「タンカン」の時期がやって来た

0

    先日、予約注文していた「タンカン」が届いた。

    タンカンは我が家には欠かせない、この時期の果物である。

     

    例年、沖縄のタンカンを購入していたが、購入していた店の味が落ちて来たような気がするので、今年は店を変え、レビュー評価の高かった奄美大島のタンカンを購入。

     

     

    今年のタンカンは裏作で出来が悪いと聞いていたが、箱を開けてみると立派なタンカンである。

     

     

    最近は、糖度センサーで測定しているようなので、味にばらつきが少ない。

    ほぼ同レベルでみずみずしく、強めの甘みと適度な酸味が美味しい。

     

    そもそも、タンカンを購入し始めたきっかけは、北海道に住んでいる会社の後輩に送ったことに始まる。

    毎年、暮れに北海道の美味しい幸を送ってくれるので、そのお返しで送るようになった。

     

    北海道の美味しい食べ物に恵まれている後輩に何を送ったら喜ばれるか?

    以前、牡蠣を送っていた時期があったが、正直な感想を聞くと北海道でも美味しい牡蠣が食べることが出来るようだ。

     

    それなら、いっそのこと、北海道にはない南方のタンカンを送ったらどうかと考えた。

    タンカンは沖縄、屋久島、奄美大島辺りにしかなく、販売期間が短い。

     

    案の定、後輩はタンカンの存在を知らなかった。

    と言うわけで、タンカンを送ったところ大好評で、それ以来、タンカンを送っている。
     

    暮れに送ってくれるので、暮れにはお返ししたいと、考えていたが、無理に暮れに間に合わせなくても、日頃食べられないものを送った方が喜ばれる。

     

    これからの人生、形式にとらわれない、裃を脱いだおつきあいをしてゆきたいと考えている。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック