個人的なコロナウィルス対策の功罪

0

     

    コロナウィルス騒動で、3月よりジムとボーカルレッスンを止めた。

     

    何れもクラスター回避のためである。

     

    止めたのは、いつ安全宣言されるかわからず、それを今か今かと待つより、とりあえず止めて、安全だと思ったら、再会するほうがスッキリするからである。

     

    思い切って止めて良かったと思う。

     

    自分では気がつかないうちに、いつの間にかジムとボーカルレッスンに追われる日々だったことに気がついた。

     

    一週間通してみると、他に建設的なことを何もしていない。

     

    これではいけないと思い、自分がこれから何をすれば良いか再考した。

     

    自分が本来やりたかったことの1つは、宮島の英語ボランティアガイドである。

     

    それに必要な英語のスタディや宮島のスタディを何もしていない。

     

    ジムやボーカルレッスンの再開始は、早くて6月だと考えているので、それまで英語と宮島のスタディを開始し、軌道に乗せようと考えた。

     

    英語は、以前買ったロゼッタストーンを一日最低1レッスン消化することにした。

     

    当面の目標は、年内に初級と中級をこなすことである。

     

    宮島は、宮島本を買って来て、毎日少しずつでも読むことにした。

     

     

    当面の目標は、来年1月か2月くらいに宮島検定が実施されるので、検定に合格することである。

     

    宮島検定に合格すれば、ボランティアガイドとしてデビューできるであろう。

     

    英語の方は勘が戻れば、下手ではあるが片言で何とか通じるだろう。

     

    コロナウィルス騒動のお陰で、一度立ち止まって考えることが出来た。

     

    何事も無く、このままズルズル行っておれば、本来の目標を見失うところであった。

     

    一方、一日何もしなければしないで済むため、随分ズボラな生活になっていた。

     

    外にもほとんど出かけず、家にいると何もやることがないせいか、昼食を食べると眠くなり昼寝するというていたらくぶりであった。

     

    こうして一日を無に過ごしていた。

     

    ジムやボーカルレッスンを止めた功罪はあったが、意陰で当面の目標がはっきりしたので目標に向かって邁進しようと思う。


    コメント
    コメントする