今月のコーヒーカップ 伊万里焼 柴田岳山

0

     

    2月のコーヒーカップは、柴田岳山の黄色の梅。

     

     

    伊万里の大川内山の窯元で見つけたものである。

     

    元々、大川内山は鍋島藩窯のお膝元。

     

    昔の面影を残した雰囲気のあるこの一帯は、散策も兼ねてのんびり見て回ると楽しい。

     

    その中の一つの窯元で、目にとまったのが黄色の梅が描かれている花瓶であった。

     

    私はその黄色の梅に一目惚れ。

     

    その作者が伝統工芸士 柴田岳山であった。

     

    奥に入ると、ご本人と妹さん?の二人がいらっしゃって、ついつい話し込む。

     

    私が気に入った黄色の梅の模様は、昭和52年に皇太子殿下に献上した鍋島古代形染錦古梅紋大花瓶と同じ模様であった。

     

    同じ模様をコーヒーのマグカップに入れることが出来ると言う。

     

    ただし、注文してできあがるまで時間がかかるとのこと。

     

    私は絶対手に入れたくて、その場で注文し、出来上がった一年後くらいに、取りに行った思い出深いコーヒーカップである。

     

    蝋梅ではない黄色の梅は、2月のコーヒーカップに相応しいと思う。


    道の駅上関海峡 「瀬戸のクルマエビ天丼」

    0

       

      前から一度行きたかった道の駅上関。

       

      養殖しているクルマエビの美味しい天丼を食べられると聞いていたからである。

       

      日曜、急に思い立ち、雨降る中を道の駅上関海峡まで車を走らせ、食べに行って来た。

       

      セルフ式の食堂は11時開店前から、予約シートに名前を書くようになっている。

       

      私達が二番目であったが、雨が降っていなければ、客はもっと多いのだろう。

       

      11時になり、席に着き、お目当ての「瀬戸のクルマエビ天丼」を注文。

       

       

      大きなクルマエビが2匹、カボチャ、大葉、ナスが入り、甘めのタレをくぐらせた天丼。

       

      クルマエビのプリプリ感に加え、表現するのが難しい甲殻類独特の甘みが口の中に広がる。

       

      まるごと入っている頭の部分はからっと揚がり、残す部分なく食べたが、新鮮でなければこんなことは出来ない。

       

      金曜に道産ホタテと大海老のき久好天重食べたばかりであるが、二日後にまたクルマエビの天丼を食べてしまった。

       

      迂闊ではあったが、思いついたら何が何でも行動するという性格はどうしようもない。

       

      必然的に金曜と比較することとなったが、今回の天丼の方がはるかに美味しかったのは無理からぬ話だろう。

       

      新鮮な魚も買い込んだ。

       

      我が家から車で、80kmの距離。

       

      9時過ぎに出て、食事をして魚を買い、2時前には帰宅した。

       

      私に取って、ソレーネ周南も良いが、距離が短く新鮮な魚も安く、その場で美味しく食べられる食堂がついている上関海峡の方が、軍配が上がる。

       

      晴れていれば、ドライブがてらの海の景色も楽しめるだろう。

       

      クルマエビは時期が過ぎるとなくなるそうなので、次は何にするか決めておくため、メニューを写真におさめて帰った。

       

       

      余談であるが、上関は原発問題で有名であることは知っていたが、「鳩子の海」というドラマがあって、その舞台であったことは知らなかった。


      ジ アウトレット広島 「き久好」 道産ホタテと大海老のき久好天重

      0

         

        先週、神戸元町ドリアでランチして思いついたジ アウトレット広島の飲食店全制覇。

         

        今週のボーカルレッスン後のランチは、「き久好」に行った。

         

        この店を選んだ理由は、先週、混んでいて待たなければならず、どの店も空いているのに、混んでいるには何らかの理由があるのだろうと思い、興味を持ったからである。

         

        き久好はイオンモール系を中心に全国にフランチャイズチェーン展開している店のようである。

         

        北海道フェアと称した期間限定メニューの「道産ホタテと大海老のき久好天重」を注文。

         

        テーブルにタブレット端末が置いてあり、回転寿司のようにタブレットで注文する。

         

         

        年寄りだけが来て注文するには、手順が難しすぎるので、ターゲットは若いファミリー層だろう。

         

        道産ホタテと大海老のき久好天重は、エビ2本、ホタテ2個、シシトウ2本。

         

         

        こってり系を想定していたが、あっさり小鉢も付いていたせいか、以外とさらっと食べることが出来た。

         

        き久好は、これからも来る店としてマーキングしておいた。

         

        この店は年寄りには嬉しい特典があり、60歳以上は、10%引きになる。

         

        こういったモール系の飲食店では、若い子供夫婦と一緒に来た年寄りが、帰りにお金を払っている光景をよく見かける。

         

        そうした年寄りに対するささやかなご褒美なのだろうかとひねくれてみたものの、割引きになることはウエルカムである。

         

        帰りに飲食店が載っているチラシを取って来た。

         

        1Fに何軒くらい、飲食店があるか数えたが、カフェ系を除くと31店舗しかなく、思ったより少ない。

         

        ボーカルレッスンは、一年に40回で、1月で既に4回行ったので、残り36回。

         

        今まで行った、すし鮮、博多天ぷらたかお、弁兵衛、神戸元町ドリアを入れて、今回で5店舗達成ということになる。

         

        残り26店舗なので余裕で達成するでろう。

         

        然し、達成するには大きな壁があることに気付いた。

         

        私がどうやっても食べられそうにない料理の店が何店舗かあることを発見したのである。

         

        一度思いついたら実行しなければ気の済まない変な性格は直りそうもなく、意地でも目的を達成させようと思っているが、かなりの苦痛を伴いそうである。

         

        全店制覇など、何と馬鹿なことを思いついたのだろうか。

         


        き久好の「き」は正確には、「七」が三つの「き」で、「喜」の略字。
        Unicodeのコードは「3402」であるが、私のブログサイトではコード対応していない。
        正しい店名標記になっていないこと、ご容赦願いたい。


        孫娘の2歳の誕生日に思うこと

        0

           

          先日、孫娘の2歳の誕生日で、息子夫婦が招待してくれた。

           

          誕生日祝いの時は、家族が同じ位置で写真を撮りたいと言う息子の嫁の提案で、昨年と同じポジションで写真を撮った。

           

           

          これから、毎年恒例の行事の一つになるだろう。

           

          孫娘が生まれるまでは、子供と孫全てが男だったので、女の子と接するのは初めてで、戸惑うことが多い。

           

          生まれつき男の子と女の子は、生まれつき違うなと思うことがよくあり、男の子より女の子の方が、私を見る目がある意味シビアだろうと感じる。

           

          私の生きる美学(大げさであるが)として、孫娘にとって死ぬまで素敵なグランパであり続けたい。

           

          それには当然努力が必要であるが、その努力は、私に取って、アンチエイジングにつながると考えている。

           

          ぼけている場合ではない。

           

          アグレッシブに生きることが基本である。

           

          色々やることはあるが、、そのうちの一つが英語である。

           

          昨年の誕生祝いに、しまじろうこどもちゃれんじEnglish一年間分をプレゼントした。

           

          さすが、ベネッセ。

           

          よく出来た教材である。

           

          孫娘も興味を持ち、動画をよく見るので、意味はわからないだろうが、カタコト英語をしゃべり始めた。

           

          この時期の子供の成長は早い。

           

          今年も継続して、こどもちゃれんじEnglishをプレゼントしたが、一年後は少しは意味もわかり、もっと話せるようになるだろう。

           

          私も負けてはいられない。

           

          とは言え、孫娘は上り調子、私は下り調子。

           

          いつかは抜かれるだろうが、少なくとも、小学生の間は抜かれたくない。

           

          今までロゼッタストーンの初中級編を購入し、ちんたら英語力の維持をして来たつもりであったが、最近、海外ドラマも安易に字幕に頼るようになって来ている。

           

          もっと本格的に行なっておかなければ、抜かれるのは早いだろう。

           

          何か手を打たなければと、とりあえず、ロゼッタストーン Dramatic 20を購入した。

           

          私自身の新しいチャレンジも始まる。

           

          孫が側にいることも私に取って悪いことではない。

           


          庭の雪景色も今回の雪で見納め?

          0

             

            先週末、降った雪で庭が一瞬で真っ白になった。

             

            きれいな雪景色が見られるだろうと思っていたが、牡丹雪のため余り積もりそうにない。

             

            雪はそんなに積もっていなかったが、急いで写真を撮った。

             

             

            庭の雪景色を見ることもこれで最後かも知れないと思ったからである。

             

            この夏には敷地内に次男家族の家が建つ。

             

            昨年から家を購入したいと、次男が物件を探していた。

             

            建て売り住宅だと、土地の価格は変わらないので業者は安い家を建てると聞いていたので、それならばと庭の敷地を使わせてやることにした。

             

            家を建てるためには、庭の植木を取って整地する必要がある。

             

            庭から植木がなくなるのである。

             

            私はドライな性格なので、庭を整地することに全く抵抗が無かった。

             

            ところがである。

             

            植木が無くなると思うと、急に庭が愛おしくなってきた。

             

            雪が積もると足跡一つ無い雪の上を歩くのはとても気持ちよかった。

             

            雪見障子越しに見る雪も美しかった。

             

            それが見られなくなるとは。

             

            今まで、何気なく見てきた庭の雪景色であるが、見られなくなると思うともっと楽しんで見ておけば良かった。

             

            無い物ねだり。

             

            人間とは身勝手な動物なのである。


            和食「江の川」 プラス1,000円の刺身+握り寿司のコース

            0

               

              江の川がすっかり気に入った私は量はそのまま、質だけをアップして、¥3,000→¥4,000の刺身+握り寿司コース料理をお願いした。

               

              ¥1,000アップでお任せにすると、どのような料理を出してくるか興味があったからである。

               

              お通し

               

              新わかめ酢の物

               

               

              シメサバ
              本来、サバは好きではないのであるが、このシメサバは新鮮で美味しい

               

               

              タコ
              大将が獲ってきたタコで活きがいい

               

               

              刺身盛り合わせ
              ブリ、マダイ、タチウオ、スズキ、サーモン、水イカ、アジ

               

               

              茶碗蒸し

              これだけは普通の味

               

               

              カサゴのアクアパッツア

               

               

              赤ナマコ

               

               

              アナゴの天ぷら天

              ぷらにしてこれだけ美味しいアナゴはなかなか食べられないと思う味

               

               

              握り寿司6貫

               

               

              鯛のアラの味噌汁

               

               

              刺身以外は、全て大将が釣って来たもの。

               

              茶碗蒸しを除いては、全て絶品。

               

              これだけ新鮮で美味しい魚を揃えて、¥4,000は破格値。

               

              惜しむらくは、これだけ新鮮なカサゴはアクアパッツアより煮魚にして欲しかったが、これも好みなので、通っている内に私の好みの料理を出してくれるようになるだろう。

               

              店の方は遠くからわざわざ来てくれると思っているようだが、美味しいものを食べられるのなら、少々の距離は全く気にならない。

               

              中華料理もあるので、次回は中華料理を単品で食べてみようと思う。


              コストコ 「メニセーズ フランスパン」

              0

                 

                先々週だったと思うが、コストコに行き、ぶらついていると、多くのカートに繭の化け物のような商品が入っていた。

                 

                たくさんの人が購入しているので、何だろうと興味津々。

                 

                ぐるりと回って、その商品を見つけた。

                 

                通りがかりの人が安いと言って買って行く。

                 

                何なんだろうと思ってみると、半焼成状態のパンのようである。

                 

                Manageenissez French Rollsと書いてあるので、メニセーズのフランスパンと言えばいいであろう。

                 

                通りかかる奥さん連中がみんな安いと言っていたことや、多くの人が購入していたことにつられて私も購入。

                 

                帰宅して、ネットで調べてみると、安くて美味しいと評判の半焼成フランスパンであった。

                 

                早速食べてみたくて、妻に焼いてもらった。

                 

                味は、外はサクサク、中はもちもちのフランスパンで結構行ける味である。

                 

                販売していたのは、6個入りの袋が4袋。

                 

                 

                日持ちが良いそうなので、ちょっとしたとき、一口サイズの美味しいフランスパンが気軽に食べられるという優れものと言えそうだ。


                神戸元町ドリア ランチ「淡路産オニオングラタンドリア」

                0

                   

                  金曜はボーカルレッスンの日であるが、妻とランチデートが定着化した感がる。

                   

                  昨日も一緒に出かけ、レッスン時間中、妻はジ アウトレット広島で見たい店を回り、レッスンが終わって合流しランチした。

                   

                  午後からフィットネスにも行くので、本当のランチだけのデートである。

                   

                  今週は、日、火、水、木と外で刺身を食べたので、さすがに定型パターンの海鮮丼をパスすることにした。

                   

                  先日、弁兵衛に行った記事をに書いたが、ジ アウトレット広島には、年寄り向きの店が少ない。

                   

                  そこで今日は、敢えて真逆でいこうと思い、神戸元町ドリアに入った。

                   

                  ランチメニューの淡路産オニオングラタンドリアを注文。

                   

                   

                  実は、グラタンドリアを食べるのは生まれて初めて。

                   

                  本当は美味しいのに、食わず嫌いで食べないがために、老い先短い人生の楽しみがそれだけ減るのは嫌である。

                   

                  真逆で行くと言っておきながら、いちばんあっさりしていると聞いたグラタンドリアを注文するのはいささか往生際が悪いとは思ったが、それでも私にはきつい料理であった。

                   

                  ご飯にチーズが混ざっているのは一般的には常識なのであろうが、私にはメチャクチャ堪えた。

                   

                  結局、完食には至らず、途中でギブアップ。

                   

                  残念ながら、美味しいのか美味しく無いのかさえわからなかった。

                   

                  店員に神戸の店かと聞いたところ、母体はサンマルクであった。

                   

                  昔の昔、井ノ口のサンマルクに食事に行っていた時期があったことを懐かしく思いだした。


                  今日のチャレンジはものの見事に失敗したが、こうなればとことん、ジ アウトレット広島のレストラン全てを制覇してやろうと思った。


                  Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

                  0

                     

                    昨年暮れから頻繁に来るようになった怪しいメール。

                     

                    HTML形式で送られて来るが、発信メールアドレスはAmazonとは似ても似つかぬアドレスで、送られて来る私のメールアドレス(私は複数持っているので)もAmazonとは無縁のアドレスである。

                     

                    メール内容は以下のようである。

                    (随所に記述されているURL省略、コードの関係で文字化け有り)

                     

                    Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/19に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
                     
                     1.アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
                     2.Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
                     3.左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
                     4.有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

                     

                    Dear
                    Your Amazon Prime membership is set to renew on 2019/01/19. Unfortunately, we've noticed that we do not have a valid card registered for your payment of Prime membership fee. To update the default card and/or add new credit card information, please follow these steps:
                     1.Go to “Manage Prime Membership" from Your Account
                     2.Sign in your Prime account
                     3.Click the "Edit payment method" text link underneath "Preferred Payment Method"
                     4.Follow the on-screen instructions to update your card or choose a different oneWe will charge other active cards associated with your Amazon account if we can't charge your default card. If we can't process the charge for your membership fee, your Amazon Prime membership will end, and you will lose access to Prime benefits.
                    Sincerely,
                    Amazon.co.jp Customer Service

                     

                    尊敬的
                    感??使用???Prime。?的???Prime会??格将于2019/01/19.更新。但是?指定支付会?的信用?将在会??格更新之前到期。??按照以下程序指定新的信用?。
                     1.?入“管理???Prime会?信息"我的??。
                     2.?使用???Prime注册?的Amazon.co.jp??登?。
                     3.??接左??示的「?在的支付方式」下面的「修改支付方式」。
                     4.??入更新的有效期或者新的信用?信息。?了保持?的???Prime会??格有效,当?指定的会?支付信用?无法使用?,我?将从???中登?的其他信用?收取。如果会?无法收取,?的???Prime会??格将失效,?将无法享受特??惠。
                    Amazon.co.jp客服中心

                     

                    3カ国語で記述されていることには感心するが、怪しさが全面に出ている稚拙な手口。

                     

                    今時、こんなメールでだまされる人も少ないだろうが、今回日常ほとんど使っていない2つのメールアドレスがターゲットになっており、とても気持ちが悪い。

                     

                    ちなみに、送られて来るメールアドレスのドメインは、coreserver.jpで、一般のレンタルサーバを使っているようでサーバー企業も迷惑しているであろう。

                     

                    いずれにしても後を絶たない怪しいメール、いつも細心の注意が必要である。

                     


                    ボーカルレッスン突然の休みでお好み焼きを食べる

                    0

                       

                      週一回のボーカルレッスンは、11時から30分。

                       

                      ジ アウトレット広島の島村楽器に行っている。

                       

                      先週、ボーカルレッスンに向かう途中、今日のレッスンは休みという連絡が来る。

                       

                      先生が体調を崩したとのことである。

                       

                      いったん、その気になって出かけたので帰る気にもならず、食事だけでもして帰ろうと、そのままジ アウトレット広島に行く。

                       

                      ボーカルレッスンの日は、妻もついてくる。

                       

                      一緒に来て、レッスン終了まで、店をぶらついて、一緒に食事をして帰る。

                       

                      私はその後、フィットネスクラブに行くので、ランチは簡単に食べる。

                       

                      簡単に早く安く食べられる海鮮丼限定ランチが恒例化しそうになっていたので、時間のある日は違うものを食べようと、フードコートを一回りした。

                       

                      ジ アウトレット広島は若者相手なのか、年寄りの私が食べる店が少ない。

                       

                      いつも思うことであるが、広島のモール系は年寄りを相手にしていないのか、余り居心地が良いとは言えない。

                       

                      弁兵衛を見つけて入る。

                       

                      お好み焼きはそこまで好きな食べ物ではないが、その中では弁兵衛が好きである。

                       

                      かけてあるソースが少なく、ネギかけがあっさりしているからである。

                       

                      この店での一番人気が、弁兵衛焼きとなっていた。

                       

                      好物でない食べ物には、極力お金をかけない主義なので、ネギかけにしよう思ったものの、価格体系を見て、弁兵衛焼きにした。

                       

                      最安の肉玉そばを基準にすると、ネギかけが150円アップ、それにイカ天を加えた弁兵衛焼きが200円アップ。

                       

                      ネギの料金が150円、イカ天の料金が50円ということになり、ネギが以外と高いことを発見。

                       

                      即ち、ネギをかけただけでは、コストパフォーマンスが悪く、コストパフォーマンス重視の私の主義に反する。

                       

                      結局、コストパフォーマンスの良い弁兵衛焼きという選択に落ち着いた。

                       

                       

                      食べた後になって、お好み焼き一つで、ここまでこだわりを持たなくても良いのにと思ったが、結局死ぬまで直らないのだろう。


                      << | 2/26PAGES | >>