年金生活者は外出自粛を有効に使おう

0

     

    コロナ過も少し下火の兆しが見えて来て、近畿地方の緊急事態宣言が解除された。

     

    然し、今のデータはもっとも自粛が厳しい連休中の動きを反映したデータなので、まだ油断出来ないであろう。

     

    このような状況下では、不要不急の外出以外は、継続して避けるべきだと感じている。

     

    然し、経済面でのダメージは大きく、緊急非常事態宣言が解除されたとしても、直ぐ立ち直ることは出来ず、将来の見通しは決して明るくない。

     

    このまま放置しておくと、日本経済は完全に沈んでしまう。

     

    状況判断をしながら、出来る限り経済活動を活性化させ、一刻も早く元の状態に戻すことが次の課題である。

     

    ただ、このことは生産活動をする人達を対象として言えることである。

     

    聞くところによると、65歳以上の高齢者は多くのコロナウィルスを排出するそうだ。

     

    この点を考慮すると、年金生活者は、まだ外出自粛を継続するべきだと思う。

     

    年金生活者は景気が悪化しても、年金が極端に減ることはなく、何もしなくても安定した生活基盤を確保できている。

     

    年金生活者は高齢ということもあり、抵抗力が落ちており、強力なコロナウィルスに感染しやすい。

     

    然も感染者が排出するコロナウィルス量が多いとなると、早期経済回復のためには、外出を自粛するべきだ。

     

    やっと旅行に行けると思うかも知れないが、今はまだ我慢すべきである

    むしろ、家にいる時間を利用して、じっくり自分の将来の生活を改めて見直し、人生終焉に向けての確固たる人生設計をする絶好の機会である。

     

    私は見えない敵であるコロナウィルスが恐く、3月より、全ての屋外活動を自粛しているが、その結果、今までの自分を見つめ直す時間が確保できていると思っている。

     

    旅行や外食が大好きであったが、敢えて、この時期に行く必要はないし、行かなくても、特にストレスはない。

     

    要は考え方1つである。

     

    考える時間が増えたことにより、今までの自分の生き方で反省することが多く、私に取って得るものが多かった。

     

    今、自分の最後の生き方を整理しているところで、まだ当分、外出自粛は続けるつもりである。

     

    今の静かな時間を有効に使いたい。

     

    そして、コロナウィルスが収まるころには、自分に取って最良と思える生き方が見つかると考えている。

     

    年金生活者は、外出自粛を有効に使うべきである。
     


    コメント
    「引きこもり」無条件賛成です。外出しないで家に籠っていてもストレスなんて感じることはありません。やることは沢山あるし、本を読むこともできるし、昼寝も出来るし、言うことありません。
    堪忍袋さん
    コメントありがとうございます。
    私も今回の外出自粛をきっかけに、家でやることはたくさんあると実感しました。
    それなのに、のこのこ外に出て、コロナの感染源になるのは避けるべきだと思っているこの頃です。
    年金をもらって何もしないのですから、これくらい当然です。
    私自身も自分の世界が広がったような気がします。
    コメントする