 

                 

                キスの梅肉揚げ

                 

                 

                伊予さつま汁

                 

                 

                フルーツ

                 


                 

                とにかく魚が美味しく、刺身は新鮮そのもの。

                 

                醤油や塩が要らないくらい、素材の味だけで美味しい。

                 

                カルパッチョは余り好きではないが、新鮮なシマアジのお陰で美味しく頂いた。

                 

                アコウ煮付けは味付けが好みと若干異なり、折角のアコウが少々もったいない感じであった。

                 

                キスの梅肉揚げも活きの良いキスだったので、シンプルな味が好きな私は揚げてくれるだけで良かった。

                 

                伊予さつま汁は名物の郷土料理であるが、残念ながら苦手な料理で食べることが出来なかった。

                 

                この休暇村瀬戸内東予は美味しい魚を食べに、一泊で気軽に行けるところである。


                道の駅上関海峡 ハモ天丼

                0

                  久しぶりに道の駅上関海峡に行った。

                   

                  春以来である。

                   

                  昼食は煮魚定食を食べようと思っていたが、「ただいま、販売停止中」。

                   

                  そこで季節限定と書いてあったハモ天丼を注文。

                   

                   

                  後一ヶ月もすると、鱧入り松茸の土瓶蒸しが料理屋のメニューに出て来るであろう。

                   

                  いわゆる「名残の鱧と走りの松茸」。

                   

                  そんなことを思いながら、食べたハモ天丼であった。


                  夫婦メロンとペルルメロン

                  0

                     

                    北海道に出張した息子が夫婦メロンをお土産でくれた。

                     

                     

                    大きな立派なメロンであるが、聞いたことのない名前である。

                     

                    調べて見ると富良野産のキングルビーという有名なメロンで、私が知らないだけであった。

                     

                    果肉が赤いので、つい夕張メロンを連想する。

                     

                     

                    味の違いが分かるほど、夕張メロンを食べていないので比較は出来ないが、非常に糖度の高いくジューシーな味で、実に美味しいメロンである。

                     

                    時期同じくして、毎年恒例で取り寄せる鳥取の大栄ペルルメロンが届いた。

                     

                     

                    このメロンは数年前、友人が美味しいメロンだと言って送ってくれた。

                     

                    友人が言った通り、非常に糖度の高い惜しいメロンで静岡高級マスクメロンと味は遜色なく、価格ははるかに安く、コスパ抜群。

                     

                    以来気に入って毎年予約し、取り寄せている。

                     

                    ペルルメロンは少し癖があり、食べ頃を見極めることが難しい。

                     

                    マスクメロンの食べ頃に合わせて食べると、既に食べ頃は過ぎているからである。

                     

                    メロンのお尻が少し柔らかくなったかどうかという微妙なタイミングを逃すと美味しさ半減となる。

                     

                    ペルルメロンの果肉は緑である。

                     

                     

                    メロンの色と美味しさは関係ないようである。

                     

                    今年は夫婦メロン:1個、ペルルメロン:2個、計3個のメロンを同時期に続けて食べるという幸せな日が続いた。

                     

                    両メロンとも、2,5〜3kgの大きなメロンで食べ応えは十分。

                     

                    それだけに全て食べきった次の日、食後のメロンがないことに一種の物足りなさを感じた。

                     

                    夫婦メロンと甲乙つけがたい美味しさであったが、コスパを考えるとやはり来年以降もペルルメロンにしようと思う。


                    楠木町 やっぱり肉が好き

                    0

                       

                      買い物に出かけ、予想外に遅くなってしまった。

                       

                      妻の体調を考えると帰って食事の用意をさせるには忍びなく、どこかで食べて帰ることにした。

                       

                      どこで食べようかと考えたが、同じような店しか思いつかない。

                       

                      ふと頭をよぎったのが、「やっぱり肉が好き」。

                       

                      1年以上行っていないので、久しぶりに行くことにした。

                       

                      この店は、混まない道路沿いで駐車場もあるので車で行きやすい。

                       

                      そして料金の割に美味しい肉を食べることができる店である。

                       

                      店は決してきれいではないが、空いているので、落ち着ける。

                       

                      今回は赤みのイチボのステーキ225g。

                       

                       

                      牛すじのスープ。

                       

                       

                      野菜サラダ。

                      私は野菜嫌いなので余り取っていないが、もっと種類がある。

                       

                       

                      写真を取り損ねたが、カレーもある。

                       

                      昔とシステムが変わっており、肉+サイドメニュー(大根サラダ、スープ、ご飯)という構成であったが、料金が必要なのは、肉だけで、後のスープ、サラダ、カレー、ご飯は無料で食べ放題。

                       

                      昔より料金が安くなっている貴重な店である。

                       

                      割安ステーキが激戦区のせいだろうか。

                       

                      そう言えば、いきなりステーキは経営が芳しくないようだ。

                       

                      チェーン店の数を増やしすぎ、共食いになっているとか。

                       

                      話は横にそれたが、この店の肉は単純に味だけでいうと普通だろう。

                       

                      然し、料金が安いのでお得感がある。

                       

                      ちょっと手軽に肉を食べたい時、ふっと立ち寄るには便利で使い勝手の良い店である。

                       


                      << | 2/10PAGES | >>