calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

厳遊庭 息子からの妻への古希祝い

0

     

    先月、妻が古希を迎えた。

     

    8月末、息子から、私へ直接、母のサプライズ古希祝いをしたく、とりあえず厳遊庭を予約したが、何か他に良い案がありますかと、ラインが届いた。

     

    実は私も妻の古希祝いを考えていたが、息子の心配りを大切にしたいと思い、全面的に息子の案に従うことにした。

     

    我が家は、全員サプライズ好きで、何かあるたび、サプライズ企画し、みんなで楽しむ。

     

    そうすることで、スプライズの瞬間の喜びはもちろん、企画する方も事前準備の段階から色々と思いを巡らして楽しめ、イベントが終わった後も、あの時、こんなことがあったといった思い出話で花が咲く。

     

    今回も、息子からの家族専用ラインには、ボーナスが出たので、一緒に食事をしたいという内容だけで古希祝いについては触れていなかった。

     

    ボーナスの時期は毎回、食事をご馳走してくれるので、妻はまさか、自分の古希祝いをしてくれるとは、夢にも思っていなかったようだ。

     

    当日、息子家族が迎えに来てくれ、厳遊庭へ。

     

    部屋に入り、初めて自分の古希祝いだと知り、妻の嬉しそうな顔。

     

     

    紫のちゃんちゃんこを着せ、記念撮影。

    料理が運ばれる。

     

     

     

     

     

     


    我々のデザートに比べ、妻のデザートは豪華。

     

    私のお祝いは、例によって青山花茂から、ブリザードフラワーを厳遊庭に送ってもらい、当日ささやかにセッティング。

     

     

    サプライズで祝ってくれた息子夫婦の母を思う気持ちが嬉しい。

     

    また妻がガンだとわかり、進行状況から古希を迎えられることはないと覚悟していたが、息子達に古希祝いをしてもらえるまで、頑張ってくれた妻へは感謝の気持ちでいっぱいである。


    コメント
    奥様の古希おめでとうございます。
    やさしいお気遣いのできる息子さんですね・・・奥様とご家族皆様の笑顔が見えるようです。
    こらからもお身体を大事にされて、人生を謳歌していただきますように。(*´▽`*)
    • maco
    • 2018/10/02 8:05 AM
    macoさん
    コメントありがとうございます。
    若い時は、家族誰の意見も聞かず、突っ走っていましたが、子供のいるありがたさがわかる歳になりました。
    最近、つくづく思うことですが、昔の大家族制は合理的で日本には合っているように思います。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック