calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

日本橋 ジョージジェンセン東京本店

0

     

    メザニーンで夕食した日、早めに出かけて日本橋三越へ行った。

     

    改装されてかなり変わったと聞いていたので、どのように変わったか見たかったからである。

     

    一通り見た後、三越の近くにあるメザニーンの場所を確認し、YUITOの地下一階にあるタリーズで一休憩。

     

    客のほとんどがパソコンを前に、商談をしている。

     

    かつては、同じようにあくせくしてしていたが、今の生活は何と優雅なことか。

     

    タリーズを出て、妻がジョージジェンセンの店内を見ようと言う。

     

    気がつかなかったが、確かに同じYUITOの一階にジョージジェンセン東京本店がある。

     

     

    女性は、こういうことには、異常に鼻がきく。

     

    食事までの時間つぶしに目の保養をして来ようと、店内に入る。

     

    たまたま、その日の妻がつけていたアクセサリーが、ジョージジェンセンのネックレスとイヤリングだったので、入ってみようという気になったのだろう。

     

    陳列されている商品を楽しんで見ていたが、ブレスレットに目がとまった。

     

     

    旅行するとき、妻はオシャレと実用を兼ねて、ブレスレット代わりになる腕時計をつけるが、今回は普通にブレスレットをしている。

     

    旅行前、オーバーホールに出したところ、一部部品(裏蓋を止める小さなネジだけなのであるが)が、壊れており、製造元のスイスに直接修理に出す必要があるので、直って来るまで、少なくとも半年以上の時間を下さいと言われ、まだ戻って来ていなかったからである。

     

    そのことが私の頭の中にあったこともあり、ブレスレットが目にとまったのだろう。

     

    今回つけているブレスレットと一緒につけるととてもよく似合い、全体が引き立つ。

     

    なかなか良いじゃないかと思い、つい買ってしまった。

     

    衝動買いではあるが、妻がその日ジョージジェンセンのアクセサリーをつけておらず、腕時計をしていたら、恐らく買ってはいなかっただろう。

     

    衝動買いは、偶然に偶然が重なったことで、招いた結果ということもあるのだろうと思った。

     

    いずれにしても、妻は大喜びであったが、私にも収穫があった。

     

    将来、杖が必要となった時の杖代わりになるステッキをみつけたのである。

     

    サラマンダーのデザインのシルバーの取っ手、目にグリーアゲートを埋め込み、本体はクルミの木。

     

    ジョージジェンセンならではの商品である。(写真はジョージジェンセンのHPより借用)

     

     

    女性の杖は、オシャレかつ豪華なものが豊富にあるが、男の杖は種類も少なくオシャレなものがないと日頃から不満に思っていた。

     

    私が、今自分には杖が必要な状態だと思っていたら、きっと、このステッキを衝動買いしていただろう。

     

    ちょっと大げさかも知れないが、衝動買いと人間の深層心理とは何らかの関係がありそうだ。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック