「世論(よろん)」と「世論(せろん)」の違い

0

     

    以前から気になっていた言葉がある。

     

    テレビで、世論を「よろん」と言ったり、「せろん」と言ったりしているが、その違いは何なのか?単なる読み方だけの違いなのか?意味が違うとしたらど
    う使い分けるのか?ずっと気になりながら、わからなかった。

     

    どうしても気になり、今回調べて見た。

     

    色々調べていると、やっと違いがわかってきた。

     

    あるサイトでは、「よろん」は世間一般の共通意見、「せろん」は世間のうわさや風評をあらわす言葉とある。

     

    あるサイトでは、「よろん」は公衆の理性的な意見、「せろん」は世間の感性的な印象を表す言葉とある。

     

    あるサイトでは、「よろん」と「せろん」を英語で表現すると、「よろん」は、”Public opinion”、「せろん」は、”Public sentiment”とある。

     

    これで、違いがわかったが、英語表現の説明の方が端的で違いがわかりやすい。

     

    要は、”opinion”と、”Public sentiment”の違いである。

     

    最近、日本標準と思っていたNHKアナウンサーの言葉使いが乱れていることが気になっている。

     

    今まで、漠然と聞いていたが、今度から注意深く聞いて、「よろん」と「せろん」を正しく使い分けているか、チェックするのも面白そうだ。


    コメント
    世論。アナウンサー他、別段、何の考えも無しで、話していると、思います。録画と、いいますか、ドラマなど、おかしいだろう、とちったら、やり直しだろう、と、思うのですが.要は、番組の責任者のプロデュ―サーの低レベルと、思います。許容できることでは、ありませんが、全てに、質が、落ちていると、思います。大昔では、考えられないことでしようか。それで、自分は、そんなものだろうと、思っています。それらの人は、学者では、ない。そこいらの、あんちゃん、ねえちゃんだから,と。それらが、通る時代、世相なのだろうと。新聞なんかも、レベルの低いことが、ありますから。自分の、考えは、異端かも・・・です。
    • kuroda
    • 2020/06/06 1:22 AM
    kurodaさん
    コメントありがとうございます。
    私も同じような考えを持っています。
    女子アナ等、その辺りのタレントと一緒で可愛さを売り物にするだけでプロ意識が欠如しています。
    アナウンサーの多くは読み間違えても悪びれもせず申し訳程度に謝るだけ。
    人の名前を間違えることほど失礼なことは無いと思うのですが、そのような感覚も持ち合わせていないようです。
    逆にタレントがいっぱしのコメンテーターとして出ている番組を観ると不愉快で、徐々にテレビを観なくなりました。
    仰る通り、新聞もひどいです。
    記事内容以前に誤字脱字が多くても、そのまま垂れ流しています。
    私も異端なのかも知れません。
    コメントする