calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

腕時計 ポールゲルバー

0

     

    ポールゲルバーというスイスの時計職人がいる。

     

    その人が立ち上げた時計のブランド名がポールゲルバーである。

     

    2つのローターを備えたユニークなモデル、レトロツインで特許を取得している。

     

    年に50本程度しか生産しないと聞いた。

     

    私はポールゲルバーのRetro Twinに一目惚れし購入して、10年近く経つ。

     


    このRetro Twinは、レトログラードムーブメントにプラチナ製のツインローターを備えたイエローゴールドモデルである。

     

     

    然し、広島ではポールゲルバーという腕時計を知っている人はほとんどおらず、持っている人も少ないであろう。

     

    人が持っていないものやレアものを持つ喜びがある男は多い。

     

    私もその中の一人で、この時計には愛着以上のものがあるが、端的に言えば、人が余り持っていない時計を持っているという男のつまらないこだわりもある。

     

    そのポールゲルバーの時計を三越の催し場で、特別販売しているという。

     

    ポールゲルバーに深い思い入れのある私は、当然見に行った。

     

    陳列してある時計は、ポルシェモデルと香蘭社モデルの2種類であった。

     

    ポルシェモデルは、ポルシェとのコラボでポルシェ愛好者用に作られた時計。

     

    香蘭社モデルは、香蘭社とのコラボで、0.6mmの有田焼の時計盤で出来たこだわりの時計。

     

    私は親しい友人に会ったような気分で、つい自分の時計を店員に見せたが、Retro Twinは既に生産中止になっているとのこと。

     

    ポールゲルバー自身が一線から身を引き、今は、悠々自適、自分が作りたい時計を作っているようだ。

     

    ロイヤルファミリーや富裕層相手なので、一個が億の単位の時計らしい。

     

    私のRetro Twinも欲しいという引き合いが多いそうであるが、品がなく、断っているとのこと。

     

    嬉しいことに、私の時計は、希少価値が上がっているようだ。

     

    このようなことを聞くと、余計優越感に浸れるという幸せな人間である。

     

    息子に受け継げば、良いのであるが、時計は趣向品なので、その価値をわかってくれるだろうか。

     

     


    コメント
    この時計素敵ですね!シースルーバックって、動きが面白くていつまでも眺めてしまいます。ポールゲルバー、初めて聞きました。
    先日父が腕時計を購入したと見せてくれたのですが、ごっっっつくてどこがいいのか全くわかりませんでした。なんでもイタリア海軍や特殊部隊が使うらしいんです(笑)値段聞いて思わず もったいない! て呟いてしまったので、私と父は価値観が合わないようです(笑)
    • mine
    • 2018/10/19 3:35 PM
    mineさん
    コメントありがとうございます。
    お父様は硬派の方ですね。
    私は軟弱な軟派なので、このような時計しか似合いません。
    価値観が合わないと、折角高価なものを譲っても意味がないということになりますね。
    私と息子の好みは随分違うので、譲っても喜ばないかも知れません。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック