上野 西洋美術館

0

     

    いつもは自分で全てコースを決めて廻る旅行であるが、今回、妻が西洋美術館に行きたいと言うので、久しぶりに行って来た。

     

     

    中に入っても何も覚えていないくらい、久しぶりである。

     

     

    65歳以上は常設展示場が無料であることを初めて知った。

     

    ほとんど受けたことのない高齢者の恩恵にあずかった。

     

    二人とも足腰が痛いので常設展示場だけ廻ったがそれだけでも大変だった。

     

    私は現代技術や彫刻は見てもわからないのでスルーし、キリスト関係の絵画とマネ&モネの絵画のみ見た。

     

    絵心のない私はキリストに関する歴史と印象派しか興味がない。

     

    早く見終えたので、やむを得ず、絵画が好きな妻が廻って来るのを待っていた。

     

    ただ、面白かった絵画は、「不謹慎な殿方」。

     

    絵の解釈には2通り有って、1つは座っている女性の胸元を後ろからのぞき込む殿方、もう1つはラブレターを渡した女性が読んでくれているか気になってのぞき込み殿方。

     

    私の解釈はもちろん後者である。

     

    一通り、見て二人とも疲れ、美術館内にある喫茶へ行ったが、待ち行列が出来ていて、入るのに一苦労。

     

    やっと座って、お茶した。

     

    中庭はうっすら紅葉し、心和む光景である。

     

     

    一段落して外に出ると、きれいな紅葉。

     

     

    美術館の周りは全て黄色。

     

    東京で、食事外に行った場所は、ここと神宮外苑のみなので、端的に言えば、食事と黄色の紅葉を見た旅行であった。

     

    食事しか楽しみのない老夫婦の旅である。

     

    お断り:遅筆のため、本記事は2週間目に行った西洋美術館に関する記事である。


    コメント
    コメントする