断捨離 客間を寝室へ

0

    断捨離作業を行っていると、色々なことを考える。

     

    客間を整理しながら、最近使ったことがないことに気がついた。

     

    昔の客間は大切な客が来た時の部屋として使い、普段では使わない。

     

    我が家も昔は、この客間が大活躍していた。

     

    然し、現役から離れるに従い、客間に通すような客が来なくなっている。

     

    来る客は気のおけない客ばかりで、ダイニングルームで事足りる。

     

    私の家は古い家なので、家の中で客間がもっとも上等な部屋であるにもかかわらず、全く使っていない。

     

    こんなもったいない部屋の使い方はどうなのだろうかと疑問に思った。

     

    部屋を生かした使い方はないのだろうかと、色々考えた末、思いついたのが私の寝室にすることである。

     

    私の基本的な考えは、夫婦別寝室である。

     

    昔は同じ寝室であったが、寝室を飛び出した。

     

    同じ部屋だと、夜中目が覚めても音を立てないようにしないといけないとか、どうしても気を使う部分がある。

     

    例え夫婦でも寝るときは、お互い、部屋で自由に過ごしたい。

     

    自分の部屋が片付いたら、寝室にしようと思いながらも、なかなか部屋が片付かず、ズルズルとリビングルームで、せんべい布団で、仮に寝る状態がずっと続いていた。

     

    自分の部屋には仕事関係の書類がたくさんあり、機密上の問題があるので、一律に捨てることが出来ず、いちいち吟味するだけで時間がかかるし、シュレッダーにかける作業も結構大変な作業である。

     

    家の中で床の間付きの最も良い部屋を寝室にするとは、我ながら良いことを思いついたものだ。

     

    終の寝室を決めたので、やっと新たにベッドを購入。

     

     

    疲れたら時間を気にすることもなく、ごろんとベッドに横になったり、自由気ままな家での過ごし方は快適そのものである。

     

    それにしても何故、こんな単純なことに気がつかなかったのだろうか?

     

    仕事から解き放たれ自由な身になっても、まだ仕事感覚が抜けず、客室は大切な客のための部屋で、普段使いする部屋では無いと言う固定観念から抜け出すことが出来ずにいたためだろうと思う。

     

    客間を寝室にすることで、精神面でも自由に解き放たれた気がする。

     

    断捨離はまさに不要なものを捨てることでは無く、今までの生活スタイルから、余生を快適に過ごす生活スタイルに変えることだとつくづく感じる。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック