calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

外国人労働者が逃げたくなる居酒屋

0

     

    ブログを余り書かないため、またしばらく昨年の東京の話題を書くことをご容赦願う。

     

    広島に帰る前の日は、荷物の帰り支度などがあるため、夕食はホテルの近くで済ませることにした。

     

    高知の郷土料理を出す居酒屋が面白そうで、そこで夕食を取ることにした。

     

    売りのわら焼きの大きな炎が上がる。

     

     

    あん肝

     

     

    どろめ

     

     

    かつをの塩たたき

     

     

    イモ天

     

     

    地魚のじゃこ天

     

     

    きびなごケンピ

     

     

    牛タンの藁焼き

     

     

    アイスクリン

     

     

    居酒屋チェーン店にしては、珍しいメニューが多く、味も良かったが、途中で気分を害し食欲を無くしてしまった。

     

    厨房にいる数人のベトナム人の従業員がおしゃべりひとつせず黙々と働いている。

     

    外国人労働者のことが色々取り沙汰されているなか、すごくよく働くベトナム人だと感心して見ていた。

     

    ところが、奥にいる唯一の日本人男性だけ、椅子に座ってスマホで遊んでいる。

     

    流行っているのか店の中は混んでいる。

     

    忙しく料理を運んでいる女性に、スマホで遊んでいる男性は店長かと訊くと、料理長ですという返事。

     

    居酒屋チェーンなので、味付けした料理の冷凍を各店に配り、店では焼く、煮るくらいのことしかしていないはずなので、通常の飲食店の料理長がするような作業は無いと思う。

     

    恐らく、厨房内の管理者という位置付けだろう。

     

    その管理者が一番さぼっているとは信じがたいことである。

     

    これでは、一生懸命、真面目に働いているベトナム人が可愛そうでたまらない。

     

    まだ食べてみたい料理があったが、この光景を目の当たりにして、食べる気がしなくなり、大好きなアイスクリンを食べ、店を後にした。

     

    支払いをするとき、店長に、「あの料理長を鍛え直さないと、真面目なベトナム人に逃げられてしまうよ」と、つい、余計な一言を言ってしまう。

     

    外国人の雇用を積極的に進めようとしている現在、雇用側も実態を正確に把握し、金銭面だけではなく、環境や体制を整備して対応しないと、まともな外国人の雇用は思うようには進まないだろうと痛切に感じさせられた居酒屋であった。

     

    面白い料理、味も良し、価格もリーズナブル、そんな店だけに残念である。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック