スマホをファーウェイに機種変して思うこと

0

     

    インターネットプロバイダーを変えたことを契機に、無性にスマホを変えたくなった。

     

    それまでのスマホはシャープ製で特に品質面での問題は無かったが、メモリ:2G、内部ストレージ:16Gメモリの容量は少なすぎた。

     

    当時は仕事で使うことがメインの目的出購入したためのため

     

    ・電話が使えること
    ・メールが使える&PCのメールが転送出来ること
    ・スケージュール管理できること
    ・天気予報が見られること
    ・検索機能があること

     

    の機能があれば十分だったので、速さも求めていないし、使用内部ストレージも10G程度あれば十分だったので、特に問題は生じていなかった。

     

    然し、息子達の勧めでラインを始めると、途端に内部ストレージが16Gギリギリになってきた。

     

    それに加え、「みてね」を使い始めると、アプリが残すキャッシュサイズが大きく、絶えずキャッシュクリーンを行わなければならない煩雑さにうんざりして来ていた。

     

    プロバイダーを変えたことを契機に、3台のテレビでAmazonprimevideoを観ることが出来るようにし、プリンターに直接出力する等、一気にスマホ1台で生活を楽しめる環境を構築しようと、メモリ及びストレージの容量を拡大することとした。

     

    私の感覚だと、必要且つ十分なメモリは4G、内部ストレージは64G。

     

    上記条件+コストが安いスマホを探した。

     

    その結果、性能面及び価格面で勝るファーウェイのスマホに機種変することにした。

     

    ファーウェイのスマホには、良くない噂が多く、スパイウェアが仕組まれているので、中国に全情報が筒抜けだとか色々言われているが、確たる証拠は無い。

     

    多くの人がこぞって使っているLINEは韓国企業。

     

    ネットではなくてはならないGAFAはアメリカ企業。

     

    どちらも海外企業で、その国のサーバにデータが入っている。

     

    もちろん共産圏と資本主義圏の相違による差はあるが、基本的には大きなリスクが伴っていることには変わりない。

     

    ネット社会では、その気になってデータを盗もうと思えば簡単に盗めが、盗んでも価値がないデータには目もくれないはずである。

     

    価値のない情報は、ごみと一緒である。

     

    ネットを使う限り、リスクはつきものと考えれば、何もファーウェアだけを恐がる必要は無いと思う。


    そんな事を思うくらいなら、スマホを持たなければ良いと思う。

     

    また日本製でも根本的なリスクは一緒。

     

    盗まれるものは盗まれる。

     

    ましてや、明日、中国資本が入るかも知れないご時世である。

     

    日本のメーカーで販売されているパソコンもほとんど中国製。

     

    色々余計な心配をするより、スマホの使い方を考えた方が良い。

     

    いくら便利だと言っても、私はスマホ決済等、スマホでお金を動かすことは一切しない。

     

    商品を検索することあるが、スマホで買うことはない。

     

    スマホを信用していないからで有る。

     

    銀行口座と紐付けされるキャッシュレス決済等、恐くて到底できない。

     

    人から臆病だと言われるが、そのような考えになったのは、現役最後に手がけた事業がセキュリティ関連事業だったことによるのだろう。

     

    年金生活者に敵無し!

     

    政府関係者なら情報漏洩リスクを考慮する価値が有るかも知れないが、年金生活者の私のリスクは振り込み詐欺のリスクだけで、これは自分で防ぐことが出来る。

     

    巷の噂を気にしなければ、ファーウェアイはやはり優れた製品だと感じる。

     

    使い込むに従って、その思いは強くなる。

     

    あっというまにこれだけの製品を出してくる中国という国は恐い国だとつくづく感じる。

     

    余談であるが、スマホで内部ストレージの事をROMと表現することがある。

     

    ROMは、read onlyなので、writeは出来ない。

     

    read/writeが出来るのに、ROMと称するのはいかがなものか。

     

    初めての情報機器としてスマホを使った人は完全に勘違いするだろう。

     

    どうして、このような事態が生じたのか?

     

    間違った表現が堂々とまかり通っている点を指摘し、直そうとするメーカーはいないのだろうか。

     

    私には理解できない不思議な世界である。


    コメント
    大いに賛同します。
    終戦後に勤勉な国民性が世界の評価を得た日本人の特性は消えたのでしょうか。
    mix等の日本製SNSが有ったにも関わらず、FacebookやTwitterに走った国民性。LINEは東北3.11を見て通じ難さを解消する為に韓国が作ったとか。
    北朝鮮のミサイルをバカにしますが、先陣を切っているハズの種子島ロケットは如何ばかりなのかと疑います。
    呑兵衛あなさん
    最近の日本はおかしいですね。
    企業は将来を見据えた先行投資はせず、目先の利益のための投資だけ。
    何故2番ではだめなのかと言った政治家(とも言えない)方の姿勢が現状を表していると思います。
    北朝鮮はミサイルを現実に飛ばす力を持っているので馬鹿にしてはいけませんね。
    イオンエンジンではミサイルを飛ばせませんし。
    北海道の土地や、傾きかけたホテルや学校等、中国が買い占めているそうですね。
    もっと恐いことに公立の小学校一年に中国語を教えている学校があるとか。
    それを放置するどころか、国会議員連中も安い金で中国に落とされているとか。
    秋本議員もその一人でしょうか。
    IT関連で完全に後れを取り、取り返しのつかない状態になっていることを安部政権は本当に理解できているのでしょうか。
    何の手も打っていないところをみると、現状が全く理解できていないのかもしれません。
    アベノミクスは鎖国時代の言葉に等しいように思えます。
    コメントする