10年ぶりに着るスーツ

0

     

    4月から仕事量を減らし、顧客先にほとんど行かなくて済むようになり、先月出向いたのは1度だけ。

    昨日、今月初めての会議に出席してきた。
     

    今年は寒い日が続き、4月はまだ合いのスーツを着ていたので、今日初めて夏のスーツを出してきた。

     

    衣装タンスを探していたら、奥の奥の方から出てきたスーツのクリーニングの札を見てビックリ。

     

    10年前にクリーニングに出したまま、放置されていたスーツである。

     

     

    1シーズン着ないと、衣装ケースの奥の方に入り、もう1シーズン着ないともっと奥の方に入り、そのうち忘却の彼方へ。

     

    そうして、10年目に日の目を浴びたスーツである。

     

    仕事をしなくなると、スーツは必要なくなる。

     

    プライベートタイムでスーツを着るのは、何となく野暮ったい気がして、どうしてもジャケットを着てしまう。

     

    私の偏見かもしれないが、高齢になればなるほど、いかにも昔着ていましたという感じのスーツを着て遊びにいくのは、わびしいものがある。

     

    ドレスコードを求められない限り、スーツで遊びに出かけるのは、大げさに言えば、私の価値観に反している。

     

    単なるこだわりでしかないのであるが、私にとっては重要なことである。

     

    とは言え、月に1回ペースで仕事に出かけるとしたら、このスーツ、何回袖を通すのだろうか?

     

    長くても、9月いっぱいと考えると、5回という計算になる。

     

    1年に1着だけ出せば、こと足りる状況で、持っている残りのスーツは、どうしよう?。

     

    売ろうとしても、ネームを入れているので売れない。

     

    昨年から、不要と思った普段着や靴下、ワイシャツは洗濯するまで着て、捨てる作戦を展開している。

     

    クリーニング代も馬鹿にならず、今年あたりから、スーツも使い捨てするしかないのだろうか?

    然し、購入した価格と、着た回数を考えると、つい二の足を踏む。

     

    断捨離は、精神的なタフさが必要である。


    コメント
    本当に背広の処理には苦慮します。
    退職した翌年に、埼玉に住む一回り年下で似た体格の後輩に半分ほどを無理やりもらってもらいましたが、それでも随分遠慮というか要らない様子でした。
    大昔と違い、今どきの背広は安いですから誰も欲しがりませんね。
    入社した頃ならば質草になったのが嘘のようです。
    買い取りしてくれる大手に持ち込んでも、ネーム入りの背広は古いタオルと同様に目方で値が付くとのことでした。
    袖を通していないインドシルクの生地の良い物などは惜しい気持ちで保管していましたが、2度と着る事がないだろうと思い始めました。
    良い処理方法を発見したなら、是非教えてください。
    いずれも同じなのですね。
    私もネーム入りはダメだと聞き、昔の常識がリサイクル旺盛の時代では、却って仇になっていると感じました。
    世の中、色々なところで変わって来ていますね。
    それにしても、インドシルク生地、高級そうですね。
    息子が気に入らなくなったら、さっさと売ったりしているので、対策はないか改めて訊いてみますが、折角高級品をお持ちなので、普通のお出かけでも着て出られたらいかがですか。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック