コロナウィルス騒動、騒ぎ過ぎの真犯人は?

0

     

    今、世間はコロナウィルスに関する話題で持ちきりである。

     

    コロナウィルス騒動は騒ぎすぎと言っている人もいれば、もっと手を打つべきだと言っている人もおり、コロナウィルス騒動に関しての見解はさまざまである。

     

    はっきりしていることは、コロナウィルス騒動に起因した社会への影響は広がる一方である。

     

    テレビ等の報道を観ていると不安が増すばかり。

     

    コロナウィルスの実体がわからないので、考え得る対策を講じることは必須であるが、過度に騒ぎ過ぎることは避けるべきである。

     

    過度に騒ぎ過ぎることで、国民全体の不安を煽り、結果として、あらぬ風評被害等が発生し、必要以上に国民を動揺させてしまう。

     

    コロナウィルスとは全く関係のない別の被害が生じる恐れが生じる。

     

    例えば、お客が来なくなって売り上げが激減し、途方に暮れている料理屋の経営者のインタビューを流していた。

     

    どうして激減するのか?

     

    冷静に考えると食事をしに行くだけでは、感染するリスクは低いはず。

     

    世間が必要以上に過敏になっているので、食事に行くことを敬遠しているように感じる。

     

    私は、騒ぎ過ぎが主な原因では無いかと思う。

     

    じゃあ、誰が必要以上に騒ぐのは誰だろうか?

     

    連日連夜、事細かに長々と時間をかけて報道しているマスコミではないだろうか。

     

    一日の報道された情報のエキスを抽出し、真に知りたい事項を箇条書きにすると、A4用紙一枚あれば十分なボリュームであろう。

     

    格好の報道ネタなのであろうが、ことさら大げさにかつ執拗に取り上げ、その結果、国民の不安を煽ることになっていると感じるのは私だけなのであろうか。


    コメント
    大局的に御説に賛同します。
    建設的ではない事を取り上げて騒いでみたところで致し方ないことです。
    政府のやり方は誤っていたと思いますが、コロンブスの玉子論でしょう。
    事、今になって各地方自治体が個別の事案を説明したところでどうにもなりません。もっと、上空から俯瞰した内容を政権なりがかたるのであれば知る価値があるでしょうが、その政府は総理大臣と厚生大臣の言葉に齟齬があるような、騙しの世界になってしまいました。
    いずれにしても、既に本丸を占拠されてしまったのですから、国民としては狼狽えたところで仕方が無い状況になっているのです。
    インフル同様に振る舞うと思っています。インフルと違うのは致死率が高い事だけです。
    呑兵衛あなさん
    最近のテレビは面白く無いので、ほとんど見ないのですが、最近はコロナの最新情報を入手したくてテレビを見ますが、内容がどんどんどぎつくなっています。
    テレビの位置づけが完全に変わったのでしょう。
    日頃、安倍さんは自分のリーダーシップを自慢していますが、コロナ対応ではリーダーシップを発揮できていません。
    これではリスクマネジメント能力無しと言われても仕方ないでしょう。
    信念を持った言動を期待したいところですが、どうも無理そうです。
    それにしても、中国に上手くやられそうです。
    コメントする