calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

車を買い換え

0

    車を買い換えた。

     

    理由は

    ・乗っていた車の性能が良すぎする
    ・もっと車のサイズを小さくしたい
    ・楽に荷物の出し入れをしたい

    と、要は歳のせいで、自分の運転能力の衰えを感じたためである。

     

    私は、どちらかと言うと、スピード凶の部類に属し、スタートダッシュ、高速でのダッシュで他の車に負けたくないという思いが強い。

     

    買い換え前の車は、漠然と車を見に行ったディーラーで、試乗した車に一目惚れし、翌日契約に行ったという経緯のある車である。

    200馬力以上のツインカムターボエンジン車で、性能は抜群であった。

     

    歳を取ると、車の運転一つをとっても、勘が鈍り、とっさの反応も遅くなり、それだけ事故の確率が高くなる。

     

    車の性能が良いと、つい闘争心が頭をもたげ、結果的に危険な運転をしてしまう。
    然し、性能の良い車を操る技術が無くなって来ていることは事実である。
    性能の良い車を持つことは走る凶器を持つに等しい。

     

    同じく運転技術の衰えから、見極めの運転感覚が鈍って来た。
    見極めに対する自信も揺らぐようになり、小さいサイズの車の方がリスクは減ると感じる。

     

    私は4ドアセダン車にこだわりを持って、ずっと乗って来たが、腰痛がひどくなり、底が深いトランクから荷物を取り出すことが困難になってきた。
    荷物を楽に取り出せる、ファイブドア車が楽で良い。

     

    そろそろ車の買い換えどきかなと、ディーラーに視察に行った。

     

    ところが、私はついていると言うべきなのか、それとも逆と言うべきなのかわからないが、偶然にも、条件にぴったりの車があった。

    前の車には、まだ未練があったが、これからのことを考えると買い換えるべきだと思い、一週間後に契約した。

     

    エンジン排気量は、1,400CCと小さく、車のサイズも横は、1,8mあるが、縦は、4.3mを切るサイズである。

     

    自分の現在の運転能力を客観的に判断し、これからの過ごし方を考慮した車の買い換えは必要だと感じる。

    そうは言いながら、気持ち的に割り切れない部分があり、一応、ツインカムターボエンジンモデルにし、通常走行では、無理をしなければ快適な運転が楽しめる車種を選択した。

     

    色々、わかったような御託を並べても、凡人は、所詮凡人であることを自覚するとともにわかっていても、全てを割り切ることは、非常に難しいことも痛感した。

     

    これも残りの人生を楽しく豊かに過ごすための準備の一つなのだろう。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック