calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

豊作の柿で発見したこと

0

     

    我が家の庭の柿は、豊作と不作の年が一年交替である。

     

    柿の木全体がそういった性質を持っているのか、我が家だけ特別なのかはわからない。

     

    今年は、豊作の年であったが、今までの中で最も豊作の年であった。

     

    異常と言っても良いほどである。

     

    裏庭に植えているので、そんなに大きな木ではないが、今年は取っても取ってもなくならないほどで、まだ残っている。

     

     

    ご近所、友人と思いつく人達に、取れた柿を持っていっても、まだまだ残っている。

     

    取り切れないほどの柿の実がなり、2点気付いたことがある。

     

    1点目は、柿の実が食べ頃になると、毎日、スズメが来て、柿の実をついばんでいたが、ある時期からぱったり来なくなったことである。

     

    急に来なくなったのには、それなりの理由があるのだろうが、全くわからない。

     

    それで、被害を被らない柿の実は、減ることも無くずっと木に残っている。

     

    2点目は、残った柿を放置しておいても、ある時期から急に熟れるスピードが鈍り、写真の柿もかなり長い間、取らずにおいているが、これ以上熟さない。

     

    このような柿を取って食べると、熟れていないので実は固いが、甘みは増している。

     

    この理由もわからない。

     

    いずれも私に取っては、新発見である。

     

    我が家の柿は、特に手入れをするわけでもなく、肥料や水をやるわけでもないのに、自然に打ち勝って、大量の実をつけてくれるけなげな柿である。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック