calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

旬菜旬魚 孝し

0

     

    この前の日曜日。

     

    妻と出かけ、帰りに食事をしようと駅方面に行った。

     

    日曜なので、私が知っている流川界隈の店はほとんど休みだし、昼間ヤクルトが勝ち、当日のカープの優勝はなくなったので、駅方面はそんなに混んでなく、新しい店が開拓出来そうだと思ったからだ。

     

    ところが、駅前は車で溢れ、駐車場は、どこも満車。

     

    カープファンってありがたいとつくづく思う。

     

    やむなく、流川界隈へ。

     

    行きたい店は休みなので、行き当たりばったりで店を探す。

     

    歩いていて、目にとまった店が、「孝し」。

     

    看板は通りの表にあるが、店はビルの奥に入ったところにある。

     

    客が多いのではないかと、そっと覗くと、幸い、空いている。

     

    運良く、個室も空いていた。

     

    初めての店は期待が大きい反面、外れると大変なので、基本は店の大将お任せにせず、自分で選ぶことにしている。

     

    色々チェックを入れる。

     

    箸は悪くない。

     

    お通し
    煮だこだけで、少し寂しい感じ。

     

     

    白子ポン酢
    ちょっと時期が早い気もしたが、メニューに載っていたので注文。
    やはり、ちょっと時期が早かったと思わせる味。

     

     

    刺身盛り合わせ
    〆サバ、カンパチ、マグロ、タチウオ、ヨナキ貝、ホッキ貝?、ハモ、アジ、サンマ。
    組み合わせとして、白身系が少ない気がする。
    活きの良さにバラツキがある。

     

     

    合鴨ロース
    甘口の味付けで、鴨の風味もよく出ており、美味しかった。

     


    海鮮サラダ
    カニ、イカ、ハモ、イクラが入り、さすが和食のサラダ。

     

     

    タイの骨蒸し
    タイは天然、昆布だしがよくきき、ポン酢も美味しい。(スダチがあったせいかも)

     

     

    タイのあら煮
    あら煮にしては珍しく薄味仕立てで、私の好み。

     

     

    寿司(写真撮り忘れ)
    煮穴子、玉子

     

    柳の楊枝は気に入った。

     

     

    「孝し」は、日頃ぶらついていない界隈にある店で、今まで気がつかなかったが、前からあった店かも知れない。

     

    ご飯ものは寿司飯しかなかったので、元々は寿司屋だったのだろうか。

     

    面白かったのは、新米の店員。

     

    「タイの骨蒸し」を頼んだら、メニューを読んで、「タイのほねむし」と言ったり、「ご飯ものは何があるの?」と訊くと、大将に、「碗ものは何がありますか?」と訊いたりして、大将にこっぴどく怒られていた。

     

    然し、それにもめげず一生懸命やっている様は微笑ましく憎めない。

     

    そのうち、一人前になっていくのであろう。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック