calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

明神池

0

     

    萩の明神池は、陸の池であるにもかかわらず、海の魚が泳いでいる。

     

    最初に訪れた時、池で泳ぐフグを見て、不思議な感じがしたものだが、そのうち慣れて来て、可愛いフグがまた泳いでいると思うようになる。

     

    この辺りは、元々火山地帯で、明神池と外海が通じている。

     

    周りが溶解岩だからであろう。

     

    そのため、水位が潮の満ち干に応じて変化するし、海水魚も生息する変わった池である。


    前回述べた「いそ萬」は明神池の側にあり、店から眺める明神池は、なかなか風情がある。

     

    萩煮魚定食を食べた時は満席に近く、明神池を眺められる席に着くことが出来なかった。


    私はいそ萬から明神池を眺めたいということ、どうしても食べて見たい料理があったので、次の日連チャンでいそ萬に行った。

     

    満を持して開店早々、いそ萬に一番乗りし、明神池を眺められ出来る特等席に座る。

     

     

    この席から、池で美味しそうなイシダイが泳いでいるのが見える。

     

    またエイが泳いでいる黒い影も見える。

     

    やはり不思議な光景だ。

     

    料理は、気になって仕方なかった「いかいかうに丼」を注文。

     

     

    イカとウニとサザエが入っている。

     

     

    イカもウニもサザエも新鮮そのもの。

     

    これで、2,000円ちょっとは安い。

     

    二日続けて同じ店に行くバカ者は余りいないようで、店員が、昨日、こちらの席に座れた方ですよねと、確認しに来た。

     

    それでも支払いを済ませて店を出る時は、マスターを始め、店員から丁寧な挨拶をして頂いた。

     

    明神池といそ萬、これから萩に行くたび、訪れるであろう。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック