飲んだ後に食べたい「シメグルメ」

0

     

    テレビで紹介していた飲んだ後に食べたい「シメグルメ」の2019年ベスト5。

     

    1位:アイスクリーム
    2位:ラーメン
    3位:お茶漬け
    4位:コーヒー・紅茶
    5位:ケーキ

     

    1位がアイスクリームとは意外であった。

     

    理由は飲んだ後、さっぱりとして気持ちいいということだ言っていたが、私の頭の中では、ラーメンがダントツ1位であることは揺るぎないことだと思っていた。

     

    ちなみに、2016年の順位は以下の通り。

    1位:ラーメン
    2位:お茶漬け
    3位:パフェ
    4位:うどん
    5位:おにぎり

     

     

    2016年のデータには違和感はない。

     

    飲みに出ていた若い頃の自分のことを思い出してみる。

     

    シメは絶対にラーメンであった。

     

    お腹が空いていなくても、飲んだ後はラーメンを食べて帰らないと気持ち的に収まりがつかなかった。

     

    しかも帰宅して、お茶漬けも食べていたので、これらが1位、2位を占めていて当然という思いである。

     

    3位のパフェも、部下との飲みで女の子もいるときは、食事後、みんなでパフェを食べに行き、その後、飲みに行っていた。

     

    うどん、おにぎりも何となくわかる。

     

    それに引き換え、2019年のデータは、新たにアイスクリーム、コーヒー・紅茶、ケーキがベスト5に入っていることには大きな違和感を感じる。

     

    私がよく飲みに出ていたのはかなり昔で、それから2016年までは余り変化がない。

     

    2019年までの3年間で大きく変わったと言える。

     

    何がそうさせているのかわからないが、飲んだ後のシメグルメにも、変化の波が押し寄せていることを痛感した。

     

    全く関係ないことであるが、昔イギリス人の友達と飲みに出ると、彼のシメは、必ずミスタードーナツであることを思い出した。

     

    大げさに言えば、食文化の変化なのだろうか?


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック