非常時にこそ、わかる真に良い医者

0

     

    この時期、医者に行くのには相当勇気が必要である。

     

    特に歯医者は、口を大きく開けて中を触るので感染リスク大である。

     

    マスクを取り、無防備状態で口を開けることには大きな抵抗があり、極力行きたくない。

     

    然し、こういう時に限って歯が痛くなってしまったのである。

     

    4月中旬から歯がうずくように痛み出したが、恐くて歯医者に行かなかった。

     

    ところがどんどん痛みが増し、物が噛めないほどになって来た。

     

    もう限界である。

     

    意を決して歯医者に行くことにした。

     

    予約して、2〜3時間は待つことを覚悟して出掛ける。

     

    待合室では、3密状態は避けられないだろう。

     

    予約時間ギリギリまで外で時間を過ごし、歯科医院内に入る。

     

    意外なことに待合室には誰もいない。

     

    これは運が良い。

     

    早く治療してもらって一刻も早く医院を出たい。

     

    歯の状態も心配したほどひどくなく、治療は30分程度で終わり、待合室に戻っても誰もいない。

     

    ここでやっと気がつく。

     

    この歯科医院は、3蜜を避けるため、本当に一人ずつしか予約を取らないことがわかった。

     

    素晴らしい新型コロナ対策を講じており、医者の医療に対する基本姿勢がわかる。

     

    医者の診療も的を得ており、説明も的確であった。

     

    歯科医院は、コンビニの数より多いほど巷に溢れているそうだ。

     

    然し、信頼出来る医者は少なく、これからどんどん淘汰が進むであろう。

     

    そういう状況下で、今回のような患者のことを第一に考える歯科医院は、これからも生き延びて行くのだろう。

     

     


    コメント
    コメントする