calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

悪質タックル事件 日大の対応について思うこと

0

     

    連日、テレビを賑わせている悪質タックル事件。

     

    現在、監督が違反行為を指示したか否かが焦点になっている。

     

    然し、私が思うことは、何故、関学のアメフト部員を怪我させた直後に、お詫びに行っていないのか?という点である。

     

    誰が指示したのか関係なく、反則行為で相手を怪我させたことは紛れもない事実である。

     

    一般常識で考えると、相手の怪我を心配し、お詫び方々見舞いに行くのが筋であろう。

     

    人間が取るべき基本的な姿勢である。

     

    日大は、怪我をさせた選手と責任者が、何をさておき、怪我をした選手に謝りに行くことをまず行うべきであった。

     

    そういった人間として、最低限為すべき行為ができなかったことの責任は重い。

     

    大学は学ぶところであって、スポーツで勝つためのところではない。

     

    日大の会見を聞いていると、勝負に主眼が置かれ、教育の観点での見解は、一切なかった。

     

    少子高齢化で、大学は生き残るため、必死になって自分の売りを作っている。

     

    日大の場合、スポーツを売りとして生き残りをかけているのだと思うが、教育機関としての基本使命である専門教育、人間教育をおろそかにしているのではないだろうか。

     

    そうでなければ、今回のような悪質タックル事件は起きなかったと感じる。

     

    みんなが、リスクマネジメントの観点から、日大は初動を間違えたと言っているが、私は人間としての取るべき基本姿勢が出来ていなかったことが根本的な原因だと思う。

     

    今回の件を契機に襟を正してもう一度、教育機関として原点に立ち返り、大学全体の姿勢を変えて行くことが急務であると考える。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック