千葉の豪雨災害と安倍内閣組閣人事に思うこと

0

    千葉豪雨災害による停電は、一週間以上経った今もまだ全面復旧に至っていない。

     

    ニュースから得る情報から私なりに感じたことを記述する。

     

    9/8〜9/9にかけての台風15号による千葉の豪雨災害は悲惨な状況を招いている。

     

    ニュースでは、悲惨な状況を入れ替わり立ち替わり伝えていたが、その間、行政の動きが見えなかった。

     

    最近の政府は、多少はリスクマネジメントが出来るようになり、以前と比べ初動も早くなって来たが、今回は動きが遅いと感じた。

     

    そう感じている頃、9/11に安倍内閣改造人事が発表された。

     

    選ばれた各大臣の嬉しそうな顔やインタビューに答えるニュースが飛び交う。

     

    私はこの光景を奇異に感じ、千葉の災害対応の遅れがわかったような気がした。

     

    私の偏見かも知れないが、政府は災害対策より改造人事の方が優先事項だったのではないだろうか。

     

    かつて小渕第2次改造内閣組閣時、ちょうど組閣当日に東海村原子力事故が起きた。

     

    小渕総理は、組閣時期を4日ずらせ、事故対策本部を立ち上げて事故対応した。

     

    当時も対応が遅いとか色々批判されたが、少なくとも組閣より事故対応を優先させた判断は、現在の安倍内閣よりはるかに適切な判断をしたと思う。

     

    事故対応を優先しなければならないところ、改造人事を優先した政治センスを疑う。

     

    マスコミはよってたかって東電を非難するが、初動対応が遅れた行政に問題はなかったのか?

     

    停電復旧判断ミスをした東電に問題があることは確かであるが、初動が遅れた行政が東電だけを責める資格があるのだろうか。

     

    3.11事故以来、東電は嫌いであるが、東電だけを責めるのはおかしい。

     

    名前は忘れたが、新任大臣がマスコミの質問に対し、一生懸命カンペーを探しても回答が見つからず、「まだ前任者との引き継ぎが終わっていないので、お答えできません」といった趣旨の回答をしていた。

     

    恐らく答弁に詰まったら、最後の手段として、引き継ぎできていないと言えと教わって来たのだろう。

     

    新任大臣の答弁を疑ったが,全く同じことが言えて一刻も争う災害対策を講じなければならない大事な時期に、改造人事を行う事で、復興庁をはじめとした関連行政が機能せず、対応が遅れたことは間違いないと思う。

     

    大げさに言えば、安倍内閣は被害に遭われた国民より、自分の政治的なエゴを優先させたと感じた。

     

    私は基本的にはニュートラルな考えを持っていると思うが、今回の安倍内閣の対応には怒りを感じる。

     

    最近、災害対策と称してのこのこ出て来ているが、私には白けた思いでみている。

     

    断片的な情報しか入手出来ないので、必ずしも現状を正しく表現しているかは、わからないが、私が受けた正直な感想である。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック