calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

ロゼッタストーン購入 英語スタディ開始

0

     

    広島に住んでいる1歳4ヶ月の孫に、息子の嫁が生後半年頃から、ファインディング・ニモのDVD(字幕版)を買って来て、テレビで見せるわけでもなく流しはじめ、その後も継続して子供用ディズニー映画の字幕版を流している。

     

    子供が興味を引きそうなビデオで、まだ意味もわからないが、小さいときから英語に接してやっっておきたいという発想である。

     

    この彼女のやり方には私も賛成で、何もわからない時から耳にしておくことで、自然に英語感覚が身につきそうである。

     

    私もケースは異なるが、似たようなことを実感している。

     

    一人で海外に行き、1週間、英語とだけ接していると、日本に帰ってもしばらくは、何かを見たとき、英語が先に浮かぶこともあることを体験しているからである。

     

    彼女と同じ考えを持っているので、先月その孫に、「しまじろうこどもちゃれんじEnglish」をプレゼンとしてやった。

     

    孫が映像を見て反応しているさまをを見ていると、内容が分かっている箇所もあるようだし、何を言っているかわからないが、英語らしき単語も口走るようになった。

     

    実際、悲しい場面では、悲しいという感覚がわかるのか、その場面になると泣き出す。

     

    非常に嬉しいことであると同時に、私にとってはまずいことである。

     

    孫には、負けてはいられない!

     

    然し、私の英語の実力は、たかだかTOEIC600程度。

     

    しかも、最近、英語のスタディは全くしておらず、わずかに毎日見る字幕の海外ドラマが唯一、英語と接するときである。

     

    子供の成長は早いので、あっという間に英語をマスターし、私を抜くだろう。

     

    せめて、物心がついて、しばらくは孫より優位でありたい。

     

    一念発起!

     

    ロゼッタストーンを購入し、英語のスタディを開始した。

     

    孫にとって素敵なグランパであるためには、努力を惜しまない。


    コメント
    関西以南の人達はよく「嫁」と使いますね〜
    関東暮らしの長い、拘りの私の意見ですが
    >息子の嫁
    という言い方はおかしいですよ。

    その女性は、「Left Aloneさんにとっての嫁」であって、Left Aloneさんの息子から見れば「妻」か「伴侶」です。
    「息子の嫁」と言えば、Left Aloneさんの孫の妻です。
    呑兵衛あなさん
    ご指摘ありがとうございます。
    確かに表現がおかしかったですね。
    言いたかったのは、孫の母親(息子の妻)ということです。
    私は使いませんが、こちらでは自分の妻のことをうちの嫁という人が多いです。
    余談ですが、「息子の嫁」で検索するとアダルト関係のサイトが上位に並んでいました。
    その点からも、「息子の嫁」という表現はやめた方が良さそうです。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック