calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

シュトレン

0

     

    クリスマスまで、約一ヶ月半あるが、コストコはクリスマスムード満載。

     

    そんな中、先週シュトレンを見つけ、買って来た。

     

     

    クリスマスには関係ない私であるが、子供時代のサンタクロースの楽しい思いでのせいか、妙にウキウキする。

     

    実は私に取って、シュトレンは美味しい食べ物ではないが、クリスマスの雰囲気を味わいたくて食べている感があり、ささやかなこだわりのようなものである。

     

    ドイツ出張時、当然のことながら、毎日のようにパンを食べたが、固くて粉っぽいという印象しか残っていない。

     

    シュトレンについては、クリスマスの時期に食べるドイツの菓子パンという程度の知識しかなかったので、そう言えば、何故、クリスマスに食べるのだろうかと疑問に感じ、調べた。

     

    ドイツでは、キリストの誕生を待つ4週間の待降節(アドベント)の期間、少しずつ切って食べるもののようだ。

     

    シュトレンの語源は、固いパンに粉砂糖をまぶしたゴツゴツした形が、おくるみに包まれたイエス・キリストを模したとか、断面が似ていることからドイツ語で坑道を意味する「シュトレン」になった、などと諸説あるようだ。

     

    私は今まで、シュトーレンと言っていたが、正確にはシュトレンが正しいようである。

     

    スペルを調べると、「Stollen」なので、やはりシュトレンが正しい呼び方である。

     

    いずれにしても、厳かな食べ物のようで、私のように浮かれて食べていると、ドイツ人に叱られそうであるが、私は月並みな日本人。

     

    クリスマスの時期になると、赤と緑の色の組み合わせを見るとウキウキする気持ちでシュトレンの味を楽しもう。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック