calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

老後の趣味候補「ボーカル」にチャレンジ

0

     

    前回、老後の趣味について書いたが、早速「ボーカル」にチャレンジすることとした。

     

    ミーハーの私は神戸のジャズライブで、ドラムスのかっこよさに惹かれ、県民の森でサックス生演奏のかっこよさに惹かれ、どちらかのレッスンを受けたいと島村楽器に行ったことがある。

     

    然し、右と左を独立に扱う技術の無い私にはドラムスは無理、サックスは前歯が傷むと聞き、この年になって大事な歯が欠けては困るので、これも無理と判明。

     

    どちらも不向きなようで、どうしようかと考えていた矢先のことである。

     

    同業の方と飲みに出かけ、二次会にピアノ生カラオケに誘われた。

     

    歌は下手でも好奇心旺盛な私は、一緒に行くことにした。

     

    その店では、ママが即興で弾くピアノをバックに気持ちよくカラオケを歌った。

     

    驚いたことは、帰りにお土産ですと言って、私が歌った歌を録音したCDをくれたことである。

     

    帰宅して、CDを聞いてがっくり。

     

    下手だとは自覚していたが、その下手さが露骨に出ているだけでなく、声が細くなっていることにショックを受けた。

     

    カラオケのある店は、うるさいだけでなく、知らない客の歌でもお愛想で手を叩かなければならない。

     

    そんな面倒なことをするくらいなら、店の女の子と他愛ない話をした方が楽しい時間が過ごせるので、お付き合い以外は、カラオケのない店に行っている。

     

    お付き合いが少なくなり歌う機会が減ったせいか、声が細くなっているのだろう。

     

    声に張りがなくなるのは年寄りの兆し。

     

    それで思いついたのが、ボーカルレッスンを受けることである。

     

    カラオケ教室に行くと、バイブレーションとか歌い方の技巧しか教えない。

     

    技巧に走ったカラオケ独特の歌い方は私の好みに合わない。

     

    その点、ボーカルレッスンは、発声法の基礎から教えてくれる。

     

    お腹から出す発声法を学ぶことで、声帯が細くなることを防げるだろうし、呼吸法もマスターできるだろう。

     

    島村楽器に行き、ボーカルの無料体験レッスンを受け、自分に取って有益と判断したので、来年1月から、ボーカルレッスンを受けることにした。

    「少年老い易く学成り難し」なんて悠長なことを言っておられない。

     

    私には残りの時間が少なく、明日という一日が大事なのである。

     

    決めたら、即実行、ダメだったら、即辞める。

     

    この精神で色々チャレンジして行かないと、何も出来ないまま終わりそうで、耐えられそうにない。


    コメント
    ボーカルレッスンが受けられるとは街中ですね〜
    当地ではありません。
    私も妻からボケ防止にカラオケボックス行きを奨められているのですが、なかなか気が進みません。
    でも、間質性肺炎の患者としては呼吸方を整るという意味とディサービス代わりに良いかもと思っています。
    喉を鍛えれば誤嚥防止にもなります。
    呑兵衛あなさん
    広島という地方都市ではありますが、小規模ながら一通りのものは揃っています。
    声を出すということは、とても良いことのようです。
    私もカラオケボックスは好きではありませんが、ボーカルレッスンをきっかけにカラオケボックスにも行ってみようと思っています。
    レッスンを受けられなくても、試しにカラオケに行かれてみてはどうでしょうか。
    広島ブログを通じてお世話になっておりますが、初めてコメントさせていただきます。
    ボーカルレッスン、素敵ですね!
    わが家の子どもたちは上の子は軽音楽部でバンドを組んでいてドラム担当、下の子は吹奏楽部でアルトサックスを吹いています。
    音楽一家だと思われることが多く、「お母さんは何の楽器ができるの?」とよく尋ねられますが、何もできません…。
    音楽を聴くのは大好きですし、今は2人の活動を追いかけるのが楽しみなのですが、私も何かできるようになりたいです。
    mihomeloさん
    コメントありがとうございます。
    私は音符も読めず、音感もまるでないので、何かやりたいと思ったものの選択肢はボーカルしかありませんでした。
    ドラムとアルトサックスですか。
    私がやりたいと思っていたことを子供さんがやっていらっしゃるわけですね。
    羨ましい限りです。
    将来、家族でバンドを組んでボーカルたんとうされたら、楽しめると思いますが、いかがでしょうか。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック