calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

紫野源水 「有平糖 さくら」

0

     

    随分前にテレビで知った紫野源水の「有平糖 さくら」。

     

    最初に見たとき、きれいなガラス細工だと思った。

     

    然し、れっきとした飴なのである。

     

    その時、妻が一度は買ってみたいと言っていた。

     

    京都旅行に出かける前、そのことを思い出し、紫野源水に電話した。

     

    「有平糖 さくら」は今の時期しか発売していないことがわかる。

     

    事前予約すれば購入出来ると聞き、即、予約し、買って来た。

     

    透明感のある繊細なガラス細工のようで、とても飴とは思えない。

     

     

    飴もここまでになると芸術品と言っても過言ではないと思う。

     

    こんな美しいものを食べるには相当の勇気がいる。

     

    店の方に聞いたところによると、2ヶ月くらい経つと、砂糖化?して来て、白く濁って来るようである。

     

    白く濁ってくれば、食べようという気になるかも知れない。

     

    説明書きによると、有平糖は飴ではなく、南蛮菓子として渡来した砂糖菓子と記述されている。

     

     

    砂糖菓子という表現と飴という表現とでは、随分受けるニュアンスが違う。

     

    この有平糖は、茶会の茶うけとして引き継がれて来ているのだろう。

     

    日本の菓子職人の技術の素晴らしさを再認識させる砂糖菓子である。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック