友達とカープの新しい監督とコーチを考えたが...

0

    高校時代の友達とカープ残念会をした。

     

    話題になったのは、来季の監督とコーチ。

     

    球団は、カープOBから選出すると表明したが、我々の意見ではこれを機会に外部から招聘するのが良いと意見が一致した。

     

    今年のカープの試合を見ると、マンネリ化して、陰りが見えている。

     

    監督が辞めたことを契機に新風を吹き込むべきだろう。

     

    泥沼に陥る前にで変革を行うべきである。

     

    内部昇格であると、従来の延長線上でしか、捉えることが出来ないので、代わり映えしないであろう。

     

    停滞した企業が社外から経営者を引っ張って来るように、監督は外部招聘すべきだという論理である。

     

    それではどういう布陣が良いか、勝手に考えた。

     

    その結果

    監督:古田
    バッティングコーチ:石井
    ピッチングコーチ:黒田
    守備走塁コーチ:河田

    という結論に達した。

     

    然し、今日のニュースで佐々岡が監督になりそうである。

     

    我々の伯仲した議論の結果も一夜の夢に終わりそうである。

     

    それにしても、緒方は賢い選択をした。

     

    恐らく、来期以降が見えていたのであろう。

     

    今なら、キャリアに傷がつくことなく、然も惜しまれて辞めることが出来る。

     

    監督もさることながら、凝り固まった考えしか持てない首脳陣を変えて欲しい。

     

    野球をろくに知らない素人評論家の戯言でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック