輪 創想の弁当

0

     

    今回のテークアウト弁当は、輪創想の弁当。

     

    今回のドライブ歌気分は、1961年のオールディーズ曲。

     

    当時、中学生だった私は洋楽ばかり聴いていた。

     

    ニールセダカ、クリフリチャード、コニーフランシス等の歌をよく聴いていたが、中でもヘレンシャピロという女性歌手の歌が好きであった。

     

    ヒット曲はそんなに多くないが、もっともヒットした曲は「You don't  know」、日本では弘田三枝子が「悲しき片思い」という題名でカバーした。

     

    まだ英語力がついていない年齢だったので、レコードの回転数を遅くして、英語の歌詞を覚えたものだ。

     

    当時、自分なりに訳し解釈した歌詞の内容と弘田三枝子が歌う歌詞を比較し、どうしてこのように上手に訳せるのだろうかと感心したものである。

     

    ノリノリ気分で駅前横町に辿り着く。

     

    実は、私は駅前横町を知らず、到着して驚いた。

     

    狭い路地の両脇にたくさんの店が並んでいる。

     

    路地に入り、左右を見ながら、輪創想を探すが、一軒の店の入り口が狭く、わかりづらい。

     

    やっと見つけて、店に中に入り、「予約した○○です」と言ったところ、「うちではないよ。何という店?」と訊かれ、結局は隣の店であった。

     

    まだ若いが、いかにも板さんという感じの良い大将だった。

     

    帰宅し弁当を取り出す。

     

     

    蓋を取る。

     

     

    煮物(カボチャ、大根、揚げ豆腐、エビ)
    サワラの西京焼き
    姫サザエ
    おからのころっけ
    ぬた
    大根の甘煮
    出汁巻き卵
    そぼろ飯

     

    失礼な言い方をするが、立派な美味しい料理。

     

    出汁ベースの料理は本格的な和食である。

     

    こんな料理は大好きである。

     

    でも、これは普通の弁当では無く、料理とご飯を詰め合わせ、折り箱にいれたものと言った方が正確であろう。

     

    そぼろご飯と料理を一緒に食べると両方の味が死ぬ。

     

    普通に料理屋に行って、酒を飲みながら、最後にご飯物のパターンである。

     

    幸い?、量が少なかったので、白いご飯で料理を食べ、最後にそぼろ飯を食べた。

     

    知らないところに美味しい店があるものだ。

     

    カウンター7席の狭い店なので、行くときは予約して行こう。


    コメント
    コメントする