calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

居心地の良いホテルとは

0

     

    5年ぶりに泊まったホテルにチェックインした際、フロントマンは新しい顔ばかりであった。

     

    5年も経つと、さすがに昔のフロントマンはいなくなったのだろう。

     

    と思っていたが、宿泊して2日目の夜、ホテルに戻ると懐かしい顔がフロントに。

     

    思わず、「久しぶりだね」と声をかける。

     

    相手も、すかさず、「○○様、お久しぶりです」と返事を返す。

     

    顔を見るなり、スムーズに私の名前が口から発せられたのには、驚いた。

     

    万が一、覚えていたとしても5年も経って、顔と名前を一致させるとは素晴らしい。

     

    翌日から、部屋に日経新聞が入るようになった。

     

    これも以前、宿泊していたとき、日経新聞を入れてもらっていたことを覚えているのだろう。


    元々、このホテルは交通の便利さだけ無く、フロントマンの躾の良さとアットホームな雰囲気が気に入って使っていたホテルである。

     

    昔の良き風土が今も守られていると、改めて老舗ホテルの良さを感じさせる。

     

    最近ホテルは昔と異なり、いったんチェックインすると、ICチップ埋め込みのカードを持ち歩いて、自由に出入りでき、一々フロントを経由する必要がない。

     

    聞きたいことがあれば、コンシェルジェが対応してくれるので、フロントマンと話す機会はほとんどない。

     

    実際には、私もホテルは泊まるだけの用途で使っている。

     

    宿泊時、食事はつけず、好きな時間に好きな店に行って食べることにしている。

     

    寝るとき、「起こさないで」というカードをドアノブにかけ、出かける時、「掃除してね」というカードに切り替える。

     

    ホテルに宿泊するときは誰にも邪魔されず、自由気ままなスタイルを優先しているが、今回のような心配りをされると、ついほろりとなって、このような昔スタイルを残しているホテルもいいなと思ってしまう。

     

    結局、どちらが居心地の良いホテルと言えるのだろうか。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック