旬亭に紫川 海鮮丼

0

     

    今回のテークアウトの弁当は、旬亭に紫川の海鮮丼。

     

    広島ブログで多くの方が美味しいと紹介されていたので、海鮮丼を買ってきた。

     

    初めて行く店なので、カーナビをセットして出かけたが、到着した場所に店がない。

     

    おかしいと思い、店に電話すると、1月に場所を移転したと、現在の場所を教えてくれた。

     

    カーナビの更新を一年くらい怠っていたので、やはりカーナビは最新にしておかなければと反省。

     

    生ものなので、鮮度が落ちないうちに食べようと、直ぐ弁当を取り出す。

     

     

    乗っている刺身は、さわら、タイ、ホタテ、イカにイクラがパラパラとふりまいてある。

     

    ブログでの評判通り、刺身が美味しかった。

     

    ただ、さわらが余り好きではないので、今度頼むことがあったら、さわらを外してもらおうと思う。

     

    ご飯が普通のご飯だったので、すし飯にしてもらった方がより美味しく食べられた気がする。

     

    大将らしき方は、とても感じの良い方で、私が車で去るまで、店の外で見送ってくれた。

     

    こういう店は間違いなく美味しい。

     

    コロナ過が落ち着いたら、店に食べに行こうと思う。


    百福弁当

    0

       

      今回の料理屋の弁当は、百福の百福弁当。

       

      百福は一度行ってみたいと思いながら、まだ行ったことのない料理屋である。

       

      ちょうど良い機会なので、弁当の味で店を評価し、良ければ行こうと考えた。

       

      場所は流川のバイオレットビル。

       

      わざわざビル名を挙げたのは、昔、ずいぶん通ったスタンドが入っているビルだったからである。

       

      店はもう無いが、大原麗子似の素敵なママさんだった。

       

      弁当を取りに、ビルのエレベーターに乗ると妙に懐かしい。

       

      帰宅して弁当を取り出す。

       

       

      弁当にはお品書きが付いていた。

       

       

      蓋を開ける。

       

       

      やはり料理屋の弁当である。

       

      これで、¥1,500は抜群のコスパ。

       

      ちょっとした駅弁と変わらない価格であるが、内容ははるかに上である。

       

      料理一品一品が凝っているし、味付けが全く違う。

       

      油ものは里芋コロッケだけという点も特徴的である。

       

      お品書きの内容を記るので、特に料理の説明はしない。

       

      補足すると栗麩は初めて、焼き魚が鮭であったが、鮭とは思えないほど美味しかった。

       

      外出自粛が解けたら、一度、行ってみたい店であると思った。

       

      以下、お品書き一覧


      出汁巻き玉子
      焼魚
      海老の芝煮
      酢蓮根
      栗麩
      下蒲刈産ひじき煮
      里芋コロッケ
      南瓜
      こんにゃく
      胡麻豆腐 山菜旨出汁
      黒毛和牛 もやし 梅ドレッシング
      たけのこご飯 大根の漬物

       


      我が家の焼きそば

      0

         

        我が家の焼きそばは、野菜てんこ盛りである。

         

         

        ソバより野菜の方が多いのではと思うほどである。

         

        妻が野菜嫌いの私のことを考慮し、これでもかと野菜を入れる。

         

        これだけ多いと愛情を通り越してイジメに近いと思うのであるが、妻が病気をして以来、おとなしく食べるようになった。

         

        焼きそば用のソースが嫌いなので、味付けは、塩と胡椒だけである。

         

        塩と胡椒だけで味付けした焼きそばは、さっぱりしていて美味しいと思う少数派の一人である。

         

        然し、安芸元のあなご飯を気に入り、食べ始めてから、味付けが少し変わった。

         

        安芸元のあなご飯には、アナゴのタレが付いてくる。

         

        このタレは、通常のタレのように濃いタレでなく、あっさりとしてほんのり甘いタレで、私の口によく合う。

         

        然し、たっぷり量が入っているので、余ってしまう。

         

        初め頃は、余ったタレを捨てていたが、ある日、妻が思いついて、このタレを焼きそばの味付けに使った。

         

        出来上がった焼きそばは、塩と胡椒とタレの微妙なバランスの味が、私に取って絶品の味に仕上がっている。

         

        アナゴのタレは、入っていないと物足りなさを感じる、隠し味的な存在である。

         

        それ以来、我が家では安芸元のタレを使った、他にはない美味しい焼きそばを食べている。

         

        願わくば、野菜が少ないと最高なのであるが、それは妻が許してくれない。


        10万円給付金 広島市はいつから給付?

        0

           

          特定給付金に関する記事を見た。

           

          10万の特別定額給付金の申請が始まったが、政府が勧めるオンライン申請で内容の不備が続出し、確認作業で手間取っている。

           

          そのため、オンライン申請では却って給付まで時間がかかる可能性があるので、申請は郵送で行うよう呼びかけている自治体が増えている。

           

          総務省の申請サイトにアクセスしていないので詳しいことはわからないが、何が妨げになっているのかわからない。

           

          受け取るか拒否するか程度の情報しか必要ないはずである。

           

          政府が作ったシステムのこと、使い勝手の悪いシステムなのだろうと、どうしても穿って考えがちである。

           

          政府がやること1つ1つが、間が抜けているように感じるのも色眼鏡で見ているのだろうか。

           

          それもこれも、最近の政府の対応にはうんざりしているからだろう。

           

          ところで、広島の給付はいつになるのだろうか?

           

          ニュースでは、13日よりオンライン申請受付で早ければ25日に支給される。

           

          郵送は、29日から申請書が発送され、6月12日以降に支給されるそうだ。

           

          先行している自治体の例から、広島は6月から給付されると考えておいた方が良いだろう。


          ボーカルレッスン再開に思うこと

          0

             

            新型コロナ回避のため、島村楽器のボーカルレッスンを3月に退会した。

             

            島村楽器はレッスンを受けようが受けまいが、レッスン料はきっちり取る。

             

            然し、コロナ騒動が持ち上がった3月は、1ヶ月間、休んでもレッスン料を取らないという特別処置を取ってくれた。

             

            生徒の引き留め工作であるが、コロナ騒動は長引くと思った私は、いったん退会した。

             

            コロナという目に見えない敵が恐く、最低、最低3ヶ月は受講しないと決めたからである。

             

            4月からレッスンを再開しても、レッスンを受けなくても、レッスン料は発生する。

             

            いつレッスンを受けるか判断がつかない現在、新たに入会金を払ってでも再入会する方が条件が良い。

             

            更に言うと、コロナ騒動で生徒が退会することを想定すると、島村楽器は何らかの特典を付け、生徒を再募集する可能性は大きいと考える。

             

            その結果、退会という選択肢を選んだ。

             

            新型コロナに脅威を感じていたものの、予想以上に猛威を振るっている現在の状況をみると、退会して正解だったと思う。

             

            この様子だとレッスンは早くても7月開始がいいところであろう。

             

            時期同じくして、私を教えていた先生が島村楽器を辞め、独立した。

             

            辞める時、私に個人レッスンの打診があり、コロナ騒動が落ち着いたら、受けてみるよと承諾した。

             

            島村楽器は島村楽器で、コロナが落ち着いたら是非我々のところで継続してレッスンを受けて欲しいと依頼があった。

             

            辞める先生に私を持って行かれることを危惧したのだろう。

             

            私は、こちらも承諾した。

             

            このような事態が生じたとき、必ずと言っていいほど、生徒を取った、取られたというもめ事が起きる。

             

            然し、島村楽器の新しい先生のレッスンを受けていないので、その段階でどちらか一方に決めるということは出来ない。

             

            一時期は重なっても構わないので、両方を受け、先生の適性を確認した後、消えれば良いことである。

             

            以前、ボーカルレッスンを受ける前、どこで受けようかと考えた。

             

            個人レッスンの方が料金は安いが、先生がどのような人間か、わからない不安があり、その点、料金は高くてもリスクのない島村楽器を選んだ。

             

            今は、1年以上私を教えてくれた実績のある先生の個人レッスンを受けることが可能となっている。

             

            また、現在は完全にユーザー主導の時代である。

             

            生徒を確保するため、色々と好条件をつけてくれるだろう。

             

            私にとって、退会したことで、選択肢が広がった。

             

            新型コロナ騒動がなければ、そのまま島村楽器でレッスンを継続していたと思うが、ちょっとしたことで大きく変わるものである。

             

            これなら安心という時期が来るまで、コストコで買ったマイクを使って自宅で歌の練習をしていよう。
             


            べスプリット ウォーターレス クレンジング ハンドジェル

            0

               

              除菌シートを車において必要な時に使っているが、アルコール消毒液まではおいていない。

               

              然し、昨今はどこの店に行ってもアルコール消毒液がおいてあり、手を消毒する。

               

              これがいつの間にか当たり前のこととなり、逆に外出時、消毒液がないと不安になることさえある。

               

              携帯用消毒液を買いたいと思ったが、この時期、どこにも売っていない。

               

              何とか手に入れたいと思っていたところ、コストコで、べスプリット ウォーターレス クレンジング ハンドジェルという抗菌ジェルを見つけ、購入した。

               

               

              ケースの中に、30ml入りボトルが30本、入っており、グリーンティ、フレンチラベンダー、フレッシュレモンの3種類の香りが付いている。

               

               

              あのちょっとぬるっとした気持ち悪い感触のジェルだろうと思い、且つ香りが付いていることにも抵抗があったが、とりあえず手に入るだけでもいい。

               

              しかもコンパクトで持ち歩きに便利、必要な時気軽に使える。

               

              新型コロナに対し、必要以上に過敏になっているのかも知れないが、今は身を守るためにも外出時、持っている必要がある。

               

              抗菌ジェルを持っているだけで、漠然とした不安感から解消される点も大きい。

               

              何の商品知識も無く購入したので、このジェルを調べるとちょっと嫌なことが書いてある。

               

              成分は、エタノール・水・PEG-40水添ヒマシ油・カルボマー・TEA・香料・トリクロサン(+/-)赤504・黄4・赤227。

               

              ところが、この成分のうちトリクロサンが問題と口コミに載っている。

               

              トリクロサンは、ウィキペディアによると

               

              トリクロサン(英語: Triclosan)は、医薬部外品の薬用石鹸、うがい薬、食器用洗剤、練り歯磨き、脱臭剤、手の消毒剤、及び化粧品など、様々な場面で使用されている、一般的な家庭用の抗菌剤である。アメリカではその効果への疑問や健康リスクからトリクロサンを含む一般用抗菌石鹸の販売は禁止されている。


              2016年、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、2016年9月2日に、トリクロサンやトリクロカルバン(英語版)など19種類の殺菌剤を含有する抗菌石鹸は、通常の石鹸と比べて優れた殺菌効果があるとは言えない上、免疫系に打撃を与えるリスクがあることを発表し、2017年9月に一般用抗菌石鹸の販売を禁止した。


              2018年、トリクロサンはマウスの腸内細菌に影響を与えその結果大腸炎や大腸がんを増加させることが報告された。

               

              と記述されている。

               

              これはまずい!と思い、返品することを考えたが、使う頻度は数少ない。

               

              しかも石鹸、洗剤、練り歯磨き、化粧品等々、多くの商品に使われているが、今までも知らずに使っている商品は多いだろう。

               

              自分の寿命を考えると、今更気にしても余り意味がないだろうと判断した。

               

              それより、新型コロナ対策の一種のお守りとして持っておくほうが精神的面の効果は大である。

               

              除菌シートを車の中に入れておくと、乾燥して直ぐ使えなくなるが、除菌ジェルなら車の中に入れておいても乾燥することなく、必要な時はいつでも使えることも大きい。

               

              コロナ過は初めての経験なので戸惑うことが多いが、新たに知ることも多い。トリクロサンについて知っておられる方は、どのように考え、対されているのか、是非とも知りたい。


              愛宕 ステーキ弁当

              0

                 

                最近、色々な料理屋が弁当を作り始めたので、とてもありがたい。

                 

                ひぐちに続き、昨日は愛宕のステーキ弁当。

                 

                この弁当はかなり人気が高いようで、6日に予約の電話を入れたとき、既に9日と10日は予約で一杯だった。

                 

                1度食べてみたかったので、8日に予約した。

                 

                ANAクラウンプラザへ取りに行き、紙袋から弁当を取り出す。

                 

                 

                期待に胸を膨らませながら、弁当の蓋を開ける。

                 

                 

                美味しそう!

                 

                早速、口に頬張る。

                 

                肉はアンガス牛のプライム。

                 

                アンガス牛だけあって柔らかい赤身肉で食べやすく、愛宕の味付けが何とも美味である。

                 

                これで、¥1,760は随分お得。

                 

                私の個人的な意見であるが、肉の味は和牛がもっとも美味しいと思うが、価格や食べやすさを考えるとアンガス牛はお勧めである。

                 

                但し、美味しさは味付けに左右されると思うので、好みの味の店に行かないと期待外れということもあるだろう。

                 

                またステーキよりローストビーフの方が合っているように思うので、愛宕もロースト丼にしてくれたら、もっと良かったと思う。

                 

                いずれにしても、安い価格で愛宕の味を家で味わえることはありがたい。

                 

                愛宕で焼きたてのステーキが食べたくなる弁当である。

                 

                人気の弁当なので、予約はなるべく早めにした方が良さそうだ。

                 

                ちなみに支払いはANAカードを使ったが、ポイントはつくものの割引きはない。
                 


                自分に合った髪の長さは?

                0

                   

                  私は何歳になっても遊び心を失いたくない。

                   

                  社会の第一線から離れ、縛りが少なくなると、遊び心の自由度は高くなる。

                   

                  ボーカルレッスンを受け始め、ボーカリストの雰囲気を味わおうと伸ばし始めた髪の毛がついに15cmを越える長さになった。

                   

                  髪の毛を長くすればするほど、手間は面倒になる。

                   

                  美容院に行く時期が過ぎたが、コロナ禍のあおりで美容院に行きそびれていたお陰で、髪の毛の収まりが付かなくなり、ついに意を決して美
                  容院に行った。

                   

                  これから夏に向かうこともあり、今回は短く切ろうと考えていた。

                   

                  美容院に行く前の日、妻に短くすることを告げると、「貴方の雰囲気じゃない、今のままの方がいい」と反対する。

                   

                  私が髪の毛を短くしようとしていることは、直ぐ、お隣の息子家族のところまで伝わる。

                   

                  息子夫婦も長い髪の方がいいと、短く刈ることを反対する。

                   

                  義娘が「お父様、ロングヘアーの方がかっこいいオジサマという感じですよ」と、見え透いたことを言うが、それでもそう言われると、ついその気になってしまう。

                   

                  結局、家族全員の反対を押し切れず、15cmのロングヘアーにパーマをかけた。

                   

                  帰りがけ、ウォンツに行き、実物(頭)を指しながら、この髪を手入れする商品は何が良いか店員に訊き、お勧めのムースを買って帰った。

                   

                  外出自粛が解けるまで、ボーカルレッスンは中止しているが、再開したら、早速レッスンを開始する予定である。

                   

                  そう思えば、それまで伸ばし続けても面白そうである。

                   

                  もう一つ、折角自由に髪の毛を伸ばせるのだから、どの長さが一番自分に似合うか、確かめてみるのも面白い。

                   

                  こんなことでも、人生を楽しめれば良いのではないだろうか。
                   


                  能面に寄せる思い

                  0

                     

                    昔の客間で、今は私の寝室となっている部屋に、能面が飾ってある。

                     

                    父が存命中、友人から頂いたものである。

                     

                    その友人が自分で彫られた能面である。

                     

                    ある企業の経営者でいらっしゃったが、芸術に造詣の深い方であった。

                     

                    父の死の床が、この能面のある部屋であった。

                     

                    それまで意にも介さなかった能面であるが、父に最後の別れを告げるとき、初めて能面を意識した。

                     

                    うまく表現出来ないが、能面に深く感ずるものがあった。

                     

                    それ以来、私はこの能面を見ると不思議と落ち着く。

                     

                     

                    ずっと能面を見ていることがあり、今でもしばし能面の前にたたずむ。

                     

                    能面は見るときの気持ちで表情が色々変化するが、見る角度によっても、表情が変化する。

                     

                    少し下から見た能面は、正面とは全く異なった表情である。

                     

                     

                    横から見た能面も別の表情を見せる。

                     

                     

                    私はこの横顔が好きだ。

                     

                    理由はわからないが、この能面は私にとって守り神のような存在である。

                     


                    ゴールドマイクで自宅カラオケ

                    0

                       

                      外出自粛で、ほとんど家で過ごしていると色々新しいことを思いつく。

                       

                      コストコでスマホ用カラオケマイクを見つけた。

                       

                      今までボーカルレッスンの歌を家でYouTubeのカラオケ画面を使って、練習していた。

                       

                      パソコンに向かって、ヘッドセットをつけての練習である。

                       

                      然しヘッドセットを付けていると、耳が塞がれるので自分の声が聞こえない。

                       

                      マイクを使えば、自分の声を聞くことが出来る。

                       

                      生活に変化をつけることも考慮し、マイクを使って歌の練習をしようと決めた。

                       

                      黒のマイクとゴールドのマイクを売っていたが、どうせなら派手な方が良いと思いゴールドマイクを買った。

                       

                       

                      使い方はスマホにYouTubeで歌いたい歌のカラオケ画面を出し、bluetoothで接続する。

                       

                      スピーカーはマイクに内蔵されており、ボリュームやエコーの調整が出来る。

                       

                      スマホ画面では物足りないので、Android TVでテレビに写しだし、画面を見ながら歌うと、さながらカラオケルームである。

                       

                      然し、残念ながら、内臓スピーカーのボリュームが小さすぎ、テレビから出る音の方がはるかに大きい。

                       

                      どうもこのマイクは、恐らくスマホ画面を見ながらの一人カラオケ用に使うように思える。

                       

                      イマイチ、迫力はないが、マイクの使い方の練習にもなるし、適当に楽しみながら、歌の練習をしようと思う。

                       

                      外出自粛であっても、家でもっと楽しく過ごそうと考えれば、ストレスなく結構楽しむことが出来るものである。


                      << | 2/44PAGES | >>