calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

やっと全員集合 そろい踏み

0

     

    池で飼っている5匹のカメが春の訪れとともに、徐々に冬眠から覚め、4月初旬に5匹全員が目覚めた。

     

    それから暖かくなるに連れ、甲羅干し台に上がる時間が長くなって来たが、誰か1匹が欠けていて、なかなか5匹揃わなかった。

     

    先日、やっと5匹全員、甲羅干し台に集まった。

     

     

    3月半ばから、今年も全員冬眠から目覚めるか心配でたまらない。

     

    今年も全員揃い、一安心である。

     

    一言でカメと言っても、それぞれ違う。

     

    そのため、餌も価格に応じて、松・竹・梅の3種類用意している。

     

    もっとも大きいヌッシーは、近くの川の産で、大きな口で、どんな餌でも食べる。

     

    近くに住む次男もカメを飼っているが、近くの川から捕獲して来てくれた。

     

    6月、池から出てお産をするが、残念ながら卵は孵らない。

     

    お産をした後、ウミガメと同じように、きちんと整地して池に戻って行く。

     

    この姿は感動的である。

     

    次に大きいハギーは萩産である。

     

    昨年、萩旅行した際、あじろで夕食を食べた後、ちょっと車を走らせていたところ、道路をノコノコ歩いていたところを保護して、家まで連れて帰った。

     

    に連れて帰るのは大変であった。

     

    カメを入れる容器を探し求めて、数軒店を回りやっとみつけたが、帰りの車の中で臭いうんちをし、その匂いとともに連れ帰った。

     

    このハギーもたくましく、どの餌でも食べる。

     

    次に大きいドロシーは近くの溝で見つけた。

     

    捕獲したときは、小さかったが、食欲旺盛でモリモリ食べたせいか、見違える程大きくなった。

     

    餌をやろうと池に近づくと、池を登らんばかりに餌を求めて来る。

     

    どうも誰かに買われていた可能性があり、餌は、松・竹は食べるが最も安い竹は食べない。

     

    2番目に小さいジャッキーは、東京からやって来たシティーボーイである。

     

    東京に住んでいる長男もカメを飼っているが、飼っているカメのうち、1匹を送ってくれた。

     

    飛行機にも乗っているお坊ちゃまである。

     

    このシティーボーイは、お育ちが良いので、高級な松しか食べない。

     

    最も小さいナナシーは、近くの川の産で、次男が捕獲して来てくれた。

     

    このナナシーは小さい割には、行動範囲が広く、半年近く行方不明になっていた。

     

    どこに住んでいたのかわからないが、ある日突然戻って来た。

     

    今年は今のところ、落ち着いて過ごしているが、いつ気が変わるかわからない。

     

    餌は、松と竹しか食べない。

     

    梅が最も粒が大きいので、食べられないのだと思う。

     

    私と二人の息子は、次の冬眠の時期が来るまで、カメの世話に忙しい日が続く。


    コメント
    亀を5匹も飼っておられるとはお見事!
    それも別々の所から引き取られたとは恐れ入ります。

    当方も以前の住居で2匹居りましたが、引っ越しの際に小学校へお願いしました。
    みな可愛いですね。
    いや〜〜、カメ記事、面白いです(笑)
    僕も子どもの頃、飼ってましたよ。
    今でも実家の裏の川はクサガメ、スッポンがウヤウヤ。
    カメって慣れるんですよね〜。

    • 晴れ
    • 2019/04/29 8:47 PM
    甘んさん
    コメントありがとうございます。
    庭の池でカメを飼おうと思った当初、逃げるのではないかとためらいがありました。
    残念ながら、逃げたカメもいますが、いずれも野生のカメなので、逃げても立派に生きてくれていると思います。
    5匹のカメは池に慣れたようで、今年冬眠から覚めて以来、おとなしくしてくれています。
    動きが可愛くて、ずっと見ていても飽きません。
    年寄りの楽しみの一つです。
    晴れさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよ。
    人に慣れると言うより、場所に慣れるという感じですね。
    カメが賢いと思うのは、餌をやるときはちゃぽんと甲羅干し台から降りて、餌を要求して来ます。
    浮き餌を食べる仕草が可愛くて。
    ところで、スッポンがいるんですか。
    最近、イシガメがいなくなったのが残念です。
    スッポンもいるのですか。
    実家の川の上流にスッポンの養殖場があるんです。
    そこから逃げ出すんですかね。。。
    小学生のころ土師ダム周辺で鯉釣りをしてたら、スッポンが釣れるんですよ。
    もう、どうしていいか分からずパニックですよ(笑)
    • 晴れ
    • 2019/04/30 8:08 PM
    晴れさん
    再びのコメントありがとうございます。
    連休中、ブログをサボっていて返事が遅くなりすみません。

    養殖場のスッポンなら、食べることが出来たかも知れませんね。
    晴れさんの腕なら、スッポンも料理出来そうですから。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック