輪番制の町内会の班長

0

     

    今年は無理矢理順番で廻ってくる町内会の班長担当である。

     

    たいしてやることはなく、回覧板を回したり、町内会費を集めたり、祭りのしめ縄、正月の賀正の札を配る程度である。

     

    ただ、たまに会合がある。

     

    今まで面倒なので、妻にお任せだったが、体調を崩したので、私がやらざるを得なくなった。

     

    前回、班長をした時、苦い経験をした。

     

    町内会の会員が減り、町内会費が少なくて困ったという主旨の会合があった。

     

    会員が少ないことが主要因なので、根本的な解決策はない。

     

    話を聞いていると、会員が少なくて町内会の活動を中止したところがあるようだ。

     

    町内会を作ることは、義務ではないということを知る。

     

    長い議論が続くので、いい加減うんざりし、会員が増える見込みがないので活動を中止すれば解決するのではないですか?と発言したら大顰蹙を買った。

     

    また、古新聞や段ボールを回収業者に引き取ってもらい、その売り上げを、町内会の足しにしているので、もっと古紙を出せないかという議論があった。

     

    そのために家の古紙を増やすわけにもいかない。

     

    1業者に固定するのではなく、複数の回収業者から相見積もりを取り、もっとも高い業者に引き取らせるようにしたら少しは売り上げも増えるのではないかと提案したが、そんなことは到底無理だと却下された。

     

    どうして無理なのか理由はわからなかった。

     

    私が属している町内会は、長老達が牛耳っており、この若造が何を言うのかと煙たがれただけのことだろう。

     

    妻に聞くと、祭りの日は集会所で、宴会があり、町内会の当番の女性がかり出され、ご飯を作るだけでなく、お酌もさせられたとか。

     

    貴方には絶対合わないと妻が言っていたが、全くその通り。

     

    自分を正当化するつもりはないが、余りに私の価値観と異なるので、何を言っても却下されるだろう。

     

    おつきあいなので、やることはやるつもりであるが、そっとじっとしておくのがベストの選択のようである。
     


    コメント
    こんなことを言うとヒンシュクを買うかもしれませんが、余り先でない将来、長老と呼ばれるうるさい方々は自然消滅されます。
    でもそうなると、今度は私たちが長老になります。
    暴力団も北朝鮮も「ドン」が亡くなっても次が出て来ますから・・ああ、やってられないですね。年寄りの「たわ言」です。
    私が住む町内会は会費を徴収しません。府中町から世帯に応じて歳費が支給されます。会員の、活動は広報の配布、回覧板を回すこと。年2会のゴミキャンペーンの活動はできる人が参加する。。班長の任期は6か月です。とてもシンプルで、無理やりやっているということがないように思います。総会などで、意見をするのは大切と思います。
    • さっちさん
    • 2020/04/30 9:17 AM
    班長さん、ごくろうさま。私は、町内会費を、唯一徴収しない府中町のある地区に住んでいます。かつての行事はほとんどありません。ゴミキャンペーン、とんど祭り、年末の夜回りなど。町からの世帯分の助成金で賄っています。班長さんのお仕事は、広報の配布、回覧板の世話です。最低限の、近所との結びつきは、災害時には必要です。変わらなければと思いますよ。
    • さっちさん
    • 2020/04/30 1:59 PM
    「堪忍袋の緒を結ぶ」さん
    コメントありがとうございます。
    仰る通りですね。
    今はブツブツ言っていても、いざ自分がその立場になると自己流を通そうとするかも知れません。
    パワハラ、セクハラをしないことがせめてもの救いですかね。
    それにしても金委員長は、どうなっているのでしょうか。
    さっちさん
    コメントありがとうございます。
    府中町は恵まれていますね。
    広島市は一切歳費が出ないので、町内会ごとに苦労しています。
    私が属している町内会は昔ながらのやり方で、もう少し時代の変化を捉えたやり方に変えたら良いと思うのですが、そこのところを打破出来ません。
    自治体も法的には何の根拠もない町内会組織をうまく使っているように感じています。
    コメントする