萩 あじろ「あじろ御膳」

0

     

    前回に続く萩旅行の話題である。

     

    昼食で甘鯛、夕食で見蘭牛を食べに萩に出かけたはずだったが、全く違う食事をすることになった。

     

    萩に到着し、まずは生の豆子郎を買う。

    生の豆子郎は直ぐ売れきれるので、事前に電話をして予約しておく必要がある。

    店の方との雑談の中で、美味しい食事の店を聞いた。

     

    そのうちの一軒が、「あじろ」である。

    話を聞いて、急遽、夕食を見蘭牛から、和食の「あじろ」に変更。

    夕刻まで、少し時間があったので、店に予約の電話を入れ、萩シーマートで時間を潰す。

     

    あじろは萩の中心部より少し外れた場所にあるため、萩特有のごちゃごちゃ感が無く、すっきり駐車場にも車を駐めることが出来た。

     

    初めての店なので、何を食べようかと迷ったが、店の名前がついた「あじろ御膳」を注文。

     

    イカと百合根の梅和え
    イカの食感と百合根の甘味と梅の酸味のコンビが絶妙。

     

     

    キュウリと魚の皮の酢の物
    酢の物は酢の味が決め手であるが、柔らかな酢の味。

     

     

    ゴマ豆腐
    ゴマがたっぷりの、しっかりとした味。

     

     

    刺身(イシダイ、ヒラメ、イカ)
    魚の新鮮度は抜群。
    イシダイのハラス?を食べたのは初めて。

     

     

    インゲンと油揚げの煮物
    初めての組み合わせであったが、しっかりした出汁と良く合う。

     

     

    茶碗蒸し
    これは、最近お目にかかったことがないほどの美味しい茶碗蒸し。

     

     

    煮魚(白甘鯛とヒラメ)
    あら炊きではあるが、白甘鯛は滅多に獲れない幻の魚とのこと。

    今度、白甘鯛の刺身を食べてみたいと思う。

     

     

    御飯

     

     

    水菓子(わらび餅)
    食感からすると本物のわらび粉っぽい。

     

     

    ちょっと気位の高い店であるが、私の評価は、二重丸。
    価格も、広島ではこの値段では食べられない。

     

    私の感想では、少し甘めのしっかりした味の出汁が特徴で、私の好みの味に合っている。

    食材にも手を抜いていない。

     

    器もかなり凝った器であった。

     

    女将の話では、刺身を入れた百合の花の形を思わせる器は、三輪休和(10代三輪休雪)作
    とのこと。

     

    私は萩焼が好きで、三輪休和の抹茶碗を所有しており、余計親しみを感じた。

     

    早速、好みのお店一覧リストに入れた。

     

    そう言えば、入り口の桜がきれいであった。

     


    コメント
    見蘭牛は見島の日本在来牛で貴重ですよね。新婚当時、主人と観光で見島に渡ったのはいいのですが台風が直撃してしまい、数日間フェリーが欠航となり帰れなくなった事を久しぶりに思い出しました(笑)

    どの料理も上品で器も素敵ですね。
    時間をかけて会話を楽しみながらゆったり頂きたい料理です。
    • mine
    • 2018/04/11 7:34 AM
    mineさん
    コメントありがとうございます。
    見島に行かれたことがあるのですか。
    食べ物の話で恐縮ですが、当時、まだ見島牛を食べることができましたか?
    あじろ、お勧めです。(あくまでも個人的にですが)
    萩に行かれることがあったら、立ち寄ってみて下さい。
    博物館の近くで、周りもきれいです。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック