calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

プリンター互換インク

0

     

    現在、我が家には、2台のプリンターがある。

     

    1台はエプソンのプリンターで、急に印刷出来なくなったので壊れたと思い、新しくキャノンのプリンターを買った。

     

    然し壊れたと思ったエプソンのプリンターが、何故か、また正常に動き始めた。

     

    プリンターは2台も必要ないが、動いているものを捨てるのももったいないので、エプソンプリンターを写真専用プリンターとして使うこととした。

     

    通常、A4用紙をセットしているので、写真を印刷する時、用紙をセットし直す作業が面倒だからである。

     

    我が家も、これでスマホ2台、パソコン3台、プリンター2台という構成になったので、遅ればせながら、家庭内をネットワークで相互接続することとした。

     

    と言っても、たいしたことをするわけではなく、とりあえずパソコンとスマホのどちらからでも、簡単に写真をプリントアウト出来るようにしただけである。

     

    妻が自分のスマホから好きな時に写真をプリントアウトしたいという要望に応えたものであるが、こうすることでプリンターの電源をONにしておくだけで、ラインで送られてくる孫の写真を直ぐプリントアウトできるようになり、妻はご満悦。

     

    然し、思いも寄らぬ事象が起きた。

     

    エプソンプリンターのインクは高額である。

     

    今まで安い互換インクは故障のリスクを考えると、恐くて使えなかったが、ちょうどインクが切れたタイミングで、安い互換インクを購入した。

     

    一度は壊れたと思ったプリンターなので、ダメで元々、今後のために互換インクを試して見る価値はある。

     

    切れたインクを互換インクに交換したところ、純正インクではないので動作保証しない旨のメッセージが出た。

     

    そのメッセージを無視して、プリンターを動かせたが、今のところ、正常に動いている。

     

    考えてみれば、インクにはICチップが埋め込まれているので、わかるのは当たり前のことである。

     

    キャノンも同じようにチェックしているので、全プリンターメーカーが常識的に行っているのであろう。

     

    初めて互換インクを使ったことで、今まで知らなかった一面を知った。

     

    プリンターメーカーはプリンター本体を安く販売し、高い純正インクを販売することで利益を得ているはずだ。

     

    自分を守るため仕方ないとは言え、これだけオープンの世の中での囲い込み作戦はいかがなものであろうかと改めて思った。


    コメント
    複数のプリンターを所有しているという家庭は多く、またその事態になる過程も類似していますね。
    私は、転居する際に故障の有無に関わらず古いOA機器は全て処分しました。
    地方都市の当地に住んで判ってのですが、東京圏で処分してきたことは正解でした。田舎では処分する場所ひとつを探すのでも大変です。いずれにしても、達者なうちに処分することをお勧めします。
    また、私は写真の印刷は外注しています。計算すれば自宅で印刷するよりも経費節約になります
    呑兵衛あなさん

    <達者なうちに処分することをお勧めします。

    耳に痛い言葉です。
    OA機器以前に整理しなければならないものがたくさんあります。
    写真は外に出した方が安いとは思っているのですが、今のようにワンタッチで写真をプリント出来るようになると、便利なので、壊れかけのプリンターが壊れるまで使おうと思っています。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック