中華料理 竹琳

0

     

    困った時の団栗亭に夕食を食べに行ったが、運悪く貸しきりで肩すかしを食らう。

     

    折角湯来の方まで来たので、新しい店を開拓したい。

     

    着の身着のままの格好で出かけたので、気軽に入れる店を探しながら車を走らせた。

     

    然し、和食系の店はなかなか見つからない。

     

    かなり走り回り、やっと手頃な中華料理屋を見つけた。

     

    適当に定食類でも食べれば良いと思って店に入ったが、思った以上に店内は広く、きれいである。

     

     

    メニューを見ると街の中華屋さんのメニューではない。

     

    フカヒレスープや燕の巣のメニューも載っており、高いコースは1万を超えている。

     

    従業員が八宝菜、麻婆豆腐、スペアリブの黒酢煮?の3品がシェフお勧めですと教えてくれたので、とりあえずその3品にチャーハンを加えオーダーした。

     

    八宝菜

     

     

    スペアリブの黒酢煮?

     

     

    チャーハン

     

     

    麻婆豆腐

     

     

    食べる気満々で、デザートもオーダーするつもりであったが、ここまでで止めた。

     

    何故、オーダーすることを止めたのか?

     

    店の対応で、私の料理に対する考えに抵触する2つの出来事があったからである。

     

    以降、私見を述べる。

     

    【1】
    料理を持って来ても、取り皿は要求しないと持って来ない。

    私の考えでは、料理の都度、取り皿を変えることは当然だと思っている。

    折角の料理の味が変わってしまうからである。

    客に対して失礼であるだけでなく、自分が作った料理を自分で冒涜していることにならないか。

    作った料理に誇りを持っているのなら、自ら味を壊してしまうことはしないであろう。

    むしろ、もっともしたくない行為であろう。

     

    【2】

    麻婆豆腐をいつまで経っても持って来ない。

    余りにも遅いので確認すると、案の定オーダーが通っていなかった。

    部屋の外で、従業員があの麻婆豆腐を回収しろという声が聞こえる。

    しばらくして麻婆豆腐を持って来た。

    私が遅かったねと言うと、他の席に持って行っていましたと平気な顔をして言う。

    オーダーを通し忘れること自体、プロとしてはあり得ない行動ではあるが、人間なので忘れることもある。

    然し、間違えて他のテーブルに持って行った料理をそのまま持って来て、尚且つ、そのことを客に平気で言う感覚が私には信じられない。

     

    以上の2つの出来事により、私の食欲は急に失せ、早々に店を出た。

     

    チャーハンを除き、味は良かった。

     

    然し、味が良いだけで美味しい料理と言えるのだろうか。

     

    私は否と考える。

     

    今回、味以前の問題があると感じた。

     

    価格はそんなに高くないし、敷居が高いわけではないが、明らかに普通の街の中華料理屋さんとは異なる店である。

     

    帰宅して、どんな店だったのか調べると、結構な人気店で、ミシュラン掲載店とあった。

     

    ミシュラン店で期待外れの店は多いが、少なくとも一定水準以上のレベルを保っているはずである。

     

    10人10色。

     

    私が感じたことは、単なる一個人の感想でしか過ぎない。

     

    人間は、味の好みが違うし、価値観も異なっているも異なる。

     

    この店、私とは縁の無い店なのだろう。


    コメント
    コメントする