胡町 とみ助

0

     

    最近、広島で行く料理屋がマンネリ化して来た。

     

    どの店が美味しかったったけ?

     

    直ぐ頭の中に名前が浮かんでこない。

     

    妻が病気を患って以来、当分の間、外食を楽しむどころでは無く、料理屋から遠ざかっていたからである。

     

    そこで原点回帰。

     

    昔、使っていた店を思い出しながら廻ることとした。

     

    店の味が変わっているかも知れないし、自分の舌も変わっているかも知れない。

     

    店の味再発見というところである。

     

    まず思いついたのはとみ助。

     

    カウンタのみの小料理屋でこじんまりとした店であるが、魚が新鮮で美味しかった記憶がある。

     

    お通しの合鴨

     

     

    とりあえずの惣菜を注文。

     

    ホッキ貝のサラダ

     


    出汁に浸したオクラ

     


    焼き銀杏

     

     

    カウンターの台に乗った惣菜は昔はもっと種類が多かったが、今は3品のみ。


    昆布ベースの出汁に浸したオクラが美味しい。
    こうして食べると嫌いなオクラも食べることができる。

     

    刺身盛り付け

     

     

    赤貝、よこわ、サワラ、シメサバ、タコ。
    昔と変わらず、新鮮な刺身はで美味しい。


    アジフライ

     

     

    今年はアジフライに凝っていたので注文したが、骨まで食べることが出来るほど、じっくり時間をかけて揚げていた。

     

    メバルの煮付け

     

     

    大きなメバルだったので、二人で一匹で良かった。

     

    焼きガキ

     

     

    私は嫌いのので食べなかったが、妻に聞くと身がプリプリで牡蠣臭さがなく美味しかったそうだ。

     

    ウニ丼

     

     

    とみ助のウニ丼は絶品で大好きであったが、美味しさは健在。


    予め醤油をかけたわさびをウニの上にのせ、その上に卵をのせたスタイルは昔のまま。

     

    昔のとみ助の美味しさは健在であった。

     

    小さな小料理屋はどこでもそうであろうが、食材の数に限りがあるので、店に入り、カウンターに座るとおいてある魚をチェックして、好きな魚もしくはお薦めの魚は確保しておく必要がある。

     

    刺身か焼くか煮るかは、後からゆっくり決めれば良い。

     

    特にウニご飯は何も考えず、シメはウニご飯と伝えておくことが私のこの店の使い方である。

     

    満席で料理も一つ一つ手を抜かないので、出て来るまでに時間がかかる。

     

    女将が遅いことをしきりに気にしていたので、美味しい料理はゆっくり味わって食べるものだから気にしなくていいですよと言っておいた。

     

    大将が休むこと無く、ひたすら料理を作り続けている姿が好ましい。

     

    満席の客の中に3組のご同伴カップルがいた。観察していると面白いが、どの男も間抜け面にみえる。

     

    かつて、私もこのような間抜け面をしていると周りから思われていたと思うと赤面の至りであるが、既に遅しである。

     

     

     


    コメント
    落ち着いた雰囲気のお店で魚料理を堪能できるってていいですね。
    外食に疎いので参考になります。
    最近ウニ嫌いを克服出来たんです。が…新鮮且つ臭みが一切ないウニでないと受け付けない我慢ぶりですが、大丈夫かな(笑)

    >3組のご同伴カップル
    鼻の下が伸びきった殿方でしたか?(笑)
    • mine
    • 2020/01/24 10:40 AM
    mineさん
    コメントありがとうございます。
    しばらくブログから遠ざかっており、お返事が遅くなり申し訳ありません。

    訊いたことはありませんが、とみ助のウニは生ウニだと思います。
    美味しいですよ。
    胡通りなので女性同士でも安全です。(もちろん男性と行かれても大丈夫です)

    ご同伴の男性は、大変女性に優しい方達で、女性が望んだ料理は何でも注文されていました。
    女性は一生懸命、食べていらっしゃいました。

    ただ同伴客の多い店は美味しい店が多いですね。
    H越グループの店を除きますが。
    コメントする