にぎり長治郎 寿司御膳 彩

0

     

    神戸と京都は近く、高速を使えば1時間程度で行くことが出来る。

     

    観光が目的ではないので、神戸から京都へはのんびり行こうと一般道路を走った。

     

    適当な店で昼食を食べて時間をつぶせば、ちょうどホテルのチェックイン時間を過ぎた頃、到着できる。


    確か前回の神戸・京都旅行の時も同じようにした。

     

    然し、前回は店の選択を誤って失敗したので、今回は少し慎重に店を探した。

     

    慎重に探すと言っても、車を走らせながらなので、所詮は直感で飛び込んだ店ということになる。

     

    今回飛び込んだ店は、「にぎり長治郎」という開店寿司店である。

     

    外からみた店の雰囲気が清潔そうだったことと、駐車スペースが広かったことが決め手となった。

     

    寿司はお腹にいくらでも入るので、いつも食べ過ぎてしまう。

     

    夜はフレンチを予約しているので、ここは控えめにとランチを注文した。

     

    ランチ「彩」

     

     

    今回は当たりであった。

     

    特に茶碗蒸しは少量であったが、たくさんの具が入った美味しい茶碗蒸しであった。

     

    面白いと思ったのは、アナゴではなく、ウナギだったこと。ウナギのネタもあるが、通常デフォルトはアナゴだと思っていた。

     

    然し、ウナギのようにくどくなく、むしろアナゴに近いあっさり味であった。

     

    この味なら朝でも食べられると思い、明日の朝食用に太巻きをテークアウトした。

     

    この太巻きもアナゴではなく、ウナギだった。

     

    ウナギを使うのはこの店の特徴なのかだろうか。

     

    後で、ネットで調べると「にぎり長治郎」という回転寿司屋は、ちょっと高級な回転寿司屋だそうで、近畿地方を中心に手広くチェーン店展開している。

     

    そのうち、広島にも進出して来るかも知れない。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック