チャイニーズダイニング ミユ 銀座 極上ランチタイム限定コース

0

     

    今回の東京旅行は、「土井善晴の美食探訪」で放映され、行ってみたいと思った料理屋を中心に廻ることである。

     

    土井善晴の美食探訪は欠かさず見る番組である。

     

    通常よくあるタレントが店を紹介する番組と違って、真面目に料理を解説してくれるので料理の味が推測できる。

     

    チャイニーズダイニング ミユ 銀座は、女性のオーナーシェフの料理に対する姿勢に興味を持った。

     

    この日は雨降りで、タクシーの運転手さんが親切に店の前まで行ってくれたが、カーナビを頼りに行くので、ビルの横についてしまい、結局濡れてしまった。

     

    最近はタクシーもカーナビを使うので、下手をしたら、遠回りすることがある。

     

    店内は清潔感溢れる空間。

     

    予約した極上ランチタイム限定コース。

     

    前菜

     

     

     

    油揚げシュウマイ

     

    肉、椎茸、干しホタテ等を油揚げで包み、揚げている。
    通常のシュウマイの概念をはるかに超えた中華と和の見事な調和。
    和の出汁がしっかり効いた不思議な味は絶品。

     

    フカヒレスープ

     

    これも和のテイストが入ったスープとフカヒレの食感のコンビネーションが絶妙。

     

    ハマグリ麺

     

     

    この店の売りのラーメンと言っているだけのことはある。
    ハマグリベースのスープにシコシコの細麺。
    一気に引き込まれてしまう味は、これまた絶品。
    ラーメンのスープを全部飲むことは出来ないが、このスープきれいに飲み干した。

     

    デザート
    プアール茶のプリン

     

     

    ちなみに注文したノンアルコール飲料は、酸梅湯のソーダ割り。

     

     

    気の利いたノンアルコール飲料をと、注文して勧めてくれた。

     

    初めて聞く酸梅湯とは、青梅を黒くなるまで燻し、土の中で寝かせたものに山査子や甘草を加えたものと説明してくれた。

     

    食事をしながら飲むすっきり感は、まさに医食同源。


    絶品とばかり表現したが、食べ終えての満足感は言い表しようがない。

     

    これは中華料理と言うより、和をベースとし、中華の味付けをしている料理と感じた。

     

    店長と味談義をしながら食べたが、私が興味を持ったのがわかったのだろう。

     

    オーナーの女性シェフは幡ヶ谷の本店の方に出ていることが多いので、そちらに行かれると、話が弾むと思いますよと教えてくれた。

     

    オーナーがいることを確かめて、幡ヶ谷の方に行って、オーナーシェフの料理観を聞いてみたいものである。

     

    もっと早くこの店を知りたかった。

     

    東京では、この店は絶対に外せない。

     


    コメント
    五十嵐美幸シェフの『美虎』ですね。
    今や、日本で一番有名な女性シェフになられたのではないでしょうか?
    男社会の料理人の世界で、女性というだけでもご苦労があっただろうに、結婚もし出産もし育児もし、経営もし料理もされる、そして成功もされている。素晴らしいワーキングマザー。
    ご本人もふっくらと肉まんタイプだから、美味しそうなものをつくってそうだな、と思っちゃいます。
    いくつかレシピを公表されてるので、ちょっとしたコツをその通りにこしらえたら、美味しい中華ができました。
    もちろん、実際には雲泥の差なのでしょうが。
    • itatchi
    • 2019/12/20 8:24 PM
    ハマグリを使ったラーメン、美味しそうですねー!
    乳白濁のスープが、黒い器に盛られて…映えますね。
    料理って、味も盛り付けもバランス取れてこそ だと思っているので、美味しくても盛り付けが雑だと食欲も沸かないんです…

    神戸や東京旅行前には、美食家Left Aloneさんのブログでお店チェックしていけば間違いないですね!
    • mine
    • 2019/12/21 9:58 AM
    itatchiさん
    コメントありがとうございます。
    さすがに良く御存知ですね。
    しかもチャレンジ精神旺盛ですね。
    私は番組を見て初めて知りました。
    「和」と「中」を見事に調和させた料理は見事の一言でした。
    不思議でもあり美味でもある料理には虜になりそうで、東京では外せない店になりました。
    私が食べたコースは最も安いコースですが、これで十分です。
    mineさん
    コメントありがとうございます。
    今回の旅行では、当たりが多かったのですが、その中でもこのお店は、印象に残る店でした。
    幾ら美味しいと言っても、私は清潔感が漂わない店は入った途端に食欲が落ちるし、従業員の感じが悪いと急に美味しくなくなります。
    器は料理を演出するには不可欠なものだと思いますが、最近、器がきれいでも味が伴わない店が増えたように感じ、とても残念です。
    見た目だけで、ハートが入っていないのでしょうね。
    私の食感、信じてはいけません。
    偏食が多いので、偏りがありすぎます。




    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック