calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

世代交代とはこういうことなのか?

0

     

    隣の家が更地になった。

     

    一人住まいの女性が亡くなられて、約1年。

     

    息子さんがいるが、遠くに住んでいるので、帰ることも無いと、売ったようである。

     

    ブルドーザが入り込んで、無残にも家を壊してゆく。

     

    2週間も経たないうちに跡形もなく、更地になってしまった。

     

    徐々に家が壊れていく様を見ていると、さすがに心中穏やかでない。

     

    いずれ、我が家も同じ運命を辿るであろう現実を、目の前に突きつけられたからであろう。


    恐らく、なくなられた女性本人にしかわからない、大事にされていたものが数多くあったことだろう。

     

    息子さんは以前から遠くに住んでいたためか、状況もわからず、そんなことはお構いなしに土地家屋を売り、買った業者は平然と、更地にしたのだろう。

     

    こんなことは、通常でも行われていることであるし、自分でも頭の中ではわかっているつもりであった。

     

    然し、実際に目の当たりにすると、何ともやるせない感情がこみ上げてくる。

     

    この少し前に、昔からかわいがってもらっていたいたご近所の女性が亡くなられ、同じように家が壊されてゆく様を見たばかりである。

     

    いずれも私の親に近い世代の方達なので、極、普通のことなのであろうが、続けて同じ様を見るのは辛い。

     

    特に、長年住んでおられた家が無残にもなくなるということのショックは大きい。

     

    これが世代交代の現実なのであろうか。

     

    これから、益々増えて行くであろうし、そのうち、自分自身がその当事者になることは確実。

     

    救いは、日頃、我々の気持ちを大事にしてくれている息子達が近くに住んでくれていることである。


    コメント
    Left Aloneさん
    我が家のお隣も同じでした。挨拶も無くいらっしゃらなくなり、不動産屋が壊し始め新築の家が建った。同じ時期に入居した我々より10歳上のご夫婦。その夫婦は同じ団地の別の場所に移られ、独身の40歳越えの息子さんが住んでいた。'挨拶も無いなんて'と思ったが、日頃から交流が無かったご夫婦。相続で揉めたのかナ?なんて思ったり。ただ同じ時期に建てられた家が壊されて行くのをみると、やるせない気持ちに。未だしっかり造られた家だったのに。LeftAloneさんの気持ち分かります。
    ふかさん
    コメントありがとうございます。
    私の場合は、女性一人が住まわれていて、息子が寄りついていなかったので、どういう人かもわからず、当然挨拶もなく、いきなり買った人が、家を建てますのでと挨拶に来てわかった次第です。
    正確にいうと一人住まいの女性は、一年前位から施設に入られていて、結局、お葬式もありませんでした。
    このような状況をみていると寂しい限りです。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック