calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

クレジットカードについて思うこと

0

     

    前回、楽天カードのシステム障害について記述したが、システム完全復旧は、明日の7時とHPに掲載されていた。

     

    楽天攻撃をするつもりは、さらさらないが、システムインフラの脆弱性を感じる。

    幸い、今回は情報漏洩等、無かったようであるが、脆弱なシステムインフラを考えると、セキュリティ対策も相当弱いのでは?と推測される。

     

    楽天から多くのメールが来るが、現時点でシステム障害に対するお詫びメールは来ていない。

    企業姿勢にも、疑問を感じる。

    やはり、一刻も早く、楽天カードを解約した方が良さそうである。

     

    今の世の中、提携カードで誰もが安易にカードを持てるようになったが、私のような団塊世代の人間に取って、かつて、カードを持つことは一種のステータスであった。

    それだけ、入会審査が厳しく、今のように気軽にカードを持てる時代ではなかった。

    私が初めてカードを持った当時、申込には、かなり厳しい審査が行われていたように記憶している。

     

    それが、今では、その場で申し込みが出来る。

    情報量が増え、技術も進歩しているので、簡単に与信チェックができるのであろうが、それにしても簡単すぎる。

     

    またカードで決済する場合も、昔は、必ず本人のサインを必要としていたが、今はカードを差し込み、4桁の暗証番号を入れるか、最悪は、ノーチェックで決済できる。

    恐らく、カードに埋め込まれたICチップに様々な情報が入っているからであろうが、支払う方からすれば、このカードを持っていて大丈夫なのだろうかと不安に思うことしばしばである。

     

    私がメインで使っているカードも、かたくなにサインすることを前提としていたが、徐々にICチップ埋め込みカードに切り替わっており、いずれ、暗証番号入力になるだろう。

     

    スマホで簡単に決済できる時代である。

    難しいことはわからないが、カードを持つことが一つのステータスという時代は終わりつつあるのだろう。


    コメント
    私は、この記事の一代前を拝読し会員となっている楽天カードの見直しを検討しましたが、結局は現状維持にしました。
    カード会社選びはなかなか悩ましかったのですが、これからはキャッシュレス社会になっていくであろうという読みもあり、その意味では日本の会社にする事にしました。
    首都圏住まいであればSuicaカードがベストと考えるのですが、退職した地方住まいでは楽天で十分という見立てです。
    カードを使うことが当たり前のような時代になりましたね。
    昔は、5千円以上の買い物でなければ、カード支払いを
    ためらっていましたが、最近では、千円以下でもカード払いをすることがあります。
    小銭を持たなくて済むので、その点はとても重宝して
    います。
    私は最近、楽天よりアマゾンで買うことの方が多くなったので
    このタイミングで楽天カードを返却しようと思っています。
    コストコのグローバルカードを作ったので、楽天カードの代わりに使うつもりです。
    楽天は、しばらくはコンビニ支払いで様子見です。
    歳を取った時のことを考えると、ネットでの買い物は
    避けて通れません。
    広島では、Suicaを使えるところが出て来始めました。

    広島のブロガーはコストコの利用が好きなんですかね〜
    貴殿以外にもコストコ大好きの人がいます。
    その話題が出たとき、「コストコって何?」でした。2015年に当地野々市にも出店がありましたが、覗きに行く気にもなれないでいます。
    PS この記事を拝読し気が付きまして、マネーカードを2社退会しました。良い断捨離ができました。
    私がコストコを気に入っているのは、日本にはないアメリカのスーパーの楽しさがあるためです。
    結構、男にとって楽しい場所だと思っています。
    売っている品は良い品で、安かろう悪かろうではない易さが
    人気の一つではないかと思います。
    カードの断捨離ができて良かったです。
    私も埋もれているカードを掘り起こして断捨離するのに
    随分時間を割きました。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック