calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

ハートマンショップがジアウトレット広島に出店!

0

     

    ジアウトレット広島ができて、最も嬉しいことはハートマンショップが出店していることだ。

     

    ハートマンは一般には余り知られていないブランドであるが、上質の革を使った鞄を作るアメリカの企業である。

     

    私のこだわりのお気に入りブランドである。

     

    私が最初にハートマンを知ったのは、随分昔のこと。

     

    シリコンバレーに出張した際、密かに一人で抜け出してサンノゼのショッピングモールに出かけた時、店員が勧めてくれ、気に入って、鞄を買って帰ったことに始まる。

     

    その鞄に惚れ込んで、日本でも売っていないか探したが当時は、どこにも売っていなかった。

     

    ところが、ある時、偶然広島三越でハートマンをみつけ、それ以来、ハートマンの虜になり、随分とハートマンにつぎこんだ。

     

    ハートマンが製造するナチュラルタンカラーのベルティングレザーは、使い込むほどに皮の味が出る素晴らしい商品だった。

     

    通勤で、アタッシュケースを何年も使い続け、退職する頃は、皮の色がブリティッシュタンから、きれいなあめちゃ色になっていた。

     

    然し、ずっと持っている取っ手は黒ずみ、雨が当たった部分も黒く、第三者がみると汚いアタッシュケースだと思うだろうが、自分の歴史の一つとなっているこのアタッシュケースは捨てるに捨てきれず、今も取ってある。

     

    ハートマン以外の商品は目にとまらず、鞄から小物まで、かなりの数の商品を買ったが、突然、三越から撤退し、挙げ句の果ては日本からも撤退してしまい、日本ではハートマンを買うことができなくなった。

     

    随分、さみしい思いをしたが、そのハートマンの名前をジアウトレット広島で見つけた時は、嬉しくてたまらず、ジアウトレット広島では、最初にまずハートマンショップを訪れた。

     

    聞くところによると、日本から撤退していたが、サムソナイトの傘下に入り、再び日本に戻って来たようだ。

     

    今は、広島の三越にはないが、各地の三越に再び店を構えているようだ。

     

    恐らく業績不振に陥っていたのだろうが、良い商品を作る企業が必ずしも生き残るとは限らない時代であることを痛感する。

     

    同じように良質の革製品を作っていたコーチが方向転換し(一時期、革製品は身を潜めてしまった)、一大ブランドになっていることと対照的である。

     

    私としてはつまらない商品しか出さなくなったコーチであるが、世の中のトレンドは、また違うものがあるようだ。

     

    こだわりのハートマンに再び出会え、うれしさの余りショルダーバッグを買ってしまった。

     

    懐かしのハートマンのロゴ。

     

     

    然し、冷静に考えてみると、買って2回しか使っていない一泊用のコロ付きバッグ、一度も使っていないベルティングレザーのトートバッグを始め、ほとんど使っていないバッグがたくさんころがっている。

     

    いい加減に分別を持ちなさいと自分に言い聞かせる。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック