calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

猛暑で池の鯉が・・・

0

     

    豪雨の後から急に暑くなり、ずっと続いている猛暑。

     

    一歩も外に出たくない日々である。

     

    この猛暑が原因で、池の鯉が3匹死んだ。

     

    見つけたのは、日曜日。

     

    金曜日は、元気に餌を食べていた。

     

    土曜は、妻を病院に連れて行ったので、池に餌を投げただけで、食べる様子は見ていなかった。

     

    そうして、日曜、3匹の鯉が浮いていた。

     

    我が家の池は、そんなに小さいとは思わないが、日当たりが良すぎて一日中、陽があたる。

     

    連日の猛暑で、池の温度が相当上がっていたのではないかと思う。

     

    わざと鯉を劣悪環境においたわけではないが、何かとても残酷なことをしてしまったという自責の念にかられた。

     

    自然現象の結果ではあるが、私にもっと知識があって、何度以上の水温は鯉に取って危険であるといったことを認識していれば、対処方法はいくらでもあったと感じる。

     

    庭に、3匹を葬って自然に帰してやったが、50cm級の鯉を3匹葬るには、土をかなり深く掘る必要があり、暑さに慣れていない私自身も気分が悪くなり、日曜は一日中、横になっていた。

     

    まさに自然の脅威を身にしみて感じた日であった。

     

    豪雨災害に遭った方達やボランティアの方達が猛暑の中、懸命に復旧作業をされている。


    復旧作業が大事なことはわかっているが、体を壊しては何もならない。

     

    難しいとは思うが、決して無理をせず、作業を行われることを祈るばかりである。


    コメント
    暑さのせいで、鯉3匹の命が亡くなったこと、とても残念です。
    人間はクーラーやかき氷で涼めますが、生き物は本当に過酷な中を生きていますね・・・鯉たちももう限界だったのでしょうね。

    メダカ鉢もマイナス〇度で表面が凍る季節から茹るような灼熱地獄まで・・・健気にがんばっています。

    人間も油断できません。
    Left Alone様、どうぞご自愛くださいませ。
    • maco
    • 2018/07/23 1:14 PM
    池で鯉を飼う事は楽しいのですが、やはり生き物を飼うという事は大変ですね。
    我が家では横浜時代に飼っていました。夏場は物干し竿を池の上に渡して、それにスダレを掛けて日差しを避けてやりました。
    朝夕に水を足す事をして水温を下げてやるとともに、藻が発生しないように最低でも週イチで水替えが欠かせませんでした。
    水道代が大変でしたね
    macoさん
    コメントありがとうございます。
    鯉が猛暑にやられるとは、思いもよりませんでしたが以前、大量のアジか何かが暑さで死に、浜辺に打ち上げられたニュースを思い出しました。
    メダカ、元気で何よりです。
    我が家の池もさみしくなりましたが、その分、メダカが頑張ってくれています。
    熱中症で死者が出ているようす、お互い、気をつけましょう。(特に高齢の私は!)
    呑兵衛あなさん
    確かに日よけが必要だとつくづく思いました。
    昔は、私もこまめに池の水を変えていましたが、歳を取るに連れ、億劫になり、最近は行っていません。
    高齢になって、良く考えて、生き物を飼う必要がありそうです。
    水道代は確かに高くなりますね。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック