魅力のない安倍総理の会見演説

0

     

    今日、緊急事態宣言が5月末まで延長された。

     

    安倍総理の会見を見たが、どうも迫力がない。

     

    メリハリのない話がダラダラと続き、プロンプターに移す視線だけがやけに気になり、途中で見ることを止めた。

     

    これで思い出すのが、4月29日の参院予算委員会で、安倍総理が国民民主党の森議員に新型コロナウイルスの感染者数を質問された時のことである。

     

    安倍総理の態度が、余りに見苦しかった。

     

    森議員が「一体どれぐらいの国民が感染してるんですか?このコロナウイルスに。今、現在」と質問。

    この質問に、安倍総理側全員が固まり、事務方も動くこともなく、1分以上の
    長い沈黙が続いた。

    やっと総理が立ち上がり、答弁し始めた。

     

    最初に

     

    「今の、その、現時点で、今の感染者数というご質問はいただいてなくてです
    ね」
    「今しておられることについては質問の通告はされていないということはまず申し上げておきたいと思います。それはそうですよ、だって、こ、これに、これに、これに書いてないじゃないですか」

     

    と口走り

     

    その後、感染者数を答えた。

     

    明らかに、うろたえている様子がわかった。

     

    口走った内容は、質問者が事前に渡す質問状に「感染者数を聞くことは書かれていない。」と、言いたかったようである的がずれている

     

    然し、質問事項に入っていないとしても、日本の最高責任者が感染者数すら押さえていないのは、リーダーとしての資格があるのだろうか。

     

    コロナ禍を日々憂いているならば、当然感染者数は脳裏から離れないはずである。

     

    長い沈黙の後、的外れのことを口走った答弁は、余りにもみっともなく失望した。

     

    この場面が海外に流れると、日本国民として恥ずかしくてたまらない。

     

    新型コロナ禍に関しては、ここが本当の正念場。

     

    安倍総理はいつも原稿を読むだけであるが、現実を正しく把握し、自分の考えをしっかり持って欲しい。

     

    そして自分の言葉で国民に語って欲しい。

     

    参考までにその時の映像を以下に示す。

     

    安倍総理の答弁内容


    コメント
    Left Aloneさんのおっしゃるとおり、私も安倍総理にこれ以上続けて欲しくはないのですが、この国の大切なことについて「自分の言葉で国民に語りかける」資質がああれば、長期政権を支持する気になったかもしれません。それにしても与野党を問わず、他に目ぼしい人材が見当たりません。
    「堪忍袋の緒を結ぶ」さん
    コメントありがとうございます。
    そうですね。
    安倍総理以外に目ぼしい人材がいないので長期政権も続いているのだと思います。
    何も起こっていないときは、誰が総理をやってもそれなりに動くと思いますが、いざ有事というときは強いリーダーを求めるのでイライラしてしまいます。
    コメントする