calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

市中心部マンションへの住み替えリサーチ開始

0

     

    今週の日曜、夜遅くなり、「さかな市場」に行く羽目になったのは、マンション購入事前説明会に行っていたためである。

     

    現在私が住んでいる場所は、市近郊の住宅街で、親の代からの戸建て。

    もっと高齢になったときのことを考え、便利の良い中心部のマンションに住み替えるのも、一つの考え方である。

    人生終焉を迎えるにあたっての準備作業の一環である。

     

    ネット検索し、とりあえず、めぼしい3つのマンションの資料を取り寄せ、そのうちの一軒の事前説明会に出向いた。

     

    頭に描いている間取りは、3LDK。

    妻と二人でくつろぐ部屋と、それぞれの専用の部屋で2部屋、子供が来たとき、泊まることが出来るよう、もう一部屋と考えての3LDKである。

     

    対応した営業マンはよくしゃべる営業マンで、色々な話題が出、話は楽しい。

    一番のセールスポイントは、「何をするにも便利」だということ。

    確かに広島駅にも近いし、三越、福屋といったデパートにも近い。
    何れもタクシーでワンメーターの距離である。

     

    一通り、説明を聞いた後、モデルルームへ。

    狭い!
    3LDKと言っても、こんなに狭いと、何も持って行けない。

     

    マンションに住み替えるには、断捨離を断行するつもりでいたが、断捨離以前の問題で、ダイニングテーブルとくつろいでテレビを観るための、シモンズのチェアーを持って行くだけで、リビングルームともう一部屋(5畳相当)が潰れる。

    趣味で集めた陶磁器類を格納しているキュリオケースを置くスペースがない。

     

    必要最低限どころか、全てを捨てて住み替えなければならない。

    いくら便利だと言っても、これでは、豊かな老後の過ごし方は出来ない。

     

    工事中の現地を案内してくれたが、便利は良くても、周りの環境は良いとは言えないと感じる。

    将来、環境が整備されると聞いたが、整備される頃まで、生きてはいないであろう。

     

    ただ、営業マンが色々なマンション情報を聞かせてくれたので、大いに参考になった。

    日頃、接することのない環境に接するのも一つの刺激と考えれば、残りの2つのマンションの事前説明会にも参加し、帰りに食事をして帰るのも一つの楽しみ方であろう。

     

    ひょっとしたら、気に入ったマンションに出会えるかも知れないし。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック