ショック! 大成軒の経営者が変わった

0

     

    妻を定期検診に連れて行った孵り、久しぶりに大成軒に行った。

     

    この店のお気に入りの酢豚定食を注文。

     

    然し、いつもの大将がおらず、従業員も変わっている。

     

    注文した酢豚定食が来る。

     

     

    内容が今までと違っている。

     

    ワンプレートに酢豚、ご飯、サラダを盛っていたものが、それぞれお皿に盛られている。

     

    それに加え、鶏の唐揚げ、デザートの杏仁豆腐が付いている。

     

    酢豚そのものはなかなか美味しいと思ったが、何か物足りなさを感じた。

     

    明らかに経営者が変わっている。

     

    厨房の中の料理人は日本語が話せないようで、客相手をしている女性が通訳も兼ねているようである。

     

    大成軒が気に入っていた理由は味もさることながら、大将の暖かい人柄にある。

     

    妻が入院中、知った店である。

     

    入院中は、毎日、病院に通い、病室で一緒に夕食を取っていた。

     

    沈んでいる妻の気持ちを少しでも明るくさせてやりたいと思ったからである。

     

    最初はそごう、福屋、三越のデパ地下で弁当を買っていたが、自分の好みは限られているので、買うものは何種類かに固定されてしまう。

     

    少し変化をつけたいと思い、病院の近くを探し、見つけたのが大成軒である。

     

    この店では作った料理をテークアウトできた。

     

    最初に食べた酢豚弁当は、デパ地下の冷たい弁当に比べ、作りたての暖かい酢豚、ご飯は、とても美味しく感じた。

     

    妻は病を患って以来、随分辛い思いをしている。

     

    同時に側にいながら、何もしてやれない私も辛い思いをしている。

     

    一緒に食事をしていても、時には沈んでいる妻を見ると、私もいたたまれなくなる。

     

    そういう日々の中で、大成軒の大将の暖かい気持ち・言葉に随分救われた。

     

    退院して、病状も改善し、定期検診の帰りに妻を大成軒に連れて行った。

     

    しばらく行かなかったので、心配してくれており、「ずっと病院に来なくてもよいくらい、病状が回復し、病院に行く回数が減ったので、ここに来る機会がなかった。」と言うと、「良かったですね。しばらく来られないので心配していたんですよ。何と言っても来なくてすむことが一番、いつまでもこの店に来るようではいけません。」と言ってくれた。

     

    それまで特に酢豚が好きなわけではなかったが、大成軒の酢豚を食べて以来、好きになったのは、大成軒の大将の暖かさが酢豚好きにしたのだと、しみじみ感じた。

     

    料理は、単なる食材、味付けや盛り付けだけではない。

     

    もっとも大事なのは作る人のハートだ。

     

    今でも病院に行くと、当時のことを思い出し、憂鬱な気分になる。

     

    やむを得ないことであるが、そうした時、気分を明るくさせてくれる大将がいなくなり、ショック。

     

    何か大事なものを失った気分である。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック