一般常識に欠けるママさん達

0

     

    駐車場に車を駐め、公園内に入ると、子供達が野球をやっていた。

     

    打ったボールを追いかける子供が私に向かって突進して来たので、思わず「危ない」と叫んだ。

     

    そして、「危ないからここで野球をしたらいけないよ。」と言った。

     

    子供達が怪訝そうな顔をしていたので、側にいたヤングママさん達に「貴女たちのお子さんですか?」と訊いたところ、「そうだ」と答える。

     

    子供に言っても仕方ないと思い、ママさん達に公園で野球をしていたら、周りの人が危ないので止めさせて下さい。」と言った。

     

    然し、ママさん達から意外な返事が返って来た。

     

    「公園は、みんなのものなので、自由に使って何が悪いの? 何をしようと勝手でしょ。」

     

    その返事に唖然とした。

     

    公園には、かなり高齢の方、杖をついている方、車椅子の方等々、多くの色々な方が桜を楽しみに観に来ていらっしゃる。

     

    その方達を始め子供連れの方達は危ないので、野球をしている場所を避けて歩いている。

     

    色々な方達が同じように楽しめるのが、みんなの公園の趣旨ではないか。

     

    意味をはき違えて、我が物顔で独占して公園を使っているだけではないか。

     

    さすがにカチンときて、「公園で野球をするのはいくら何でも非常識過ぎではないか。」と問いかける。

     

    ママさん達は子供達に向かって、「そのまま野球を続けな。」と言ったので、子供達は止めていた野球を再開した。

     

    ママさん達が「ざけんな」と私に言った言葉で、私はそれ以上言うことをやめた。

     

    常識がないこともさることながら、言葉使いも品がない。

     

    このような人にいくら言っても理解してもらえないし、また何をやるかわからない人種だと思ったからである。

     

    ここは冷静に第三者に注意してもらった方が良いと考え、その場を離れ、公園の管轄部門を探し電話した。

     

    「多くの人がいる公園の中で野球をしているので周りの人が危ないと思い、注意したが聞いてもらえなかった。適切な対処をして頂きたい。」

     

    管轄の方は、「それはいけませんね。直ぐ行きます。」と言ってくれたので、場所を教えた。

     

    私が遠ざかる前に直ぐ管轄の方が来られたので、事の顛末を見届けようと見ていた。

     

    遠くなので声は聞こえないが、しばらく押し問答らしきことが続き、結局、ママさん達は子供達に野球をさせることを諦めてくれた。

     

    ほっとして、それから公園内を一周して桜を楽しみ、駐車場に戻るみちすじ、今度は野球をやっていた子供達が大きな桜の木に登って遊んでいるのを見かけた。

     

    もちろんママさん達も一緒にいた。

     

    非常識な人は、何をやっても非常識なことをする。

     

    このような人達に何を言っても喧嘩になるだけで無駄だと思い、そのまま何も言わず帰った。

     

    ママさん達は非常識な自分に気付かずく、一生を過ごすのだろうか?

     

    年齢は30台だと思われるが、誰が彼女たちを諫めるのだろうか?

     

    そのような親に育てられるあの子供達は悪いことを悪いとも思わず大きくなったら、どんな人間になるのだろうか?

     

    私はこのようなママさん達と直接会ったり、話をしたことがなかったので、驚愕の日であった。

     

    最近の忌まわしい事件が頭の中を駆け巡った。


    岩国吉香公園の桜

    0

       

      昨日、毎年恒例の吉香公園の桜を観に出かけた。

       

      満開には少し早いが今年も見事である。

       

       

       

       

      桜の花越しに見える岩国城も美しい。

       

       

      昔のお堀の面影が残っている。

       

       

      私の好きな枝垂れ桜も健在である。

       

       

      ところが開花宣言の標本木は、かなり弱ってきている。

       

       

      こちらの桜は大きな枝をほとんど切られている。

       

       

      ここ数年、ソメイヨシノの寿命時期が一斉に来ているという面白くない報道がされているが、確かに以前に比べ、随分と大きな枝振りが減り、華やかさがかげって来た。

       

      つい、自分の老いと桜の老いを重ねてしまう。

       

      暗い話題はよそう。

       

      私の好きな木瓜の花もまだきれいに咲いていた。

       

       

      吉香公園に来る目的は、花と団子の両方である。

       

      団子の方は佐々木屋小次郎商店の岩国寿司である。

       

      二階にレストランがあり、そこで岩国寿司とうどんのセットを食べる予定であった。

       

      ところが、二階のレストランが閉鎖されていた。

       

      店の人に効くと、約一年前に店を閉めたようである。

       

      従業員のが高齢化で岩国寿司を作る料理人がほとんどいなくなったという理由が悲しい。


      現在は作れる数だけの岩国寿司を店頭販売してだけのようである。

       

      この日は寒く、外で食べるのも勇気がいるので、隣のむさしで食べようかと迷ったが、やはり初志貫徹。

       

      結局、小次郎の岩国寿司と温かいお茶を買い、車の中で食べた。

       

       

      車で暖かく快適に寿司を食べることが出来たのは、後部座席用トレーのお陰である。

       

      私は多くの無駄なものを衝動買いしているが、今回初めて、その無駄が生きたようである。


      錦市場

      0

         

        京都旅行と言っても、観光地を巡るわけではなく、ひたすら食べ物を求めてタクシーで廻っただけと言っても過言ではない。

         

        唯一、錦市場を歩いた。

         

        凄い人混みである。

         

         

        それでも負けじと錦天満宮まで行った。

         

        天満宮には御利益のありそうな牛の像がある。

         

         

        きっとさわれば御利益があるのだろうと思い、ぼけないよう頭をさすり、花粉症が和らぐよう鼻をさすり、ボーカルレッスンの成果が出るよう喉をさすり、脊柱管狭窄症が進行しないよう背中をさすり、メタボが進行しないようお腹をさすり、足の痺れが和らぐよう足をさすって来た。

         

        年齢を重ねると、さするだけでも大変である。

         

        昼食は錦市場の中で取ろうと、いけまさ亭という店に入った。

         

        ランチメニューに載っていた「ゆば丼」が気になる。

         

         

        広島では食べたことのないゆばのあんかけどんぶりであったが、とても美味。

         

        ふと見つけたもちつき屋という餅屋さん。

         

         

        炭火で焼いているよもぎ餅が美味しそうで、つい手が出てしまい、店の中で食べた。

         

         

        炭火で焼きたての餅は、中のあんこが少なめで、私にはとても美味しかった。

         

        ちりめん山椒を買った「もり」という漬物屋さんだったと思うが、外貨の自動両替機が置いてあった。

         

         

        確か、12カ国の貨幣に対応していたと思う。

         

        さすが外国人客が多い京都ならではと感じる。

         

        然し、平日にもかかわらず、ごった返すような人混みには閉口した。

         

        まるで、アメ横を歩いているようで、京都情緒を味わうどころではない。

         

        日本人より外国人客が多く、まさにインバウンドを象徴している錦市場であった。


        「つぐ」という名の居酒屋

        0

           

          私は中村芝翫の「京都ぶらり歴史探訪」というテレビ番組が好きで、よく観る。

           

          この番組は若者むけのバラエティ番組とは異なり、年配者向けの番組である。

           

          タレントがわーわー騒ぐ番組と異なり、静かな番組なので、私のような年寄りは不快感なく観ることが出来る。

           

          情報も年配者にとって有効な情報が多く、私に取って魅力的と思われる情報は、その場でスマホで検索し、パソコンに情報を送り情報を蓄積している。

           

          京都旅行する少し前に放映された内容で、「つぐ」という居酒屋を紹介していた。

           

          私は、是非この居酒屋を訪れてみたいと思った。

           

          理由は単純で、「つぐ」は私の名前の一部だからである。

           

          ちなみに妻のスマホには、私は「つぐ様」と登録されている。

           

          もちろん、店の名前だけでなく、紹介された料理で是非食べたいと思う料理があった。

           

          というわけで、「つぐ」を訪れた。

           

           

           

          刺身はどこでも食べられるので、「つぐ」ではパス。

           

          お通し
          15種類の料理に店お薦めの鳥肝の低温煮が入っている

           

           

          百合根饅頭フカヒレあんかけ

           


          蟹と蟹味噌のクリームコロッケ

           

           

          合鴨ロース蒸し煮

           

           

          京赤地鶏とごぼうの釜飯

           

           

          テレビを観て是非食べて見たいと思っていたのは、百合根饅頭フカヒレあんかけ。

           

          随分手をかけた料理で、久しぶりの百合根饅頭を堪能した。

           

          饅頭の中に、合鴨のミンチが入っていたが、ない方が味がシンプルで良いのではないかと思った。

           

          蟹と蟹味噌のクリームコロッケのカニ味噌の甘みと風味は、何ともたまらない美味しさであった。

           

          合鴨ロース蒸し煮も期待を裏切らない味で、固定観念でせいようわさびと思っていたのが本わさびであったが、この組み合わせも美味しいことを発見した。

           

          京赤地鶏とごぼうの釜飯は、私の好きな食材の組み合わせで、お焦げの風味と相まって文句なく美味しかった。

           

          もっと食べられると思っていたが、お腹がいっぱいになり、残った釜飯をむすびにして持ち帰った。

           

          居酒屋らしからぬ手の込んだ料理と手頃な料金に大満足。

           

          予約しないと取れない人気店のようであるが、それだけのことはあって、カウンターの中は活気に溢れ、リズム感溢れる無駄のない動きで納得出来た。

           

          数多い創作料理を揃えている居酒屋も珍しい。

           

          京都の料理にしては、若干味が濃いめの店であると個人的には感じた。


          紫野源水 「有平糖 さくら」

          0

             

            随分前にテレビで知った紫野源水の「有平糖 さくら」。

             

            最初に見たとき、きれいなガラス細工だと思った。

             

            然し、れっきとした飴なのである。

             

            その時、妻が一度は買ってみたいと言っていた。

             

            京都旅行に出かける前、そのことを思い出し、紫野源水に電話した。

             

            「有平糖 さくら」は今の時期しか発売していないことがわかる。

             

            事前予約すれば購入出来ると聞き、即、予約し、買って来た。

             

            透明感のある繊細なガラス細工のようで、とても飴とは思えない。

             

             

            飴もここまでになると芸術品と言っても過言ではないと思う。

             

            こんな美しいものを食べるには相当の勇気がいる。

             

            店の方に聞いたところによると、2ヶ月くらい経つと、砂糖化?して来て、白く濁って来るようである。

             

            白く濁ってくれば、食べようという気になるかも知れない。

             

            説明書きによると、有平糖は飴ではなく、南蛮菓子として渡来した砂糖菓子と記述されている。

             

             

            砂糖菓子という表現と飴という表現とでは、随分受けるニュアンスが違う。

             

            この有平糖は、茶会の茶うけとして引き継がれて来ているのだろう。

             

            日本の菓子職人の技術の素晴らしさを再認識させる砂糖菓子である。


            46th Wedding Anniversary in kyoto 「キャン・ド・サン」

            0

               

              結婚記念日には少し早いが、46周年のお祝いを京都でフレンチにしようと選んだレストランが「キャン・ド・サン」である。

               

              私が保有しているカード会社の優待サービスサービスに掲載されていたレストランで、会員用特別コースメニューに惹かれた。

               

              ネットにほとんど店の情報が載っていない分、隠れ家的存在の店ではないかと考え期待して予約した。

               

              キャン・ド・サンの入り口

               

               

              古民家を改築したレストランである。

               

               

              大原の野菜
              紫にんじんはお初

               

               

              もずく
              桜、生麩にハート型の金粉

               

               

              刺身
              牛肉の握りのネタはともさんかく

               

               

              ちなみに牛肉は全て米沢牛のA5ランク
              証明書の実物を見たのは初めてである

               

               

              まだ活きていて元気よく暴れているカナダ産のオマールエビ
              ボストンに行くと必ずロブスターを食べに行っていたことを思い出す

               

               

              オマールエビの料理
              生麩が添えられ、ソースが絶妙の味
              優しい味は、きっと出汁も入っていると感じるが、複雑さにさすがに読めない

               

               

              パンでソースを残さず口へ

               

               

              ローストビーフとステーキ
              ローストビーフはランプ、ステーキはイチボ

               

               

              パスタ
              味噌入りのトマトソースは和風テーストで、まとめている

               

               

              デザート
              妻が手術をして4年。
              もう結婚記念日の祝いは出来ないのではと諦めていたが、こうして京都まで来て46周年記念の食事が出来ことに感無量の思いである

               

               

              記念写真を撮ってくれた。

               

               

              ドリンクは、ノンアルコールのワインがなかったので、ペリエにした。

               

              前の料理の味がペリエで切れるので、一つ一つの料理をじっくり楽しむことができた。

               

              マスターは飾り気のない素朴な感じの方であった。

               

              性格そのもの、派手さはないが料理への情熱がヒシヒシと感じられた。

               

              妻と二人、ゆっくり食事を楽しみながら、結婚記念日を迎えられ、キャン・ド・サンを選んで良かった。


              にぎり長治郎 寿司御膳 彩

              0

                 

