歯が欠けた

0

     

    昨夜、小腹が空いたのであられを食べていた。

     

    途中で、口の中に違和感が。
    小さな固い塊がある。

     

    石かなと思ったが、それにしては柔らかい。
    口から出してみると、かけた歯であった。

     

    欠けたと言うより、壊れたという感じで元の歯の半分くらいの大きさである。

    昔、虫歯を治して、削った箇所を詰め、上に金をかぶせた歯の半分くらいが欠けて取れたのである。

     

    考えたら、虫歯になりながらも、70年も酷使に耐えた歯である。

    欠けてもおかしくは無い。

     

    困ったのは、歯が欠けたため、大きな穴があき、かぶせた金がむき出しになり、とがった先が舌に当たり、痛い。

    恐らく痛いだけで無く、舌が傷だらけになりそうである。
    考えただけでも耐えられそうに無い。

     

    今朝一番で、歯医者に行きたかったが、ちょうど、昨日の会議が今日にシフトとなっており、朝から出かけなければならず、歯医者に行けない。

    更に悪いことに、その後は3連休で、早くて来週の火曜まで治療できない。

    それまで、舌を傷つけ、痛みをこらえながら、食事をしなければいけないと思うと、好んであられを食べておきながら、何と自分は運が悪いのだろうと思てしまう。

     

    ところがである。

    ネクタイをしめて出かけようとした矢先、顧客から電話がかかり、今日の会議は急遽中止との連絡が入る。

     

    良かった!

    早速、歯医者に出かける。

    予約もせず、飛び込みで行ったので、随分時間がかかったものの、応急処置をしてもらい、とりあえず連休はしのげることとなった。

     

    ついているような、ついていないような不思議な日であった。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック