アベノマスク、菅長官の「自宅で保有を」発言

0

     

    我が家にはまだアベノマスクが届かない。

     

    今では、マスクは随分買いやすくなっているので、届いても有り難みは薄れている。

     

    スピード感を持って動くはずが、周りが急な決定について行けず、配布のタイミングを逸してしまった。

     

    一般的はそう言えるが、まだ、マスクを必要としているところが多く、自治体や慈善団体が不要なアベノマスクの寄付を募っている。

     

    そうした寄付の動きを踏まえ、先日、菅官房長官が、「寄付をせず、今後の新型コロナウイルスの流行に備えて保有して欲しい」と語った。

     

    然し、厚生労働省のホームページでは、不要な場合に「必要とされている方に譲るなどの選択肢もご検討下さい」と掲載されている。

     

    明らかに、厚生労働省とは矛盾した発言である。

     

    然も、発言内容をダイレクトに解釈すると、「人に寄付せず、自分で持っておきなさい」と、エゴイスティックな発言をしたことと同じである。

     

    この発言を聞くと、誰もが世の中の実態がわかっているのだろうかと、菅長官を疑うだろう。

     

    ここのところ、打つ手打つ手が後手に回り、浮き足立っている政府内部の様子が見え隠れする。

     

    今まで、一切失言しない完璧な対応をして来た菅長官でさえ、今回のような失言とも思える発言が、それを裏付けているかのようにもみえる。

     

    いつ届くかわからないマスクを待っていよう。

     

    まさか政権が崩壊して、アベノマスクが届くと言うことはないと思うが。
     


    コメント
    石川県でのアベノマスク配布は全国的には遅れているとの新聞報道でしたが、06/02にポスティングされていました。既に、近所の子供にあげました。噂の通り小さく、大人にとっては使用に耐えません。
    安倍政権は、これまでの悪行の膿が一気に噴き出し始めていると見ます。
    しかし、安部草履の尻拭いを誰かにさせるのは忍び得ません。
    吞兵衛あなさん
    私も今まで運のよかった安倍総理の潮目が変わったと思っています。
    今の姿が本来の姿ではないでしょうか。
    安倍総理はいつも責任を取ると言っていますが、今回の件でどう責任を取るのでしょうか。
    崩壊するのも時間の問題だと思いますが、このひどい現状を収める人は本当に気の毒だと思います。
    安倍総理に辞めて欲しいのは山々ですが、徹底的に地獄をみて欲しいとも思っています。
    かなり感情的な意見ですが。
    コメントする