                神戸と京都は近く、高速を使えば1時間程度で行くことが出来る。

                 

                観光が目的ではないので、神戸から京都へはのんびり行こうと一般道路を走った。

                 

                適当な店で昼食を食べて時間をつぶせば、ちょうどホテルのチェックイン時間を過ぎた頃、到着できる。


                確か前回の神戸・京都旅行の時も同じようにした。

                 

                然し、前回は店の選択を誤って失敗したので、今回は少し慎重に店を探した。

                 

                慎重に探すと言っても、車を走らせながらなので、所詮は直感で飛び込んだ店ということになる。

                 

                今回飛び込んだ店は、「にぎり長治郎」という開店寿司店である。

                 

                外からみた店の雰囲気が清潔そうだったことと、駐車スペースが広かったことが決め手となった。

                 

                寿司はお腹にいくらでも入るので、いつも食べ過ぎてしまう。

                 

                夜はフレンチを予約しているので、ここは控えめにとランチを注文した。

                 

                ランチ「彩」

                 

                 

                今回は当たりであった。

                 

                特に茶碗蒸しは少量であったが、たくさんの具が入った美味しい茶碗蒸しであった。

                 

                面白いと思ったのは、アナゴではなく、ウナギだったこと。ウナギのネタもあるが、通常デフォルトはアナゴだと思っていた。

                 

                然し、ウナギのようにくどくなく、むしろアナゴに近いあっさり味であった。

                 

                この味なら朝でも食べられると思い、明日の朝食用に太巻きをテークアウトした。

                 

                この太巻きもアナゴではなく、ウナギだった。

                 

                ウナギを使うのはこの店の特徴なのかだろうか。

                 

                後で、ネットで調べると「にぎり長治郎」という回転寿司屋は、ちょっと高級な回転寿司屋だそうで、近畿地方を中心に手広くチェーン店展開している。

                 

                そのうち、広島にも進出して来るかも知れない。


                北野坂栄ゐ田

                0

                   

                  神戸に住んでいる友人が紹介してくれた北野坂栄ゐ田。

                   

                  店内に入ると、早咲きの桜が満開。

                   

                   

                  食事の後、ジャズを聴きに行きたいので、手っ取り早くカウンターでコース料理を予約しておいた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  十分吟味された食材と、出汁ベースの洗練された味付けは申し分ない。

                   

                  なばなのおひたしの美味しさに汁まできれいに飲み干した。

                   

                  肉はもちろん神戸牛。

                   

                  炙りアナゴの香ばしくて美味しいこと。

                  板さんが炙っている様子を見て、炙り方にコツがあることが分かった気がする。

                   

                  天ぷらは、衣少なく、あっさり、すっきりとしているにも拘わらず、深い味つけで、こぼれた衣も食べたい程であった。

                   

                  油は何を使っているのか訊いておけば良かった。

                   

                  天つゆは、出汁つゆと言った方が当たっている。

                   

                  酢味噌で食べるホタルイカは私の大好物。

                   

                  ぶんどう豆とゆり根のご飯は、まさに春を感じさせる。

                   

                  デザートまでイチゴぜんざい。

                   

                  春先取りの食事を堪能した。

                   

                  私は店のトイレをチェックするのが好きである。

                   

                  気の利いた店のトイレには何らかの趣があるからである。

                   

                  栄ゐ田のトイレも然り。

                   


                  店全体で春を演出していた。

                   

                  ちょうど開店10周年とかで、一見さんの私達にまで、記念品をくれた。

                   

                   

                   

                  帰宅して食べたホタルイカの沖漬けの美味しいこと、この上なく、売っているのであればお取り寄せしたいくらいである。

                   

                  この栄ゐ田、店内は活気に溢れ、カウンター内の従業員の動きに一切無駄はなく、黙々と働いているが、客とはちゃんと会話を交わす。

                   

                  味、ホスピタリティ等、レベル高く流行っている店の特徴がそのまま出ている。

                   

                  料金と料理を考えると、思わず「得した」とさえ感じた。

                   

                  前回述べたジャズライブや栄ゐ田の存在だけでも神戸に旅行する機会が増えるであろう。


                  ジャズナイト in Kobe

                  0

                     

                    神戸でジャズを聴くときは、原則「ソネ」に行く。

                     

                    今回もソネに行こうと思い、スケジュール表で出演者を確認し、ジャズファンの神戸の友人に、どんな出演者か訊いた。

                     

                    彼から、そんなに好みではない、神戸に来るなら次の日にお薦めの歌手が出演しているライブハウスがあるという返事。

                     

                    中高年キラーの美人歌手だと聞いた私は、即、神戸に行く日を1日ずらせることにし、友達に予約してもらった。

                     

                    店はベイズンストリートというこじんまりとしたライブハウスで、ライブが始まる10分前に入店したが、既に来ている客から、何者が来たのかと不審げに見られ、場がすうっと白ける雰囲気が漂った。

                     

                    一瞬、どう対応しようかと思っていたところに、かの美人歌手が奥から出て来て、にこやかに私の名前を確かめ、用意してくれていた特等席に案内してくれた。

                     

                    少し会話を交わしたところで、1stステージスタート。

                     

                    美人であることに加え、歌も魅力的、表情も魅力的と文句なく、薦めてくれた友人に深く感謝。

                     

                     

                    1stステージが終わり、挨拶に来て、楽しく弾む会話。

                     

                    神戸を含め他の地域でも、これだけ条件が揃っている歌手に出会ったのは初めてと言っても過言ではない。

                     

                    あれだけジャズにうるさい友人がベタ褒めで薦めてくれた理由がよくわかる。

                     

                    全部で3ステージあると聞き、当然最後までいることにした。

                     

                    ステージの合間に、他の客が話しかけて来る。

                     

                    来ている客の全員、女性の方も含め、吉田真理子さん(女性歌手の名前)の追っかけファンだとか。

                     

                    私もその場を妻と二人思い切り楽しもうと、とりあえずメンバの方全員にドリンクをプレゼント。

                     

                    全てのステージが終わる頃は、全員が和気あいあいとなり、旧知の仲のようであった。

                     

                    メンバの方達と記念撮影。

                     

                     

                    私達が帰るときは、吉田真理子さんを始め、メンバの方だけでなく、一部のお客まで見送りに出てくれた。

                     

                     

                    知らない者同士、ジャズを通じての一体感。

                     

                    神戸の知らない一面を見た思いである。

                     

                    車で来たラフな格好のまま、出かけたので、着替えてもう少しましな服装で来れば良かったと妻と二人ちょっぴり後悔。

                     

                    それにしても思い出深いジャズナイト in Kobeであった。


                    神戸・京都旅行

                    0

                       

                      先週、神戸・京都に旅行してきた。

                       

                      京都在住の妻の友人が人生最後の個展を開くと聞き、お祝いでにかけつけようと考えたことがきっかけである。

                       

                      個展を開く妻の友人は妻と高校からの友人で、大学時代、同じ美術科で、妻は油絵、彼女は日本画と専攻は異なっていたが、大学卒業後も、場所は離れていたものの、長い付き合いをしている無二の親友である。

                       

                      それぞれが専業主婦なので、何年に一度会うか会わないかという付き合いではあるが、何かあると必ず会っている。

                       

                      友達の最後の個展を見たいだろうという妻の気持ちを察し、京都に出かけることにした。

                       

                      人間の思考の変化は面白いものである。

                       

                      最初は、個展を見に一泊で新幹線で行く予定であった。

                       

                      然し、今月の20日は我々の46回目の結婚記念日である。

                       

                      折角、京都に行くのなら、早めではあるが京都でお祝いをしたいと考え、滞在日数を1日延ばすことにした。

                       

                      そうするともう1日のんびりしたいと思い、結局3泊することにした。

                       

                      ここでまた新たな考えが浮かぶ。

                       

                      京都まで行くのなら、途中下車して神戸でジャズを聴くことが出来るではないか。

                       

                      神戸に1泊して京都に行けば良いと、最終的に4泊5日の旅行になった。

                       

                      この変化に伴い、もう一点、変えたことがある。

                       

                      最初1泊のつもりだったので新幹線で行くつもりであったが、4泊5日で神戸・京都と廻るのであれば、新幹線より車で行く方が便利である。

                       

                      それで移動手段を新幹線から車に切り替えた。

                       

                      ちょっと行くつもりであったが、最終的に大幅に計画が変わった。

                       

                      自分のこととは言え、その思考プロセスは面白いものだと思った。

                       

                      時間に余裕がなかった昔は、単一の目的だけで出かけていたが、時間に余裕がある現在、あれやこれやと頭の中をよぎり、いつの間にか当初より随分膨れ上がったスケジュールとなった。

                       

                      好きなときに好きなことをする、そういうことが自由に出来るようになった自分の今の環境を考えると、つくづく幸せだと感じた今回の旅行であった。


                      << | 2/28PAGES | >>