5G(第5世代移動通信システム)サービス開始で思うこと

0

     

    5Gサービスが開始された。

     

    然し、私は以下の2点の観点から当分様子を見るつもりだ。

     

    1.品質の問題

     

    対応するソフトウェアは初物であるし、開発規模は大規模である。

     

    ソフトウェアはある規模以上になると、品質面での保証は極端に難しくなる。

     

    人間のミスは絶対にあるし、それが複数人のプロジェクト開発になると規模が大きければ大きいほど、当たり前のことであるがミスを誘発する機会は増す。

     

    実際、大規模システムでのトラブルは数多い。

     

    昔のことで忘れてしまったが、私の経験から、5Gは初物で開発規模も大きいことから、まだ相当数の潜在バグが潜んでいると推測している。

     

    2.仕様の問題

     

    5Gは国際間で統一標準となるよう、標準化作業が行われている。

     

    ニュース等で5Gに関する夢物語が流されているが、実現するのはまだ先のこと。

     

    標準化作業は、3つのフェーズに分けて行われるが、今回の5Gは、まだフェーズ1である。

     

    更に、フェーズ2、フェーズ3と予定されている。

     

    フェーズ2の細部仕様は、まだ確定していない。(今年の夏?)

     

    フェーズ3に至っては、これから標準仕様が策定される予定である。(今年から作業開始?)

     

    要するに、現リリースはあくまでも1stバージョンのリリースであり、今後も仕様拡張(場合によっては変更)が続き、最終的に仕様がフィックスされるのは、まだ先である。

     

    互換性を保つとは思うが、万が一、互換性が保たれなければ、現バージョンとの互換性が問題となる。

     

    ただ基本的な仕様はフィックスされているはずなので、スマホレベルであれば、互換性のことを心配する必要は無いとは思うが。

     

    私のこの2点から、5Gは様子見とすることにした。

     

    特に品質面のトラブルで不愉快な思いをしたくない。

     

    今やスマホは生活に密着しているからである。

     

    然し、5Gとはどんなものか体験してみたいと割り切って使うことが出来る方にとっては、別にもう1台5Gスマホを買って楽しめば面白いおもちゃになるだろう


    コメント
    コメントする