休暇村瀬戸内東予 「瀬戸内魚介の夏会席」

0

    吹揚神社お礼参り旅行では、気軽に行け然もお気に入りの休暇村瀬戸内東予で一泊。

     

    小高い丘の上に建ち、部屋から見下ろす瀬戸内の光景は素晴らしい。

     

     

    然も料理が安くて美味しい。

     

    下手な旅館よりはるかに良い。

     

    料理のスタンダードプランはバイキングであるが、こちらはそれなりの味なので、「瀬戸内魚介の夏会席」プランにした。

     

    このプランの売りは、アコウとシマダイ。

     

    トマトとシマアジのカルパッチョ&ナスの揚げ浸し

     

     

    刺身(アコウ、シマアジ、活きタコ、キス、カンパチ、サザエ)

     

     

    アコウ煮付け

     

     

    伊予牛鉄板焼き

     

     

    キスの梅肉揚げ

     

     

    伊予さつま汁

     

     

    フルーツ

     


     

    とにかく魚が美味しく、刺身は新鮮そのもの。

     

    醤油や塩が要らないくらい、素材の味だけで美味しい。

     

    カルパッチョは余り好きではないが、新鮮なシマアジのお陰で美味しく頂いた。

     

    アコウ煮付けは味付けが好みと若干異なり、折角のアコウが少々もったいない感じであった。

     

    キスの梅肉揚げも活きの良いキスだったので、シンプルな味が好きな私は揚げてくれるだけで良かった。

     

    伊予さつま汁は名物の郷土料理であるが、残念ながら苦手な料理で食べることが出来なかった。

     

    この休暇村瀬戸内東予は美味しい魚を食べに、一泊で気軽に行けるところである。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック